ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0304
ホウエン図鑑No.070
イッシュ図鑑No.166
マウンテンカロス図鑑No.099
カンムリ雪原図鑑No.191
ローマ字表記Cokodora
ぶんるいてつヨロイポケモン
タイプはがね / いわ
たかさ0.4m
おもさ60.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいがんじょう/いしあたま/ヘヴィメタル(隠れ特性)
タマゴグループかいじゅう

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語ココドラ子+コドラ
英語・スペイン語・イタリア語Aronarmor(鎧)+iron(鉄)
ドイツ語StolluniorStollen(坑道)+Junior(年少者)
フランス語Galekidgalet(小石)+kid(英語で子供)
韓国語가보리갑옷(鎧)
中国語可可多拉日本語名の音写
ロシア語Арон英語名の音写
タイ語โคโคโดรา日本語名の音写

進化

ココドラコドラ(レベル32) → ボスゴドラ(レベル42) → メガボスゴドラ(メガシンカ、ボスゴドラナイト)

どら


概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』から登場した全身を鋼鉄の鎧が覆う、小さなはがね/いわタイプのポケモン。


ココドラ系統は進化後も名前に「ドラ」と付いてはいるが、最後まで進化しても(さらに言えばメガボスゴドラにも)ドラゴンタイプは付かない。初見でこおりタイプをぶつけて返り討ちに遭ったトレーナーもいるだろう。


40cmとポケモンの幼体らしいサイズだが、この時点で体重は60kgある。中々の怪力の持ち主で、体当たり一発でダンプカーが壊されてしまう程。ボスゴドラ角竜に、コドラ鎧竜トカゲなどにも似ているが、ココドラの場合は「何かの恐竜の子供」または亀っぽいと形容するのが強いて近い独特な雰囲気を持つ。


鎧を作るために鉄鉱石を好んで食べ、時々山から下りて来てはレールや車、橋の鉄筋を齧って人間を困らせている(後述するポケパークの個体は「レールなんかより」と発言しているため、なんの鉄が好きかは個体差もあるかもしれない)。

しかし進化の時に剥がれ落ちた古い鎧は、人間の手でまた鉄の原料になる。両者の間には、切っても切れない縁がある様だ。

彼らの食性はただ迷惑なだけではない。自然界にとっては人間たちが遺棄した鉄製品を食べてくれる掃除屋である。


これは鉄製品の廃棄にコストがかからずに済み、環境問題も防がれるという事を意味しているので、人間側にもメリットはあるのである(とはいえ、流石に燃料は食べてくれないので、そちらの処理は別のポケモンが行うのであろうが)。


非常にシンプルなデザインで、『ルビー・サファイア』のドット絵がなんか小さい事で有名。丸くて大きな目がキュートだが、鋼鉄のマスクの形状があの傑作ホラー映画の怪人を連想させる。


色違いは眼が赤色、胴体の装甲を纏っていない部分が深緑色になる。一見すると胴体の色違いが分かりづらいため、単に眼が赤くなっただけに見えるので、「なんか怖い」と思った人もいるのではないだろうか。


ゲームにおける特徴

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド/オメガルビー・アルファサファイア

いしのどうくつチャンピオンロードに出現する。『オメガルビー・アルファサファイア』では群れで出現することもある。


ポケットモンスター ダイヤモンド・プラチナ/ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

タタラせいてつじょポケトレを使うと出現する。『パール』及び『シャイニングパール』では出現しない。

その他にも、『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』では全国図鑑入手後に地下大洞窟に出現する。


ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー

ジョウト地方サファリゾーンにて、いわばブロックを24個設置するとみずべのいわばエリアに出現する。


ポケットモンスター ホワイト/ブラック2・ホワイト2

ホワイトフォレストに出現する。『ブラック』では出現しない。

『ブラック2・ホワイト2』では、イッシュ図鑑に登録されるようになり、フキヨセの洞穴に出現するようになった。


ポケットモンスター X

終の洞窟に群れで出現する。『ポケットモンスター Y』では出現しないが、殿堂入り後に「ボスゴドラナイト」を入手できる。


ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン

通常は野生で出現しないが、ポニ島で月曜日に島スキャンするとポニの広野ボスゴドラが出現するのでタマゴを生ませて孵化させることで入手可能。


ポケットモンスター ソード・シールド

エキスパンションパス『冠の雪原』から登場。カンムリ雪原の「湖畔の洞窟」「ボールレイクの湖畔」に生息している。


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
5070100404030330

物理方面のステータスが既に優秀で、特に防御種族値は初期形態にして堂々の100。『ルビー・サファイア』でも特にクチートがいない『サファイア』では序盤から入手出来る貴重なはがねタイプであり、優秀な壁役として旅のお供をしてくれる。


ただし、4倍弱点が二つもあるので繰り出す相手は慎重に選ばなければならない。また、1回目の進化レベルが32と序盤に入手できるポケモンとしては遅めなので積極的に経験値を回していきたいところ。


尻尾らしきものが見当たらないにもかかわらず、アイアンテールはしっかり覚えられる。「どうやって繰り出しているんだ?」とツッコむのは野暮である。


Lv1ココドラ

『ダイヤモンド・パール』まではありふれた進化前ポケモンの一体に過ぎなかったのが、『ブラック・ホワイト』で特性「がんじょう」に「HP満タンからは一撃で倒されない」の効果が付いて以来、ガチ環境でも見かける位には恐ろしいポケモンへと変貌を遂げている。俗に言う、Lv1ココドラと呼ばれる戦法が誕生したのである。


相手に与えたダメージの一部を吸収する道具「かいがらのすず」と、相手の残りHP-自分の残りHPの固定ダメージのわざ「がむしゃら」を組み合わせる。


  1. 事前にすなあらしを起こすか、どくびしを撒いておく。
  2. Lv1のココドラにかいがらのすずを持たせ、先手で相手に攻撃される。
  3. がんじょうで耐え、HPが1になったところで後手からがむしゃらを使う。
  4. 相手のHPが1になり、ココドラはかいがらのすずで全回復。
  5. スリップダメージで相手だけが倒れる。

HPが満タンになったココドラは、何度でもこの手順を繰り返せるので、対策を怠ると3タテされかねない危険な戦法である。実際、『ポケモンスマッシュ!』では山本博(ロバート)がレッド吉田(TIM)とのダブルバトルでこの戦法を使用し、2つの先制技(ねこだまし、ふいうち)を擁するレパルダスとタッグを組み吉田のパーティを4タテしている(回復手段はかいがらのすず)。ただ、連続攻撃ややけどや特性のかたやぶりであっさり崩されるので、完全無欠の戦法という訳ではない。


使用トレーナー

アニメ版

  • ダイゴ:『アドバンスジェネレーション』第22話

漫画版


番外作品

ポケモンGO

  • 2018年1月24日にホウエン地方のポケモンの追加第3弾にて実装。丘陵地や山間地帯などの傾斜地に出現しやすい傾向にあるが、天候が「時々曇り」か「雪」の時には平地でもそこそこの確率で出現する様になる。


  • 同時に、やや集まりにくいいわタイプの勲章である「やまおとこ」を達成するのにも適しているが、はがねタイプより種類が多い事や晴天時に出現率の上がるイシツブテでもある程度は代用が利くという事もあり、利点としてはやや薄い。しかし、複合タイプ故に地域や季節に左右される天候「雪」以外で出現アップするのは嬉しい所である。

  • ココドラ自体の戦闘力はそれほどでもないが、最終進化系で強力なボスゴドラになるため、普段から積極的に捕まえて進化・育成用のアメを確保しておきたい所。
  • また、色違いのすがたが実装されている数少ないポケモンでもある。運良く捕まえられたら大切に取っておこう。

ポケパークWii

ケイブゾーンにて、トロッコのレールが一部無くなる事件が発生し主人公のピカチュウが探す事になるが、バリヤードの話を聞いて更にズバットからココドラの話が聞ける。その後、お腹を空かせた様子のココドラがいるため、周囲にある木箱からでてくる「てつのかたまり」を与えると、レールを破壊した犯人が判明する。

なお、この個体は「レールなんかより」と発言している事から、「レール」より「てつのかたまり」が好みと分かる。


アニメ版での登場

アニメでの鳴き声は「コッコー」という軽いいびきのような鳴き声になっている。


サトシの旅シリーズ

  • ダイゴのココドラ

アドバンスジェネレーション』第22話にてダイゴが進化の石を探している時に手伝っていたポケモン。

また、石の洞窟にはたくさんの野生のココドラが生息しており、眠りを妨げたサトシ達とロケット団を襲ったがダイゴに鎮められている。


野生のポケモンとして進化後と共に登場し、終盤で氷壁を食い止めるために他の野生ポケモン達と共に活躍。EDでは本作の悪役であるゼロが所有していたハイテク空中母艦・メガリバを群れで食べていた。


その他

アドバンスジェネレーション68・77話
ベストウイッシュ第143話
劇場版七夜の願い星(カップ)・ボルケニオンと機巧のマギアナ

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

サファイアの幼なじみポケモン(13章時点で10年前後と長い付き合いとなる)で、言葉の指示がなくても以心伝心で戦う事ができる。

サファイア曰く食いしん坊で、ツワブキ社長のポワルン(後にルビーに付いていくPOPO)を助けるために噴水の鉄を食べていた。石の洞窟での修行にてコドラに進化する。

13章にて、過去における元凶ボーマンダとそれにより狂わされた2人の運命をボールの中から見ていた事が判明した。


〈サファイアの手持ち〉
どらら (ココドラ→コドラボスゴドラ♂️)
ちゃも (アチャモワカシャモバシャーモ↔️メガバシャーモ♀️)
ふぁどど (ドンファン♂️)
えるる (ホエルオー♂️)
とろろ (トロピウス♂️)
じらら (ジーランス♂️)
きるる (キルリアエルレイド↔️メガエルレイド♂️)

関連イラスト

304 ココドラココドラのいやなおと!

可可多拉ワンドロココドラ


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンRSE ポケモンORAS

ポケモン一覧 はがねタイプ いわタイプ

コドラ ボスゴドラ メガボスゴドラ


0303.クチート(メガクチート)→0304.ココドラ→0305.コドラ


同複合タイプ


関連ポケモン等

関連記事

親記事

はがねタイプ はがねたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1129131

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました