ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

悪の組織(ポケモン)

ぽけもんのあくのそしき

悪の組織(ポケモン)とは、『ポケモンシリーズ』でお馴染みの敵役(かたきやく)的存在。
目次 [非表示]

概要

ゲーム及びアニメ「ポケットモンスター」シリーズにおける、各作品に登場する主人公と敵対する組織のこと。

具体的な思想や目的などは各組織によって大きく異なり、中には「悪」と呼べるのか微妙な存在もいるが、ポケモンを悪用し主人公らと対立関係にあることは概ね共通している。

そのためだんだん悪の組織という通称が似つかわしくなくなっているが、「(ポケモンを)悪(用する敵)の組織」と見れば一応成立するためか使用され続けている。


ストーリー上の街や道、森やダンジョンなどに行く手を阻むように立ち塞がり、主人公の旅の妨害行為を働くことが多い。終盤には組織の野望を阻むべく、に組織を率いるボスに勝負を挑むこととなる。ボスとの決戦が7人目のジムリーダー撃破後であることや、組織が伝説のポケモンと深く関わっていることも多く、多くの場合ストーリーの展開上で大きな役割を果たすこととなる。


以前はポケモンの虐殺・強盗・大企業への恐喝を通じて金儲けをしようとしたり、一般人には理解しがたい目的のために既存の世界を破壊しようとしたり、逆に一般人の洗脳を通じて勢力を拡大し1つの地方の完全支配を狙ったりと危険極まりない存在であることが多かったが、『サン・ムーン』以降は街の不良半グレ程度の存在でしかないような、規模の小さい組織も登場するようになり、現在ではどちらかと言えばこうした小規模な組織の方が主流となっている。これらの組織は主人公の旅路を妨害してくる面ではそれまでの組織と同様だが、ストーリー終盤になると強大な権力や科学力、財力を持つような黒幕的別の組織あるいは人物の存在が明らかになり、伝説のポケモンとの関係を含むストーリー上の悪の組織的な役割はこちらが担う事が多くなっている。また、第9世代のDLCでは、ポケモンそのものが事件の黒幕という今までにないパターンも登場した。

こういった傾向の変化が生じたのは、「昨今の社会的な情勢や価値観の変化に伴い、個人や団体の持つ思想や価値観を一方的に悪と断じることが憚られるようになったから」「そもそも世界レベルで活動するような組織が1人の子供にあっさり壊滅させられてしまうのはいくら何でも不自然だという指摘があったから」「マンネリ化の防止のために方向性を変えたから」「組織の行動理念や動機付けに関するネタが尽きたから」等々いくつもの説が唱えられているが、公式からの見解はないため真相は不明。

一方で、わかりやすい悪役がいなくなったことで、「最後の最後まで誰が黒幕なのかわからない」という展開が多くなり、その結果誰が黒幕なのか疑心暗鬼に陥ったプレイヤー達の間で不毛な議論が勃発するという弊害も生じてしまっている(もっとも、これはどちらかと言えばファンの民度の問題だが)。

エアプパニック!


なお、どの悪役にも一概して共通点として言えるのは「主人公と敵対、対立関係にある(なりうる)」ということであり、必ずしも野望や悪意を持って行動しているとは限らない。エーテル財団マクロコスモスのように真っ当な組織、企業が上層部の暴走に巻き込まれており、構成員が悪事に加担している自覚などないパターンもある。そのため、「敵対組織」という表現が使われることもある。


また、「悪の組織」と呼ばれるだけあって団員の手持ちの多くがあくタイプで構成されているため、多くの場合ストーリー道中での「あくタイプ使いのトレーナー」としての役割も兼ねており、『ソード・シールド』に至るまでの長らくの間あくタイプを専門に扱うジムリーダーは存在しなかった。


※タイトルにより一部のネタバレ記事に注意。



各組織・構成員

一部除くアニメオリジナルのキャラクターについては本記事参照。


ロケット団

ポケモンを利用した悪事や犯罪行為によって、世界征服を目論む犯罪集団。現実的には縄張りの拡大と金儲けを目的とし、特定の思想的野望などは持たない純粋な犯罪組織。

スロットを経営し資金源にしていたり、ポケモンの乱獲および他トレーナーからの略奪、さらには殺害を行なって体の一部を闇市場に売り捌いたりするなど、金儲けに関しては手段を選ばないポケモン世界のヤクザ組織。

サカキの宣言により事実上解散したが、他の悪の組織と違って特定の目的のため活動していたわけではないため残党が各地に残っている。


ボスサカキ

幹部アポロアテナラムダランス※1

戦闘員:ムサシ、コジロウ※2


※1 GSCでは個人名なし。HGSSから個人名の追加および容姿が刷新された。アポロはサカキ不在の中での司令塔的な立ち位置だが、あくまでボスはサカキのため幹部を名乗る。

