ピクシブ百科事典

メルタン

めるたん

メルタンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.808
ぶんるいナットポケモン
タイプはがね
たかさ0.2m
おもさ8.0kg
とくせいじりょく


他言語版での名称

英語 meltan


進化

メルタンメルメタル (『ポケモンGO』において「メルタンのアメ」を400個使用)

概要

2018年9月22日、『ポケモンGO』にて開催されたコミュニティ・デイ終了直後に、何の告知もなく突如大量に現れたという、鮮烈な初登場を果たした存在。
詳細は後述するが、その数日後に情報が更新され、最新作『LPLE』に登場する新たな幻のポケモンであった事が判明した。



まず目に付くのは金色のナットそのものな頭部。完全な吹き抜けとなっているその中心には鋼球状の黒目が浮かんでおり、時折キョロキョロしたり、自在に形を変えることで色々な感情を表現している(また後側にはハイライトが入っていない)。

銀色のメタモンの様にも見える体の部分は液体金属で構成されており、その形状はとても流動的。また、お尻(?)からは赤い銅線に似た尻尾が突き出ている。

この見た目通り金属生命体的な性質を持つポケモンで、ココドラ系統のように金属が主食らしく、液状化した手足を使って他の金属を侵食し体内に取り込むことができる
それを元に体内で電気エネルギーを発生させ、生命活動の源とする他、目から発射して攻撃技としても活用できる。

無機質な外見に反し、性格は好奇心旺盛であらゆるものに興味を示す。また子供のようにとても無邪気で、単眼を変化させて様々な表情を見せてくれる。


名前の由来は「メルト」「メタル」「目」「メルキューレ」等の複合であると思われる。
名称が判明するまでは、「謎のポケモン」「ナット君」「nutto」などの呼び名・タグが使用されていた。

その生物離れした姿と生態から、異世界から迷い込んだウルトラビーストに定義されるポケモンではないかとの説が挙がっていたが、鳴き声にはUB特有の残響音が入っておらず、種族値も素数づくしという訳ではない。
そして、幻のポケモンでは初となる"進化"を遂げることも明らかとなった。

登場の経緯

2018年9月22日に行われた『コミュニティ・デイ』はチコリータ色違いを含めて大量発生するイベントだった。
だが、その終了後30分の間に突如として、一切の詳細が分からない異質な"何か"が大量に現れたのだ。



当初は「??????」という表示で、捕まえるとそれはメタモン(もしくは少数だがチコリータ)が変身していた姿であり、その簡素な姿や他のポケモンのデータに入り込んでいた事などから、プレイヤーの間では「単なるバグか、新手のけつばん」と騒がれていた。
(一部地域ではこのポケモンでなく、未実装が続くカクレオンに化けたメタモン(チコリータ)が出現していたことと直前のコミュニティ・デイで不具合が発生していたこともバグ説に信憑性を与えていた)

一方で、表情などのモーションがきちんと作りこまれていた事や、その後日を跨いでも消されず(大量ではないが)普通に出現していた為、「今後本当に登場する新ポケモンであり、それを見たメタモン達が化けているのでは」との声も強かった。


そして2018年9月25日の夜、公式によって新たなる幻のポケモンであったことが発表され、PVの内容を見るに、我々はまんまと公式側のドッキリにしてやられた模様。
またこのメルタンが『LPLE』に登場し、その実装には『ポケモンGO』が大いに関わっていることも告知された。

このようにポケモンGOという媒体を通じて、新種のポケモンがサプライズ発表されたのは史上初であり、イベント参加者は元よりネット上でも大いに話題を呼んだ(「ときどき曇り」で天候ブーストが掛かっていたのは単なるミスか、変身元のメタモンのデータが使用されていた可能性がある)。

"誰も見たことがない謎のポケモンが目撃され、その正体を巡って古参も新参も関係なく皆が沸き立つ"という事例は、初代幻ポケモンのミュウが発見された当時の現象そのものであり、世界中のユーザーを大いにワクワクさせ、初代のリメイクゲームとしても最高のデモンストレーションとなったのである。

入手方法


このメルタンは『ポケモンGO』と『LPLE』の連動によって手に入れる事が可能。

初めて『ポケモンGO』から『LPLE』へポケモンを送った時に限り、『ポケモンGO』の方で特別な道具「ふしぎなはこ」を貰うことが出来る(どのROMに送っても入手できるが、1つのアカウントに2つ以上保有することは出来ない)。

そして『ポケモンGO』で「ふしぎなはこ」を使うと、一定時間使ったプレイヤーの周りにだけ本物のメルタンが出現するので、そのまま捕獲して『LPLE』にも送ることが出来る。
一度使うとしばらく使用できなくなるが、一週間間をおいた後にまた『LPLE』へポケモンを送ると再度使えるようになる模様。

その為『USUM』でのウルトラビースト同様、タマゴ未発見の伝説・幻枠でありながら何匹でも捕獲する事が出来、他のユーザーとの交換も問題なく行える。

また『ポケモンGO』にてメルタンが出現するスペシャルリサーチの開催も2018年11月に開始されたが、時間と手間がかかるので『LPLE』をある程度進めて「ふしぎなはこ」を使った方が手っ取り早い。

余談

色々金属づくしな為に間違えやすいが、「メタルン」ではない。
それは同社の先輩の作品に出てくるキャラクターである。

「151匹しかいない設定だったのに、古い文献に載っているのはおかしい」との声もあるが、それは初代赤緑の世界線のみの話であり、以降の作品では破却されているため問題はない。

関連イラスト

はじめまして!
うれしいメルタン


Ditto Nut
メルタン騒動



直接な関連性は無いが、同時期に偶然同じく話題になった同じ任天堂の(二次制作)キャラ、クッパ姫と共演したイラストも多少ある。

めるたんxくぱ姫



関連タグ

ポケモン ポケモンGO LPLE 幻のポケモン はがねタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「メルタン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174113

コメント