ピクシブ百科事典

ドデカバシ

どでかばし

ドデカバシとはポケモンの一種。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑番号No.733
分類おおづつポケモン
タイプノーマル/ひこう
高さ1.1m
重さ26.0kg
特性するどいめ/スキルリンク/ちからずく(夢特性)


各国での種族名

英語Toucannon
フランス語Bazoucan
スペイン語Toucannon
ドイツ語Tukanon
イタリア語Toucannon
韓国語왕큰부리
中国語銃嘴大鳥 /铳嘴大鸟


進化

朝ごはん


ツツケラケララッパ(レベル14) → ドデカバシ(レベル28)

概要

ポケモンSM』における序盤鳥ツツケラの最終進化系。
名前の由来はそのままドデカい+。後述の特性:スキルリンクから16連射で有名な高橋名人にも掛けていると思われる。

湾曲した巨大な嘴を持ち、普段は虹色だが戦闘時はこれを真っ赤に発熱させる。その最高温度は100度を優に超え、突かれるだけで大火傷するほど(アニメではこの嘴の温度を調整して卵を温めていた)。
また、進化前がどちらもぱっちりとした可愛い目付きだったのに対し、急にじとっとしたやぶにらみな目付きになる。くちばしがでかすぎて前が見えづらいのだろうか…。

進化前の種を飛ばす習性も健在であり、体内ガスを嘴で爆発させながら飛ばすことで大岩をも粉砕する「おおづつ(大筒)」ポケモンという分類や、英名の"Toucannon"の名に相応しい威力を有している。


キツツキ要素が強かった進化前に対しこちらはまんまモチーフがオオハシ(カラーリングはおそらくオニオオハシ)であり、今までの序盤鳥に比べ進化前とのギャップが激しい(ただしオオハシはキツツキ目キツツキ亜目の鳥類であり、モチーフ的にはよりはかなり順当な進化と考えることもできる)。

モデルとなったオニオオハシは胡椒しか食べないが故に、異常な程体温が高いという迷信が発見当初囁かれていた。勿論そんな話はデマなのだが、嘴を使って体内の熱を放熱するという話は近年の研究でわかった事実であるため、これらの話を組み合わせて上記の生態を設定したと思われる。


後述の性能から、シナリオ攻略においては非常に頼りになるポケモンである。
ポケモンライドの登場により秘伝技が廃止となったためそらをとぶ要員を連れる必要はなくなったが、それでも育てておけば大活躍してくれるだろう。

ゲーム上の特徴

過去の二進化序盤鳥と違い、この種族は唯一 最終進化系への必要レベルが30に満たない。
能力は全体的にHPと攻撃面が大きく上昇。特に攻撃はムクホークと並び序盤鳥1位タイという高さを誇る。
一方巨大な嘴からも想像がつくように素早さの方は大幅に下がってしまう。その素早さは同じく進化すると素早さが下がってしまう先輩鳥より遅く、序盤鳥の最終進化系ではワーストを記録してしまっている。せめて素早さはあの先輩鳥並にして欲しかった所である。

進化と同時に覚える専用技くちばしキャノンは後攻(優先度-3)になるが威力・命中ともに100という強力な技。
誤解されがちであるが、2ターンの溜め技ではない。どちらかというときあいパンチあてみなげのそれに近い。
しかし、実際はこの二つとも効果が異なり、技が発動する前に直接攻撃を受けると図鑑の説明どおり攻撃してきた相手をやけど状態にしてしまう効果を持つ。
元々素早さが遅いため後攻でもそこまで気にならないが、どうしても気になる場合はドリルくちばしブレイブバード(タマゴ技)を主力技にする手もある。
そして注意して欲しいのが、弾を発射する技なので特性「ぼうだん」で防がれてしまうこと。
効果抜群だからといってブリガロンジャラランガに対して使うのは危険。

特性にスキルリンクがある事からも分かるようにタネマシンガンを始めとする連続技も覚える。
ただやはり序盤鳥ゆえなのかパルシェンチラチーノメガヘラクロスといった先輩に比べると他はロックブラストみだれづき程度とレパートリーは少なめ。

またくちばしが発熱するという特徴にちなんでか、炎技のニトロチャージオーバーヒートも覚えられる。ドデカバシは特攻も決して低くはないのでオーバーヒートは物理受けの鋼への最後っ屁程度には使える。それ以外にも物理面でもインファイトこそ覚えないが格闘技にかわらわりも使えるためZワザとして使う事でも鋼に一矢報いる事が出来る。
またひこうタイプのZわざであるファイナルダイブクラッシュなどを使用する際には、指示待ちと同じ体勢で頭から落ちてくるというシュールな光景が見られる

アニポケでのドデカバシ

「カバシィ…」

CV:石塚運昇
ゲームでは前情報がなかったポケモンにもかかわらず4話というかなり早い段階でモクローの育ての親というそこそこ重要なポジションで登場する。
どこではぐれたのかドデカバシが孵したタマゴから生まれたツツケラ達の中にモクローが紛れており、そのまま一緒に育てられた。
後にサトシの事を気に入ったモクローの気持ちを汲み取り、彼と共に旅に出るよう促し見送った。

その後は出番は無いと思われていたが、18話でアローラシチューに必要なやまぶきのみつを探すマオの為、ぱちぱちスタイルのオドリドリがどこにいるかモクローが里帰りして訪ねているシーンで再登場を果たしている。

中の人の妙にシブい声も相まって、アニメのドデカバシの鳴き声が軽く中毒症状になっている人も多いとか。

主な使用トレーナー

カヒリ



関連イラスト

あけおめ
ジョイ(アローラ派生)



関連タグ

ポケモン ポケモンSM 序盤鳥
ポケモン一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ドデカバシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139538

コメント