※2 アニメからの逆輸入で、ピカチュウ版とLPLEに登場。ただしピカチュウ版では個人名ではなく「ロケット団」と表示される。


マグマ団

グラードンの力を利用して海を干上がらせ、陸地を拡大することが目的の過激派環境保護(?)団体。

アクア団と対立関係にあるため、『サファイア』では彼らを妨害すべく主人公の味方に付く。

『ORAS』では陸地拡張の他に「人類にとっての理想の地球の追求」が目的に加わる。


リーダー:マツブサ

幹部:ホムラカガリ


アクア団

カイオーガの力を利用して陸地を沈め、海を拡大することが目的の過激派環境保護(?)団体。

マグマ団と対立関係にあるため、『ルビー』では彼らを妨害すべく主人公の味方に付く。

『ORAS』では海の拡張の他に「ポケモンにとっての理想の地球の追求」が目的に加わる。


リーダー:アオギリ

幹部:イズミウシオ


ギンガ団

『ダイヤモンド』ではディアルガ、『パール』ではパルキア、『プラチナ』ではその両方の力を利用して「今ある世界を破壊し感情の存在しない新世界を創造する」ことを目的とする集団。今ある世界やそこで暮らす命のことは何とも思わず、時には湖まるごと爆弾で爆破することも。思想の過激さと野望の大きさは歴代随一で、ボスやその目的を盲信した構成員が多い。

表向きには新エネルギーの開発事業を行う組織となっておりその手の活動も行っているが、ゲームコーナーのスロットにギンガ団のエンブレムが出てくるなど幅広く事業に手を出しているようである。


ボス:アカギ

幹部:サターンマーズジュピタープルート


※ プルートは『プラチナ』のみ登場


プラズマ団

人類からのポケモンの解放」を大義名分に掲げる裏で様々な悪事を働く組織。

組織内では「ポケモンの解放」を本気で行おうとしていた者たち(N派)と、口実を隠れ蓑にポケモンを自分たちのみが保有する事で悪事に利用し、世界征服を企んでいた者たち(ゲーチス派)に二分され、『BW2』では前者は組織を抜けて分離している。


黒幕:ゲーチス

王/ボス(初代):N※1

ボス(2代目):アクロマ※1

幹部:七賢人ダークトリニティ

したっぱ:アンジーブラッド※2


※1 Nとアクロマは両方とも専用BGMがあるが、組織の実質的な黒幕はゲーチスである。

※2 アニメ版のみに登場するしたっぱ。姿はBW2のほう。


フレア団

争いのない美しい世界」を作るため、争いの火種となる人間の数を減らし争いに利用されるポケモンをも消し去ることを目的とする組織。

目的の崇高さと直接的に人類を間引くことを厭わない凶悪性を併せ持つ。

ポケモンの命を犠牲とする古代の最終兵器を復活させ、そのエネルギーとしてゼルネアスイベルタルを筆頭にポケモンを大量に捕獲している。


ボス:フラダリ

ナンバー2:パキラ※1

科学者:クセロシキコレアアケビバラモミジ

幹部:アカマロ、一般幹部※2


※1 ナンバー2の存在はゲーム中では明言はされなかったが、明らかに幹部や科学者よりも格上であることを表す描写が多いことなどから、こう明記する。

※2 この組織の幹部には一人にしか名前がつけられていない。並び順の通り、科学者は幹部より待遇が上である。


スカル団

アローラ地方のならず者集団。他人のポケモンを奪ったり試練の場を荒らしたりする悪事を行う厄介者だが、地元の住民たちからは「恐れられている」というより「迷惑がられている」だけであり、単なる不良集団的な印象を受ける。

思想や野望といったものも存在しないが、他組織に雇われて悪事を働くなど半グレ的な存在で普段は社会に迷惑をかけるゴロツキたちである。


ボス:グズマ

幹部:プルメリ

用心棒:グラジオ

したっぱ:タッパラップ、ジップ ※


※ この名前が付く3名はアニメ版に登場。ジップのみアニメオリジナルの容姿。


なお、アニメではゲーム版に輪をかけて単なる不良のような扱いになっており、終盤になるまでリーダー格の人物は登場していなかった。また、グラジオもスカル団とは無縁の存在になっている。


エーテル財団

エーテルパラダイスという人工島を拠点に、傷ついたポケモンの保護や生態調査を行う財団。

本来は本当にそれだけの真っ当な組織であり、本編中での悪行は代表ルザミーネの暴走により、彼女の欲望を満たすために行われているものである。

スカル団へ資金提供を行い、彼らを使役していた。


代表:ルザミーネ※1

支部長:ザオボー※2


※1 ボスに相当する存在だが、戦闘時の肩書はあくまで「だいひょう(代表)」である。

※2 『SM』では明確な悪事は行っていないのだが、『USUM』の「エピソードRR」ではRR団の悪事に加担し敵対する。


USUMに登場するウルトラ調査隊は初登場時にほしぐもちゃんを連れて逃げようとするリーリエを妨害しているものの、その時点ではまだお互いの事情を認識していなかったりその後のストーリーにおける善人としてのイメージの方が強い為、悪の組織にはカウントされない。


レインボーロケット団

ウルトラホールを利用したサカキが他の地方かつ並行世界の悪の組織の者たちを集めて編成した組織。ボスはいずれも各々の野望を達成した世界から来ている。


ボス:サカキ

主なメンバー:マツブサ、アオギリ、アカギ、ゲーチス、フラダリ ※

協力者:ザオボー


※ マツブサ、アオギリは『RSE』準拠


エール団

主人公のライバルの一人であるマリィの熱烈なファンであり、彼女をトーナメントで優勝させるべく他の挑戦者に妨害行為を働くフーリガン

挑戦者以外には迷惑行為すら働かないため、「単なる不良」と称されたスカル団以上に悪人と呼べるかも怪しい集団。

その正体はスパイクタウンのジムトレーナーであり、本気でマリィにチャンピオンになって貰いたかっただけの集団である。

リーダーにあたるネズも妨害行為を認知していなかったため、「エール団員たちのボス」と言えなくもないが、「エールのボス」と呼ぶと語弊がある。


リーダー:ネズ

関係者:マリィ


マクロコスモス

ガラル地方で多岐にわたる事業を展開している大企業。

組織自体は裏のない単なる企業であるが、社長のローズがムゲンダイナをエネルギーとして利用する計画を進めた結果として、主人公たちが参加している大会を中断する必要が生じたため主人公たちと対立。その後、ローズが強行したムゲンダイナの暴走が余りに危険かつガラルの人々の不安を煽るものであったため、ローズの計画を止める決意を新たにした主人公たちと激突した。

計画の根底にあるのはあくまで『ガラルの遠い未来』に起こりえるエネルギー問題の解決であるため、強行手段に走ってしまう点を除けば他の組織と比べてまだ真っ当な部類である。


社長:ローズ

副社長/社長秘書:オリーヴ


※ 勝負時の肩書はあくまで「マクロコスモス」である。


野盗三姉妹

LEGENDSアルセウスヒスイ地方のあちこちに出没する盗賊。構成員はわずか3名であり、組織と呼べるかどうか微妙である。

言うなればゼルダの伝説ブレスオブザワイルドにおけるイーガ団のギミックのため、クリア後も出現し解散・改心することはない。

また本作にはギンガ団(ヒスイ)コンゴウ団シンジュ団といった組織も存在するが、こちらは悶着こそあれど基本的に主人公の味方であり、本当の敵は別に存在する


長女:オマツ

次女:オタケ

三女:オウメ


スター団

アカデミーやんちゃな生徒達の集まりで、周りの人々への嫌がらせや強引な勧誘、授業にまともに参加しないなど、風紀を乱している。

団の中にはいくつかの組があり、パルデア地方の各地にそれぞれアジトがある。

下っ端は制服のサスペンダーを下ろし、星型のサングラスとヘルメットを被っている。

不良トレーナーの集団という意味ではスカル団に近いが、幹部達による明確な指令系統が存在し、スターモービルと呼ばれる改造車両を戦力として複数有しているなど、敵組織としての体裁はそちらよりも整っている。しかし、彼らにも事情があり、最終的には主人や学校側とも完全に和解し、更生するなど、これまでの悪の組織とは一線を画している。詳しくはこちらから。


ボス:マジボス

ほのお組ボス・なんでも屋:メロコ|

あく組ボス・まとめ役:ピーニャ

どく組ボス・服飾担当:シュウメイ

フェアリー組ボス・メカニック担当:オルティガ|

かくとう組ボス・戦闘員育成担当:ビワ


本編以外の組織一覧


余談

ポケットモンスターウルトラシリーズなどの特撮作品から多大な影響を受けていることから、悪の組織を登場させるという発想自体は『仮面ライダー』のショッカーなどから着想を得たものと思われる。

これにマフィアエコテロリストストリートギャングといった現実的な反社会的勢力の要素を付け加えることで独特の雰囲気を生み出している。


『ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド』掲載のスペシャルインタビューで本作ディレクター兼ゲームフリーク開発本部長(当時)の増田順一は「悪役のボスは、極端な執着を持った人物です。人間の考え方は、ゆがんだり、変わったりします。悪役は、そういった人物たちです。一方で、主人公の男の子や女の子は、まっすぐに生きる様子を描きたいのです。主人公との対比の意味でも、悪役は、極端なことを語る人物像に設計しています」と物語の中での役割について語っている。


関連タグ

ポケットモンスター(ポケモン) ポケモンの登場人物一覧 悪の組織ボス(ポケモン)

悪役 ボス マフィア 蛮族 海賊 山賊 テロリスト 宗教  不良  フーリガン 半グレ


おまけ

ネタ組織名ネタタグ名
ロケット団ニャース妄想
フレア団フラダリクソコラグランプリ

関連記事

親記事

ポケモンの登場人物一覧 ぽけもんのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1629227

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました