ピクシブ百科事典

ザオボー

ざおぼー

ザオボーとは「ポケモンSM」の登場人物。
目次[非表示]

概要

エーテル財団の支部長。緑色のサングラスが特徴的。
名前の由来はソラマメのドイツ語名「Saubohne」。そのためザオボーの頭文字はZではなくSである。サングラスもソラマメを意識した形状と思われる。

幹部であることを誇りに思っており、部下には名前ではなく肩書きで呼ぶよう強制する。自分ではあまり動こうとはしないため、部下からはザオボーさんは口だけと陰口を叩かれている。
ただ、動けば頼りになるらしく、優秀な者は素直に褒め称えたりもする。

エーテルパラダイスラボにある支部長Sのブログではウルトラビーストを捕獲するウルトラボールの開発、ウルトラビースト対策の人造ポケモンタイプ:ヌルの開発及び、制御マスクの作製、グラジオによるタイプ:ヌルの解放騒動の後始末などを行ったのはザオボーである事が判明しており、研究者としては相当優秀と思われる。
ただし、制御マスクの製作は独断で(本人曰くリスクヘッジ)、グラジオの逃亡も自分への飛び火を回避するためルザミーネには報告しなかったなど、保身第一の性格が滲み出ている。
ちなみにこのブログにはOJT(従業員教育)など小学生ではまず知らないビジネス用語が多く使われている。

主人公とはアーカラ島で出会い、スカル団を撃退した実力を評価しエーテルパラダイスに招待する。

ストーリー終盤、リーリエを追ってエーテルパラダイスに乗り込んできた主人公に対して勝負を仕掛ける。しかし、この時は主人公達を地下へ誘導する為の囮であり、本気を出していない。
その後、職員とタッグを組んで主人公を相手に本気で勝負を仕掛けてくる。
エンディングのイラストではビッケや他の職員と写っているが、背後にいるキテルグマに腕を回され顔が引きつっていた。

殿堂入り後には平職員に降格しているが、本人は自分を見直すきっかけになったとそれを喜んで受け入れ再び支部長に返り咲く意欲を見せており、清々しい態度で再戦を挑んでくる。
グズマ同様、殿堂入り直後に挑めるもののレベルは強化四天王クラス。ある程度準備をしないと危険。
ルザミーネに代わり代表代理を務めることになったグラジオに対しよくやっていると評価しているが、自分のほうがふさわしいと考えている。

また、エーテルパラダイスでの再戦後にはチャンピオン防衛戦のトレーナーの1人としても登場する。
但し出現するのは月初めの1日のみ。要するにコイツと戦えるのは超レアである。ただし、条件が揃えばほぼ確実にザオボーが出現する(100%ではないという報告アリ)。

なお、サン・ムーンではリーリエを救出すべくエーテルパラダイスに乗り込んできた主人公とハウ・グラジオを子供扱いした上に道中で二度に渡り対決するため、いかにも悪事を働いたり裏で糸を引いていたりする悪人という印象があるのだが、よくよく見るとあくまで代表であるルザミーネの意向に沿って行動していただけに過ぎない(当のルザミーネがあの有様で、それに加担したという見方はできるが)。ラボで読めるブログも含め、自己保身と出世を何よりも優先する姿勢はさておき、明確に悪事と言えるような行為は案外見当たらなかったりする。


ウルトラサン・ウルトラムーンの殿堂入り後のストーリー『エピソードRR』では、自身の出世のためにルザミーネをも裏切り、レインボーロケット団の悪事に加担。
レインボーロケット団に占領された屋敷に乗り込んできた主人公とリーリエを足止めするべく、部下の財団職員とタッグを組んで立ちはだかる。

事件解決後、レインボーロケット団の悪事に加担した事から降格処分が下され、その後は平研究員とより下の位に降格させられてしまい、かつて部下だった財団職員達から扱き使われるようになった。自業自得である。
今作では性格に下方修正が加えられた為か、サン・ムーンの時とは異なりチャンピオン防衛戦には登場しない。
一応は真面目だったサン・ムーン時の面影はほとんどなく、出世欲に駆られたただのクズになってしまっている。

サン・ムーンでは事件後本人なりに改心しているが、ウルトラサン・ウルトラムーン(及び後述するアニメ)では事件後も改心することなくさらなる悪事に傾倒、最後は因果応報な報いを受けるという、メディアごとに随分と扱いの異なるキャラクターである。

手持ちポケモン

サン・ムーン
エスパータイプポケモンの使い手。

回数手持ち
1回目スリーパー(Lv.39)
2回目ヤドラン(Lv.39)、ハギギシリ(Lv.39)、スリーパー(Lv.40)
3回目、チャンピオン防衛戦ヤドラン(Lv.61)、ハギギシリ(Lv.61)、アローラライチュウ(Lv.61)、フーディン(Lv.61)、スリーパー(Lv.61)
※2回目はハウとのタッグバトル。相方の財団員はレディアンを使ってくる。

ウルトラサン・ウルトラムーン
回数手持ち
1回目スリーパー(Lv.43)
2回目ネンドール(Lv.44)、ハギギシリ(Lv.44)、スリーパー(Lv.45)
3回目ネンドール(Lv.63)、ハギギシリ(Lv.63)、スリーパー(Lv.63)
4回目ネンドール(Lv.63)、ハギギシリ(Lv.63)、アローラライチュウ(Lv.63)、フーディン(Lv.63)、スリーパー(Lv.63)
※3回目はリーリエとのタッグバトル。相方の財団員はグランブルズルズキンマシェードを使ってくる。

アニメ

CV:真殿光昭

サン&ムーン44話より登場。原作同様に研究部門のチーフを務めている。
しかし結構前向きかつ飄々としていた印象が強いゲーム版に対し、こちらは短気かつ強権的という面が強調された悪人寄りの性格となっている。

ルザミーネからはその威圧的な振る舞いをよくたしなめられているが、本人に聴き入れる気は無く、特にサトシに関してはほしぐもを託された事が気に入らないという理由でポケモン達にすら横暴な扱いをするため、彼からも早々に嫌われる事となった。
同時に偶然見つけたしゃべるニャースに興味を持ち、ムコニャを臨時の財団職員として雇っていたが、あまりの自己中ぶりに反発され早々に出て行かれた。

実はサン&ムーン(アニメ版)における一連の問題の元凶。4年前、欲を出して秘密裏にウルトラホールを開けた結果、出てきたウツロイドに幼い頃のリーリエが襲われるという不祥事をやらかしてしまう。
その場に居合わせた実験体のシルヴァディが彼女を助けた事で大事には至らなかったが、その事実が発覚する事を恐れ、弱ったリーリエの記憶をスリーパーの「さいみんじゅつ」で封じ込めた。
その結果、ウツロイドに襲われた際の恐怖の部分だけが中途半端に残り、リーリエはポケモンに触れなくなってしまったのだった。
また、ゲーム版とは違いそこそこ力を制御できていたシルヴァディも口封じのために制御マスクで封印状態に陥れ、タイプ:ヌルのプロジェクト自体が失敗したと隠蔽していた。

49話でグラジオから強引にタイプ:ヌルを奪い、さらにほしぐもによってエーテルパラダイスにテレポートしてきたサトシ達を襲撃。邪魔なサトシの始末に加えリーリエの記憶の封印をより強固なものにしようと企てるが、本来の力を取り戻したシルヴァディとグラジオによって阻止された。

どさくさに紛れてこっそり退散したが、ルザミーネ達に今までの所業がバレてしまい、もはやムリヤリにでも代表の悲願を叶えて彼女を懐柔するしかないと、警戒心ゼロのほしぐもを攫ってウツロイドを再び呼び出し暴れさせるも、自身はサトシやウツロイドにぶっ飛ばされてしまった。
そして駆けつけたバーネット博士に詰め寄られるも、ルザミーネに責任を押し付ける往生際の悪さを見せていた。最早改心する兆しすらなく、真面目さすら消え失せてしまっている。

アニメの手持ちポケモン

  • フーディン
技:ミラクルアイサイコキネシステレポート
技:リフレクターさいみんじゅつサイコキネシス

フーディンは「ミラクルアイ」を使うことで、本来なら効果がないはずのグラジオのブラッキーにダメージを与えている。
スリーパーはザオボーにとって知られると困る事を知った者の記憶を消す役目を担っており、「さいみんじゅつ」で再びリーリエの記憶を消そうと迫ったが、制御マスクを破壊し覚醒したシルヴァディの「マルチアタック」でフーディン共々撃破された。

フォロー

尤も、彼は初出の時点では良くも悪くも人間味の強いキャラであって、アニメやウルトラのような悪辣なキャラではない。
にもかかわらずアニメやウルトラでは悪辣な人物にされてしまったのはルザミーネ救済(ウルトラではグズマも)の一環である。
客観的にいえばルザミーネやグズマを引き立てるための汚れ役を敢えて買って出た形と言える。

関連タグ

ポケモンSM エーテル財団

エビルプリースト…こちらも初出の時点では良くも悪くも生真面目だったが、タイアップやリメイクに当たって上司を引き立てるための汚れ役を担った。

他のエスパータイプの使い手
ナツメ イツキ フウとラン ゴヨウ カトレア ゴヨウ デクシオ

pixivに投稿された作品 pixivで「ザオボー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 355632

コメント