ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ブライア(ポケモン)
36

ブライア(ポケモン)

36

ぶらいあ

ブライア(Briar)とは、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の追加DLC『ゼロの秘宝』の登場人物。

概要

ブルーベリー学園で教務主任を務めている女性教師

ゼイユの所属する3年2組のクラス担任キタカミの里で開かれる林間学校の引率担当も務める。


知的でどこか妖艶な雰囲気を漂わせた女性だが、その一方で非常に好奇心旺盛な性格。

テラスタルにも関心がある様子。

というのも彼女は、奇書と言われたスカーレットブック/バイオレットブックの著者であるヘザーの子孫なのである。彼女の所持しているスカーレットブック/バイオレットブックの原本では、出版時に何故か黒く塗り塗りつぶされたページを読むことが出来る。


彼女の夢はスカーレットブック/バイオレットブックに記された謎のポケモン「テラパゴス」を見つけ、ヘザーの正しさを証明すること。そのためにパルデアの大穴への立ち入り許可を申請しているが未だ叶っておらず、パルデアリーグやアカデミー関係者と交渉している段階に留まっている。教師の本分を全うする傍ら、手がかりとなる情報を集めている模様。

「円盤のポケモン?」の正体がテラパゴスであることは彼女の口から明かされる。


優秀な研究者でもあり、テラリウムドームの開発にも関わっている。

シアノ曰く、ドーム中枢のテラリウムコアのアップデートは「ブライアちゃんにまかせっきり」であり、巨額の資産が投じられたこのドームの中枢の管理を任されるほど信頼されていることが闖える。


ゼイユとのやり取りから察するに、彼女はポケモンを所持していないため戦闘に参加することやバトルすることが出来ない。


かがやかしい、かがやいている」が口癖で、物事に対して称賛をする時などによく用いている。


容姿

ウェーブがかった金髪ショートカット、まつ毛の長いつり目と縦長の赤い瞳、ポケモンがテラスタルする時の光を模した大きなイヤリング、タイトなパンツスーツを着込んだ凛々しい麗人。

所謂ボンキュッボン体型で、タートルネックコルセットも着用しているためさらに胸が目立つ。そのため大人向けな作品も数多く存在しているため、検索の際には注意。


余談

名前の由来は地中海周辺や東アフリカに分布するツツジエリカ属の常緑低木エイジュの英語名ブライア(Briar)と考えられる。ポケモンの人間キャラクターの名前は各言語で由来に応じて変更される事が多い中、彼女の名前は概ね全ての言語で似た響きを保っている。


碧の仮面で初登場した際、ジニア先生から「イッシュ地方の学校の教務主任さん」と紹介されたことから、ブルーベリー学園がイッシュ地方に存在する可能性が示唆されていた。その後、メディアによる「藍の円盤」先行体験会で正式にイッシュ地方に存在するということが明かされた。


関連イラスト


関連項目

ポケモンSV ゼロの秘宝 碧の仮面 藍の円盤

女教師

チェレン:イッシュ地方の教師繋がり


ネタバレ注意

※以下はポケットモンスタースカーレット・バイオレット『ゼロの秘宝』のネタバレが記されています。


集合したアカデミーの生徒達と共にキタカミの里に向かう。

冒頭で、車酔いをした参加者の1人を介抱するためにバス停に残り、主人公に一足先に里へ行って人を呼んでくるよう依頼する。

その後しばらくの間は物語の表舞台に出てこなくなるが、中盤、鬼が山山頂のてらす池に水質調査に現れ、別の目的で先に来ていた主人公たちと偶然鉢合わす。曰く、てらす池の水はテラスタルエネルギーと同じ波長を持っており、この理由を解き明かしパルデア地方以外でのテラスタル現象を確立することができればテラパゴスに一歩近づけるとのこと。

ゼイユからは神聖な場所に立ち入ったことに苦言を呈されたが、「管理人からは許可は取っている」とのこと。


そして全ての生徒がオリエンテーリングを終えた日の朝、パルデアの大穴関係で何らかの進展があったと告げ、林間学校期間終了前にゼイユ・スグリを連れて一足先にブルーベリー学園へと帰っていった。


オリエンテーリングの進行は基本的にキタカミの施設を管理している管理人が担当しており、キタカミの里まで生徒たちの引率を終えた後は、上記のてらす池の調査時を除いて宿泊先である公民館に待機している。

