ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の追加DLC『ゼロの秘宝』後編、『藍の円盤』の舞台となる私立学園。前編にあたる『碧の仮面』でも名前と所属人物のみ登場する。


パルデア地方が誇るオレンジ/グレープアカデミーの姉妹校であるが、805年の歴史を持つアカデミーとは違い、近年新設された新進気鋭の学術機関。

その為、校舎も最先端の近未来的な作りになっている上、なんと大部分が海中に沈んでいるという人工島である。

これは、海底で運営している資源プラントに併設している為。

ゼイユによると「ブルベリの学生はほとんどが寮生活」との発言から、パルデアのアカデミーと同じく基本的には全寮制だが自宅通学も可能である模様。相互連絡用にスマホロトムも容認されている。

校内へのアクセスは地下鉄と海中エレベーターで移動する。


イッシュ地方の近海に位置しているが、当然ながら『BW』『BW2』の時点ではこの学校に関する言及はない。近年新設されたという設定から、当時はまだ出来ていなかったと考えるのが自然か。

ただし、在校生の1人であるカキツバタには「3回留年している」という噂があり、その噂が真実、または真実でなくとも3浪の噂が学園の創設時期との矛盾によって否定されていない以上、創立から4年以上は経過しているものと思われる。


最大の特徴は、この学校が世界に誇るという海中庭園『テラリウムドーム』。

荒野・南国・岩山・氷河の4エリアが設けられており、中にはイッシュ地方では生息が確認されていなかったポケモンや、本来別地方の環境下にしかいないリージョンフォームのポケモンまでもが生息している。

また、本来であればパルデア地方特有の現象であるはずのテラスタル現象が起きているが、これはテラリウムドームに設置された『テラリウムコア』の働きによるものらしい。


校風として特にポケモンバトルの教育に力を入れている様で、「ブルベリーグ」と呼ばれる学内ランク制度が存在する。前編でもスグリからは「主人の実力ならうちの学園に来ても一番になれるかも」と評されていた。


部活も盛んで、野球部美術部写真部など一般的な学校にもよく見られる部活が存在している。

特に科学部は、ポケモンのおとしものから様々な道具を作り出せる画期的な発明品を作り出すなど、最早部活動に留めておくのが勿体ない位の成果を上げていたりする。


学園内専用通貨として「BP(ブルーベリーポイント)」が存在。

ランダムで出される課題をテラリウムドーム内でこなし、達成すると貰えるポイントで、貯めることで様々な用途に利用できる。

しかし本校の購買部はBP専用となっていたり、現金やLPとの相互換金は不可能であったりするため、絶妙な使いづらさも伴うのが難点。


姉妹提携を結んでいるアカデミーとは共同の林間学校交換留学も行っており、交流が活発な様子。

ただ一年半前に組織腐敗がリセットされたアカデミーとは逆に、こちらはまだ教育機関として若く未熟な所があり、トップのシアノとブライアも教育者らしからぬいい加減さが目立つ。

タイムやハッサクからは「学校にしては教育内容が偏り過ぎている」と心配されている他、医務室はあっても保健室が無いなど、前身となった研究施設としての意識・体制が抜けきれていない節が散見される。


食堂もあり、メニューにはとてつもなく分厚いホールピザや最早パフェとも呼べるシェーキなど、いかにもアメリカ食といったカロリー満点の代物が揃う。かの短気なシェフに見せたら激怒すること間違いなしである。

これらはシアノが独断で入れた好物で、食事から得るパワーは全てのタイプに対応している等ゲーム的な効果はすさまじいが、栄養バランスはイマイチとの事。


施設

上記の通り施設的には最新鋭だがどこか偏りがあるように見えるものが多い。

といっても仮にも学園、あるべき施設はほぼ揃えられている。


上から

  • エントランスロビー
  • 各教室、食堂
  • テラリウムドーム

の順に階層が分けられており、特に教室部分は5つの球状構造体に3階層分ずつ分けられてている。


こちらでもアカデミー同様、各地の出入り口や改札型ゲートから行き先を選択して移動する。


  • エントランスロビー

唯一海上に顔を出している、ブルーベリー学園の玄関口。

校門を入ってすぐのところにリーグバトル用のバトルコートが設置されているが、何も無いときは潮風の心地よい憩いの場として使用されている。

コート横には受付も設置されている。


シアノが監修・設計したとされる、超巨大な人工海中庭園。

詳しくはリンク先にて。


  • 1-4教室

スグリの教室。

ホームルームで使われる。


  • 3-2教室

ゼイユの教室。担任はブライア。

このことから、地味にゼイユが3年生だとわかる。


  • 購買部

パルデアのものと同様様々なものが取り揃えられている。

さらに一部のわざマシンも購入できるのが特徴。ミカルゲのように回収効率の悪い落し物を使うわざマシンなら、こちらで買う方が楽だろう。

……のだが、BPでしか支払いが効かないため、注意が必要。


  • 学生食堂

食堂のおばちゃん手作り料理が堪能できる食堂。

前述の通り、シアノが入れたものばかりでどれもこれも迫力満点。実際、量が多くて満腹間違いなし、らしい。

こちらもBPでしか支払いが効かない。


  • 主人公の部屋

シアノが用意した主人公の部屋。

アカデミーの自室と同じく、ベッドを調べると回復できる。


  • ゼイユの部屋

ポケモン漫画③

いつでも行っていいらしく、入ってみると小物がたくさん置かれている。

意外な一面が見えるかも。


  • スグリの部屋

番外編をクリアすると入れるようになる。

後編の本人曰く、吐くほどの努力をした一面を部屋から垣間見れることができる。


パソコンから他の部活にBPを支援することで、様々なサポートを受けられる。

どうぐプリンターもここに置かれる。定期的に寄って貯まった分を使っていこう。


制服

ブルーベリーアカデミー校章 素材

全体的に近未来的なボディスーツのようなデザインになっている。アカデミーの制服と同様、四季に対応した幾つかのバリエーションがあり、男女共通である。セーラータイプと詰襟タイプに分けられる他、それと別にジャージによるセットアップ衣装もある。


また、制服の改造を禁止していたアカデミーと比べると、こちらは多少のアレンジや着崩し程度なら許されるようで、作中に登場するメインキャラ(ゼイユ、スグリ、四天王)は皆、元の制服を多少アレンジした格好をしている。


所属者

教員


生徒

ゼイユ&スグリ


ブルベリーグ四天王

新四天王


余談

前編の内容に桃太郎を思わせる要素があった事と、海中施設という特徴から、モデルは浦島太郎竜宮城と見られる。


上記の通り、本土は影も形も見えないとはいえイッシュ地方が舞台であり、本編で過去作の地方に再来できるのは『金銀』以来。


特にポケモンやトレーナーとの戦闘BGMは、ポケモンBWのアレンジBGMを使用しており、懐かしの気分に浸ったファンも多数。

野良テラスタルの場合はロック調の揺れる草むら版に変化したり、各エリアのBGMも所々にイッシュの道路や街のアレンジが入っている(タロが担当するコーストエリアだとホドモエシティ、カキツバタが担当するポーラエリアはソウリュウシティのフレーズが入る等)。


配信前はどことなくエーテルパラダイスを思わせる佇まいや「ポケモンバトルを真剣に極める」というのがプレイヤー間においてやや堅苦しいイメージを持たれがちな事もあり(実際その後とある在学生の発言が物議を醸す事になる)、

「もしかするとこれまで程良い感じで描写されていたポケモン廃人醜い側の一面が見られるのではないか?」

スター大作戦でアカデミーを去ったいじめっ子が紛れ込んでいるのではないか?」

等という考察も見られた。

いざ配信されれば(多少問題のある人物こそいたものの)明確な「悪人」は見受けられず、生徒達が皆ポケモンと共に切磋琢磨している様子や特別講師を呼べたり希少アイテムやレアボールの量産機等の(ありとあらゆる方面における)廃人大歓喜の非常にあったか〜い雰囲気となっており、第一印象とのギャップが話題となった。


名前の由来であるブルーベリー花言葉『実りある人生』である。


関連イラスト

なぞの交換留学生


関連タグ

ポケモンSV アカデミー(パルデア)

トレーナーズスクール

ゼロの秘宝 碧の仮面 藍の円盤 DLC

どうぐプリンター  シナベ(ポケモン)


オーレ地方 ダブルバトルが主流の繋がり。


エーテルパラダイス:所有は財団法人エーテル財団。人工島繋がり。


人工島パシオポケモンマスターズに登場する人工島。


人工島 ブルーベリー


もしかして→ブルーベリー農園

関連記事

親記事

藍の円盤 あおのえんばん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 770596

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました