ピクシブ百科事典

ダンバル

だんばる

ダンバルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.374
ぶんるいてっきゅうポケモン
タイプはがね / エスパー
たかさ0.6m
おもさ95.2kg
とくせいクリアボディ/ライトメタル(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Beldum
イタリア語Beldum
スペイン語Beldum
フランス語Terhal
ドイツ語 Tanhel


進化

ダンバルメタング(Lv.20) → メタグロス(Lv.45)

3メタ



容姿

青い鋼鉄の体であり、球体の頭部に三本のの脚部分と胴体が一体となった外見をしている。
また、頭部には赤い眼が一つだけある。

概要

所謂600族であるメタグロスの元になるポケモン。

細胞すべてが磁石になっており、身体から放たれる磁力で仲間と会話をする他、地球の磁力と反発させることで宙に浮いている。
お尻の爪は睡眠をするために崖に食い込ませる際や、磁力を用いて引き寄せた相手を引き裂く際に用いる。

ミニリュウヨーギラスなどと同様な大器晩成型で、最終進化形態が非常に強い半面、そこに至る迄の道のりは非常に険しい。
しかも、前者2種と異なりとっしん」しか自力では覚えないため育成には非常に苦労することになる。

初登場のルビー・サファイアではチャンピオンのダイゴの切り札がメタグロスとなっているが、元になるダンバルは野生に存在しない。
エンディング後にダイゴの家に行くとプレイヤーへのメッセージと共にダンバルが置かれている。
HGSSでもダイゴから交換してもらえる。ちなみにこのときこちらが交換に出すのはフォレトスなのだが、このときフォレトスのなつき度が最大だとはがねタイプについて熱く語る姿が見られる。毎日ぎゅーっとダンバルを抱きしめるらしい。

ちなみに捕獲率がむっちゃくちゃ低い事でも有名。
その捕獲率は驚きの3。早い話が伝説ポケモンと同等の最も低い捕獲率である。
(参考までにミニリュウ45である)
そのうえ技が「とっしん」であるため自ら体力を削り自滅してしまうことが多々ある。
技の都合上ゴーストタイプになす術がない為、さいみんじゅつで眠らせれば捕獲を狙いやすくなる。

なお、この捕獲率である為、『サン・ムーン』ではダンバルはヘビーボールに入らない
ヘビーボールは対象が軽いと捕獲率にマイナス20の補正がかかるのだが、サン・ムーンでは0以下の値があろうことか0として扱うことになっている(らしい)。
元が3しかないダンバルの捕獲率に20を引くとマイナスになってしまうので、計算式が途中で0になってしまい、捕獲不可能になってしまう。
それ以外の作品はちゃんと1として扱われているので捕獲できなくもないが、天文学レベルの超絶低確率なので、まず間違いなく無理。そしてそれ以外の作品(『HGSS』しかないが)ではダンバルにヘビーボールを投げることができない。
(なお、マイナスではなく割合による下降補正がかかる「ウルトラボール」にはきちんと入る
なお特性「ヘヴィメタル」を「スキルスワップ」で押し付けて無理矢理体重を倍にしてもダンバルは元が100kg未満なせいでプラス補正がかからない。
くろいてっきゅう」を持たせればという説もあったがあれは体重を増やすアイテムではない。かるいし」の逆版と勘違いしたのだろうか。

次作『USUM』では「つかまえポン」を使うことでヘビーボールに収まるようになったようだが、それでも超低確率であることに変わりはない。

ポケモンGOでは

2018年2月10日、第3世代実装第4弾として登場した。

予想通りの激レア枠で、ヨーギラスメリープなどと同じくらいの低出現率になっている。
それだけならまだしも、駅前や工場などの都市部に出現する傾向にあり、住宅地や河原付近などには殆ど姿を見せない。その為田舎ではまず見かけない。
天候を利用してもよいが出現率が上がる天候が強風のため中々発生しない。
10kmタマゴから頑張って孵すのが一番早いだろうか。

関連イラスト

猪突猛進

 

ダンバルの重さは95.2kg


チャンピオン ダイゴ



関連タグ

ダイゴ:彼の愛用のポケモンとしても有名。
厨ポケ600族:最終的にはここに行き着く。
ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ダンバル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 353552

コメント