一応、オモテ祭りのフルーツ飴の感想を述べていたり主人公の見ていない所で外に出てはいたようである。


また、林間学校中にキタカミの里ではオーガポンにまつわる騒動が発生しているのだが彼女は関わってこない。オーガポン騒動中に公民館にいる彼女に話しかけても、「てらす池に沈んでいた結晶……君はホームで見たことあるかな」と返されるのみである。


以上のことからもわかる通り、林間学校の引率担当と紹介されたが碧の仮面では出番がそこまで多くはない



ストーリーの終盤で、ブルベリーグチャンピオンであるスグリとの戦いを終えた主人公やゼイユ達を教室に呼び、エリアゼロへの調査メンバーを募集していることを語る。

目的がエリアゼロの最新部にあるゼロの秘宝であることを明かし、主人公・ゼイユ・スグリらと共にゼロの最新部へと赴く事になった。


ファイナルトレーラー公開後に発表されたビジュアルで不敵な笑みを浮かべている様子が描かれており、プレイヤーの間で「テラパゴスを利用して何か良からぬことを企んでいるのではないか?」等、様々な憶測を呼ぶこととなったが、その本性は単なるテラスタルバカだった。


普段は前述通り体調の悪い生徒を気遣うなどの一面も見られるのだが、自分の興味のある事柄が関わると完全に周りが見えなくなってしまうのである。


チャンピオン戦後の時点で、敗北してチャンピオンの座を追われたスグリが真横にいるのを認識していながら、主人公の勝利を「かがやかしい功績」と満面の笑みで祝福するなど空気の読めない軽率な態度が目立ったが、憧れのエリアゼロに入ると悪癖はますます酷くなった。

年長者でありながら終始はしゃぎ倒しており、ゼイユはもちろんメンタルが不安定だったスグリからも「危なっかしくて目が離せない」とまで言われる始末。

ゼロの秘宝を目の前にしてからは完全に自分の世界に入ってしまい、後先考えずに瀕死状態のテラパゴスをスグリにテラスタルさせた結果、テラパゴスの暴走を招いて大惨事の原因になった。

しかも本人は上記の通りポケモントレーナーではなかったため事態の収拾などできるはずもなく、結局同行した生徒三人がその尻拭いをさせられる羽目になる。


流石に事態収拾後は頭が冷え、教師の本分を忘れ去っていたことを皆に謝罪していた。


「それは本当にそう!

 先生 テラスタルバカ なんだから もっと 大人として 自覚しなさい!」

「返す言葉も ないよ……」


ストーリークリア後、テラスタルに関する一連の事件と研究結果をまとめた「ゼロの秘宝」という本を書き上げ、それを主人公に渡してくれる(最終盤のイベントムービーでも、出版社に連絡云々という台詞がある)。出版にあたりオモダカにも許可は取ってあり、事件の詳細及び主人公やスグリ達の個人名は伏せてあるとのこと。

さらにエリアゼロの奥地で採取した鉱石をブルーベリー学園のテラリウムドームのテラリウムコアに組み込んだところコアの性質が変容し、野生のステラテラスタイプポケモンを出現するようになった。この事を彼女は「テラスタルの研究がはかどる」と大喜びするのだが、多くの学生が過ごすドームに未知のテラスタイプのポケモンが出現する危険性について考えているか怪しいあたりやはりテラスタルバカの性分は治っていないということだろうか…。


「ゼロの秘宝」を受け取って別れた後、テラパゴスを手持ちもしくはボックスに入れた状態でてらす池に行くと、あるイベントが発生する。


なお、番外編で再登場して学園に戻ってきたゼイユとスグリと異なり、ストーリーを終えると彼女は学園に二度と戻ってこない

一緒に写真を撮りたい場合は、ED後の教室での会話イベントを起こす前に済ませよう。幸い、話しかけるまでイベントは進行しないので、このイベントの直前でも好きなだけ撮影はできる(ただし、学校内なのでカメラアプリやロトリぼうを使った撮影は不可なので注意)。


余談

ファイナルトレーラー後のビジュアルから、配信前は一部のプレイヤーの間で本作の黒幕ではないか?と疑われたりもしたが、結果的に「悪人ではないが興味の対象を目にすると周りが見えなくなってしまうダメな大人」というのが実態であった(上記のように、助手として同行しているゼイユからもそのことを指摘されており、本人もそのことをある程度は自覚しているようである)。

その本性から、プレイヤーの間ではレホール先生とよく比較されることも。

ただし、手持ちのポケモンを所持していてバトルにもある程度慣れており、尚且つクラベル校長という最強のストッパーがいるレホール先生と違い、ポケモンを持っていないのに危険なエリアゼロに行こうとするブルーベリー学園に止めてくれる同業者や上司がいないため一度暴走しようものなら手がつけられなくなるなどと、謂わば「ブレーキが完全にイカれたレホール先生のifの姿」と言うべき存在である。


なお、レホール先生が特別講師としてブルーベリー学園にやって来れるようになるのと入れ替わるような形では、上記のようにブライアはゲーム内に一切登場しなくなるため、残念ながら作品内で両者の絡みを見ることは叶わなかった


作中での暴走振りばかりが目につくが、一方でキタカミ姉弟と主人公の友情を目にして「一瞬一瞬がかがやかしい子どもたちの時間は大人からするとまぶしすぎる」と意味深な台詞を述べたり、主人公たちの活躍を見て「輝いていたね」と評する等、大人の目線から子どもを応援したいという気持ちはちゃんと持っている模様。

センタースクエアでもブライア先生について話をしている生徒がいるが、そこでの会話内容を見る限り、少なくとも学内での評判はそこまで悪くはないことが闖える。

自分の興味が絡まない場合はきちんと教員としての職務を全うしてはいるようだ。

概要

ブルーベリー学園で教務主任を務めている女性教師

ゼイユの所属する3年2組のクラス担任キタカミの里で開かれる林間学校の引率担当も務める。


知的でどこか妖艶な雰囲気を漂わせた女性だが、その一方で非常に好奇心旺盛な性格。

テラスタルにも関心がある様子。

というのも彼女は、奇書と言われたスカーレットブック/バイオレットブックの著者であるヘザーの子孫なのである。彼女の所持しているスカーレットブック/バイオレットブックの原本では、出版時に何故か黒く塗り塗りつぶされたページを読むことが出来る。


彼女の夢はスカーレットブック/バイオレットブックに記された謎のポケモン「テラパゴス」を見つけ、ヘザーの正しさを証明すること。そのためにパルデアの大穴への立ち入り許可を申請しているが未だ叶っておらず、パルデアリーグやアカデミー関係者と交渉している段階に留まっている。教師の本分を全うする傍ら、手がかりとなる情報を集めている模様。

「円盤のポケモン?」の正体がテラパゴスであることは彼女の口から明かされる。


優秀な研究者でもあり、テラリウムドームの開発にも関わっている。

シアノ曰く、ドーム中枢のテラリウムコアのアップデートは「ブライアちゃんにまかせっきり」であり、巨額の資産が投じられたこのドームの中枢の管理を任されるほど信頼されていることが闖える。


ゼイユとのやり取りから察するに、彼女はポケモンを所持していないため戦闘に参加することやバトルすることが出来ない。


かがやかしい、かがやいている」が口癖で、物事に対して称賛をする時などによく用いている。


容姿

ウェーブがかった金髪ショートカット、まつ毛の長いつり目と縦長の赤い瞳、ポケモンがテラスタルする時の光を模した大きなイヤリング、タイトなパンツスーツを着込んだ凛々しい麗人。

所謂ボンキュッボン体型で、タートルネックコルセットも着用しているためさらに胸が目立つ。そのため大人向けな作品も数多く存在しているため、検索の際には注意。


余談

名前の由来は地中海周辺や東アフリカに分布するツツジエリカ属の常緑低木エイジュの英語名ブライア(Briar)と考えられる。ポケモンの人間キャラクターの名前は各言語で由来に応じて変更される事が多い中、彼女の名前は概ね全ての言語で似た響きを保っている。


碧の仮面で初登場した際、ジニア先生から「イッシュ地方の学校の教務主任さん」と紹介されたことから、ブルーベリー学園がイッシュ地方に存在する可能性が示唆されていた。その後、メディアによる「藍の円盤」先行体験会で正式にイッシュ地方に存在するということが明かされた。


関連項目

ポケモンSV ゼロの秘宝 碧の仮面 藍の円盤

女教師

チェレン:イッシュ地方の教師繋がり


ネタバレ注意

※以下はポケットモンスタースカーレット・バイオレット『ゼロの秘宝』のネタバレが記されています。


集合したアカデミーの生徒達と共にキタカミの里に向かう。

冒頭で、車酔いをした参加者の1人を介抱するためにバス停に残り、主人公に一足先に里へ行って人を呼んでくるよう依頼する。

その後しばらくの間は物語の表舞台に出てこなくなるが、中盤、鬼が山山頂のてらす池に水質調査に現れ、別の目的で先に来ていた主人公たちと偶然鉢合わす。曰く、てらす池の水はテラスタルエネルギーと同じ波長を持っており、この理由を解き明かしパルデア地方以外でのテラスタル現象を確立することができればテラパゴスに一歩近づけるとのこと。

ゼイユからは神聖な場所に立ち入ったことに苦言を呈されたが、「管理人からは許可は取っている」とのこと。


そして全ての生徒がオリエンテーリングを終えた日の朝、パルデアの大穴関係で何らかの進展があったと告げ、林間学校期間終了前にゼイユ・スグリを連れて一足先にブルーベリー学園へと帰っていった。


オリエンテーリングの進行は基本的にキタカミの施設を管理している管理人が担当しており、キタカミの里まで生徒たちの引率を終えた後は、上記のてらす池の調査時を除いて宿泊先である公民館に待機している。

一応、オモテ祭りのフルーツ飴の感想を述べていたり主人公の見ていない所で外に出てはいたようである。


また、林間学校中にキタカミの里ではオーガポンにまつわる騒動が発生しているのだが彼女は関わってこない。オーガポン騒動中に公民館にいる彼女に話しかけても、「てらす池に沈んでいた結晶……君はホームで見たことあるかな」と返されるのみである。


以上のことからもわかる通り、林間学校の引率担当と紹介されたが碧の仮面では出番がそこまで多くはない



ストーリーの終盤で、ブルベリーグチャンピオンであるスグリとの戦いを終えた主人公やゼイユ達を教室に呼び、エリアゼロへの調査メンバーを募集していることを語る。

目的がエリアゼロの最新部にあるゼロの秘宝であることを明かし、主人公・ゼイユ・スグリらと共にゼロの最新部へと赴く事になった。


ファイナルトレーラー公開後に発表されたビジュアルで不敵な笑みを浮かべている様子が描かれており、プレイヤーの間で「テラパゴスを利用して何か良からぬことを企んでいるのではないか?」等、様々な憶測を呼ぶこととなったが、その本性は単なるテラスタルバカだった。


普段は前述通り体調の悪い生徒を気遣うなどの一面も見られるのだが、自分の興味のある事柄が関わると完全に周りが見えなくなってしまうのである。


チャンピオン戦後の時点で、敗北してチャンピオンの座を追われたスグリが真横にいるのを認識していながら、主人公の勝利を「かがやかしい功績」と満面の笑みで祝福するなど空気の読めない軽率な態度が目立ったが、憧れのエリアゼロに入ると悪癖はますます酷くなった。

年長者でありながら終始はしゃぎ倒しており、ゼイユはもちろんメンタルが不安定だったスグリからも「危なっかしくて目が離せない」とまで言われる始末。

ゼロの秘宝を目の前にしてからは完全に自分の世界に入ってしまい、後先考えずに瀕死状態のテラパゴスをスグリにテラスタルさせた結果、テラパゴスの暴走を招いて大惨事の原因になった。

しかも本人は上記の通りポケモントレーナーではなかったため事態の収拾などできるはずもなく、結局同行した生徒三人がその尻拭いをさせられる羽目になる。


流石に事態収拾後は頭が冷え、教師の本分を忘れ去っていたことを皆に謝罪していた。


「それは本当にそう!

 先生 テラスタルバカ なんだから もっと 大人として 自覚しなさい!」

「返す言葉も ないよ……」


ストーリークリア後、テラスタルに関する一連の事件と研究結果をまとめた「ゼロの秘宝」という本を書き上げ、それを主人公に渡してくれる(最終盤のイベントムービーでも、出版社に連絡云々という台詞がある)。出版にあたりオモダカにも許可は取ってあり、事件の詳細及び主人公やスグリ達の個人名は伏せてあるとのこと。

さらにエリアゼロの奥地で採取した鉱石をブルーベリー学園のテラリウムドームのテラリウムコアに組み込んだところコアの性質が変容し、野生のステラテラスタイプポケモンを出現するようになった。この事を彼女は「テラスタルの研究がはかどる」と大喜びするのだが、多くの学生が過ごすドームに未知のテラスタイプのポケモンが出現する危険性について考えているか怪しいあたりやはりテラスタルバカの性分は治っていないということだろうか…。


「ゼロの秘宝」を受け取って別れた後、テラパゴスを手持ちもしくはボックスに入れた状態でてらす池に行くと、あるイベントが発生する。


なお、番外編で再登場して学園に戻ってきたゼイユとスグリと異なり、ストーリーを終えると彼女は学園に二度と戻ってこない

一緒に写真を撮りたい場合は、ED後の教室での会話イベントを起こす前に済ませよう。幸い、話しかけるまでイベントは進行しないので、このイベントの直前でも好きなだけ撮影はできる(ただし、学校内なのでカメラアプリやロトリぼうを使った撮影は不可なので注意)。


余談

ファイナルトレーラー後のビジュアルから、配信前は一部のプレイヤーの間で本作の黒幕ではないか?と疑われたりもしたが、結果的に「悪人ではないが興味の対象を目にすると周りが見えなくなってしまうダメな大人」というのが実態であった(上記のように、助手として同行しているゼイユからもそのことを指摘されており、本人もそのことをある程度は自覚しているようである)。

その本性から、プレイヤーの間ではレホール先生とよく比較されることも。

ただし、手持ちのポケモンを所持していてバトルにもある程度慣れており、尚且つクラベル校長という最強のストッパーがいるレホール先生と違い、ポケモンを持っていないのに危険なエリアゼロに行こうとするブルーベリー学園に止めてくれる同業者や上司がいないため一度暴走しようものなら手がつけられなくなるなどと、謂わば「ブレーキが完全にイカれたレホール先生のifの姿」と言うべき存在である。


なお、レホール先生が特別講師としてブルーベリー学園にやって来れるようになるのと入れ替わるような形では、上記のようにブライアはゲーム内に一切登場しなくなるため、残念ながら作品内で両者の絡みを見ることは叶わなかった


作中での暴走振りばかりが目につくが、一方でキタカミ姉弟と主人公の友情を目にして「一瞬一瞬がかがやかしい子どもたちの時間は大人からするとまぶしすぎる」と意味深な台詞を述べたり、主人公たちの活躍を見て「輝いていたね」と評する等、大人の目線から子どもを応援したいという気持ちはちゃんと持っている模様。

センタースクエアでもブライア先生について話をしている生徒がいるが、そこでの会話内容を見る限り、少なくとも学内での評判はそこまで悪くはないことが闖える。

自分の興味が絡まない場合はきちんと教員としての職務を全うしてはいるようだ。

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • パルデア無双2

    『藍の円盤編』 油マシマシいっちょ上がり!

    あの定食見た瞬間リアルに「おぇっ」となった作者です。 因みにカキツバタをツバ太郎、アカマツをあかまっちゃん、ネリネをネルネルと呼んでます。
  • 【ポケモンSV】イヤリング

    シアノさんとブライア先生が出会うお話です。妄想に妄想を重ねています。2人が好き過ぎて毎日苦しいです_(:3 」∠)_ ブライア先生が何故ポケモントレーナーではないのかについても考察しています。 ※ほんのりシアブラです。 ************************************************** ◎文章の無断転載、自作発言、トレース等はご遠慮ください。 No unauthorized reproduction 禁止私自轉載、加工 무단 전재는 금지입니다.
    12,949文字pixiv小説作品
  • IFハルト君シリーズ

    主人公君は我慢ならない!

    後編、チャンピオン戦直後から始まります スカーレット時空を想定で、主人公君がネット対戦をやっている。 これを理解してお読みください
    10,257文字pixiv小説作品
  • スグリ短編集『不幸とカフカと人生と』※閲覧注意(夜半/宿痾/教師)

    ※閲覧注意※ ・二次創作。言葉による暴力や暴力(未遂)シーンアリ。キャラ崩壊・後編の展開捏造アリ(ヘイトではありません) ・CP要素(スグアオ)アリ。 ・任天堂様のポリシー内で制作しているつもりです。何か問題あればすぐ消します。 ・いないと思いますが、文章の保存・スクショはお控えください。この作品も削除する可能性がありますが、そのまま消えさせてください。 ・この短編集はフィクションです。登場人物の言動がご不快な思いをさせてしまう可能性があります。 ・作品自体への文句はいいですが、閲覧自体は自己責任でお願いします。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- タイトルはこの前したツイートより。
    17,726文字pixiv小説作品
  • てらす池

    気晴らしに書いた神隠し小説。
  • 想い出は海原の虹水晶

    Episode 〜運命の舟に乗って〜

    テラパゴスを巡る騒動に、いよいよ終止符が打たれた。 パルデアの平穏のために。犯した罪を償うために。失いかけたものを取り戻すために。大切なものを手放さないために。 皆の思いが交差するグレープアカデミーから、新たな運命へと向かう門出の舟が、飛び立とうとしていた。 ※前作「色とりどりの奇跡」の続きです。 本シリーズにてこれでもかというくらいに断罪されたブライア先生が、 ゲームにて大変な思いをしたアオイちゃん、ゼイユちゃん、スグリくんが、 藍の円盤のラストムービーにどう繋がっていくのか、作者なりに構想して書かせていただきました。 あくまで二次創作で非公式で、作者の独自解釈のエピソードです。あらかじめご了承願います。 苦情は受け付けておりませんので、よろしくお願いいたします。🙇‍♀️ 本作は場所や登場人物が変わるシーンがあるので、2ページに分けました。 前半の1ページ目にブライア先生とオモダカさんが、後半の2ページ目にアオイちゃん、ゼイユちゃん、スグリくんが出てきます。 ほんのちょっとだけペパーくんも出てきます。 本作で一番出番が長いのはブライア先生とオモダカさんです。 ペパアオ前提の本シリーズなので、本作にもペパアオなシーンもあります。 前作ほど直接的なイチャイチャはありませんが、ペパアオです。 上記を全てご了承いただける方のみ、ご覧いただけると嬉しいです。 いつもたくさんのいいねとコメントを、ありがとうございます。
    10,406文字pixiv小説作品
  • ポケモンSV・2

    リベルター・マノ2 02「林間学校への切符」

    さぁ、今回から林間学校編がはじまります。 とはいえまだキタカミの里にはいかず、まだパルデアにいますが。 ここからどういう物語になっていくのか……刮目ください!
  • 想い出は海原の虹水晶

    Episode 〜幻想の果ての追憶〜

    パルデアポケモンリーグ本部で目を醒ましたスグリは、姉とともに、リーグの者たちから手厚いもてなしを受ける。 体力を回復させた後、パルデアの大人たちからお灸を据えられたブライアから、ブルーベリー学園に帰ることを告げられる。 それは、犯した罪と向き合う時と、アオイとの別れの時を意味していた。 ※前作からの続きです。 今回はスグリくん視点なので、時間軸的には本シリーズ第二話「帰ってきた天使」第三話「四天王と断罪」の翌日です。 ずっとアオイちゃんに憧れ続けていたスグリくんが、いよいよ自分の中の甘い幻想にケリをつける時がやってきた。 そんな想いを込めて書かせていただいたエピソードです。 藍の円盤のゲーム本編のエンディングムービーの前に、スグリくんの心境に何があったのか、それを作者なりに考えて書いてみました。 まだ次作に続きますので、引き続きお読みいただければありがたいです。 今作にはスグリくんとゼイユちゃんとブライア先生が出てきます。他のキャラは名前以外は出てきません。 ブライア先生はこれまでのエピソードでコッテリ絞られてだいぶ反省していますが、まだ本シリーズでの断罪は続く予定です😓 本シリーズはペパアオ前提のスグ→アオです。今作は全体的にスグ→アオです。 スグリくんの片想い前提のスグアオで、ペパアオの描写もありますので、苦手な方はご注意ください。 上記全てご了承いただける方のみ、お読みいただければ嬉しいです。 たくさんのいいね、コメント、ウォッチリスト登録、誠にありがとうございます。
    16,980文字pixiv小説作品
  • 想い出は海原の虹水晶

    Episode 〜五色に光る草原〜

    交換留学生のアオイが去った後。ブルーベリー学園はこれまでの体制を改め、改革が始まった。 罪を犯した者には罰を。流されるままだった者には戒めを。救われるべきものたちには恵みを。 閉ざされていた扉が開く時、解放された箱庭には、鮮やかに輝く草原が見えた。 ※前作「海風に響く餞別」の続きです。 ポケモンSV DLC「藍の円盤」本編と、本シリーズ作品でも様々な事件が起こったブルーベリー学園は、交換留学生のアオイちゃんが去った後にどうなったかを、本作にて少しだけ書かせていただきました。 本作は主に、本シリーズのオリジナル悪役たちの顛末が書かれています。それなりに「ざまあ」もあります。 悪役の名前変換が必要な方は単語変換機能をご利用ください。 本作にはCP要素のある描写はほぼありませんが、ペパアオ前提なのは相変わらずです。 ネリ→スグな描写もあります。 また、いろいろやらかしまくったブライア先生が反省して、ほんのちょっとだけ救われるような展開もあります。 ブライア先生には容赦ないざまあを!!と言うお考えの方にとっては解釈違いかもしれないので、ご注意ください。 またブルーベリー学園の方針、設備についても、作者が考えたオリジナル設定・展開が多々あります。 本作に書かれている内容は全て作者の妄想から生まれた二次創作で、ゲーム本編とは一切関係ない非公式設定です。 あらかじめご了承ください。なんでも許せる方のみご覧ください。 上記を全てご理解いただける方のみ、お読みいただければ嬉しいです。 恐れ入りますが、読後の苦情は受け付けておりません。否定的なコメントは削除する場合もあります。どうかご容赦ください。 いつもいいねやコメントをくださる皆様、ありがとうございます。
    16,598文字pixiv小説作品
  • 片想い・失恋系百合夢

    かがやきの行方

    ブライア先生への片想いが拗れていく女子生徒な百合夢。
  • 悪さしたキャラへのおしおき

    シーズン2 おしおき22 ブライア

    今回は前回に続いて「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット ゼロの秘宝 碧仮面」に登場したブライアを裁く!
  • ハルトとマサルがブルーベリー学園に留学したら

    そうだ秘宝を探しに行こう

    ドッカンバトル9周年ブロリーとゴジータで最高!! 一気にテラパゴス戦まで進みます。 ほんの少しハルアオ、ハルゼイ要素あり。
  • 北風と太陽を抱く女神

    北風と太陽を抱く女神 ~Blueberry~

    林間学校から途中離脱し、ゼイユとスグリはブルーベリー学園へと帰還する。 アオイのことを忘れられないスグリは人が変わったかのようにバトルに打ち込み、他者を蹴落とすことも厭わない姿勢で、頂点を目指し駆け上がっていく。 そんな様子の弟を心配するゼイユは、スグリの周囲をうろつく悪意や不審者の存在に、いつも以上に目を光らせていた。 ・バイオレット時空の、DLC前編『碧の仮面』の終了後の、ブルーベリー学園サイドのストーリーです。 ・アオイちゃんへの片想いを日に日に拗らせているスグリくんと、そんなスグリくんを心配するゼイユちゃんのシーンです。スグアオではありますがスグ→アオです。 ・本作に登場する公式キャラクターはゼイユちゃん・スグリくんのキタカミ姉弟と、ブライア先生のみです。スグリくんに突っかかる悪役っぽいオリジナルモブキャラが出てきますので苦手な方はご注意ください。 ・本シリーズ全体は「相思相愛のペパアオ且つ報われない片想いスグ→アオ」という、スグリくんには大変申し訳ない設定であります(・_・;)本作「Blueberry」は前作の「Grape」と同じ世界観、同じ時間軸のストーリーですが、前作を読まなくても本作は読めます。 ・ブルーベリー学園サイドなのでペパアオな描写はございません。アオイちゃんに恋人がいるっぽい?という描写もございません。なので本作はスグアオ派の方も読めると思います。現時点では思いっきりスグリくんの片想いですが(・_・;)「闇落ちしてるけどアオイちゃんへの想いを募らせる、重たいけどどこまでも一途なスグリくんのシーン」としてお読みください。 ・もちろんペパアオを否定するような描写も一切ないのでペパアオ派の方も読めます。ペパアオ派の方は、「相思相愛ペパアオ前提の世界でアオイちゃんに片思いするスグリくんのお話」としてご覧ください ・スグリくんがちょっと(かなり?)ヤンデレストーカーっぽくなってます。ごめんよスグリくん… ・本作内で書かれているブルーベリー学園の設定、内部構造、藍の円盤でありそうな展開などはすべて作者の妄想から生まれた非公式設定です。2023年10月時点で公開されている公式サイトの情報を参考に妄想いたしましたが。あくまで後編配信前の作者の妄想ですので、予めご了承ください。 ・ブライア先生が若干悪役チックに書かれています。これもDLC後編配信前の作者の勝手な妄想ですのでご容赦ください。しかしどうしてもブライア先生が黒幕っぽく思えてしまう…^_^; 上記をご理解いただける方のみ、よろしければお読みいただけると嬉しいです。 いつも読んでくださる皆様、ありがとうございます。
    18,271文字pixiv小説作品
  • 【シアノさん×ブライア先生】カンバセーションハート

    ポケモンSVゼロの秘宝_シアノさん×ブライア先生の甘ったるい大人の恋愛小説です。濃厚なシアブラです。何故かはわかりませんがとんでもない沼に落ちました。尊過ぎて毎日苦しい。この2人美男美女で元気いっぱいでお似合い過ぎないか? ブルーベリー学園創設をシアノさんが担当し、テラスタル関係は全てブライア先生に任せられている…。この2人の関係性と一緒に支えあっている感じが堪らなく好きです。本編で会話シーンがなくてとても寂しいのですが、この関係性ならきっとお熱いんだろうなぁ…と妄想を膨らませています。 ※この小説は、シアノさんの奥さんがブライア先生だったら良いな…という妄想の塊で出来ています。 ※R18の要素はありませんが、キス程度の若干の性描写があります。苦手な方はご注意ください。また少しだけクラシア匂わせがあります。 シアノさんの奥さんが公式から言及されたらそっと非公開にしようと思っています。仮にブライア先生が彼の奥さんじゃなくても、めちゃくちゃお似合いで好きです。何時までも2人で学園を支えあって欲しいな…(:3_ヽ)_ ************************************************** ◎文章の無断転載、自作発言、トレース等はご遠慮ください。 No unauthorized reproduction 禁止私自轉載、加工 무단 전재는 금지입니다.
    20,500文字pixiv小説作品
  • 想い出は海原の虹水晶

    Episode 〜四天王と断罪〜

    アオイたちがエリアゼロから救出された後、パルデアポケモンリーグ本部へと連行されたブライアは、四天王からの尋問を受けていた。 先祖の汚名返上のためという己の正当性を主張するブライアに、パルデア四天王は容赦なく、真っ向から対峙する。 独りよがりな正義は、悪よりも悍ましい。それを思い知らせるために。 ※前作からの続きです。 藍の円盤でアオイちゃんとゼイユちゃんとスグリくんを危険な目に遭わせたブライア先生が、パルデア四天王にたっぷり怒られるシーンを書いてみました。 ブライア先生に終始厳しめなので、苦手な方はご注意ください😥 一応、ブライア先生が自らの行いを悔いて反省する描写はあります。 断罪としては甘い!とお考えになる方もいらっしゃると思いますが、作者の妄想ですので、どうかご容赦ください。 本作にはブルーベリー学園の実情、ブルベリーグ四天王のみんなの出生や背景について、 ゲーム内で得た情報を元に作者が考察もとい妄想して書かれております。 もちろん全て二次創作内の非公式なので、あらかじめご了承ください。 本作に登場するのはブライア先生とパルデア四天王のみですが、 本シリーズの設定通り、ペパ×アオ←スグが前提の表現が多々あります。 また作者の好みにより、ちょっとアオキさん×チリちゃんな描写もございます。 作者は関東の人間なので、チリちゃんの関西弁におかしなところがあると思いますが、どうかお許しいただければと思います。 上記を全てご理解いただける方、お読みいただけると嬉しいです。 本シリーズはこれまで多くの方々からいいねとコメントをいただき、作者は誠に嬉しく思っております。 ありがとうございます。
    13,779文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー