ピクシブ百科事典

目次[非表示]

技のデータ

登場第1世代
タイプほのお
分類特殊
威力15(〜第4世代)→ 35(第五世代〜)
命中率70(〜第4世代)→ 85(第五世代〜)
PP15
範囲単体
直接攻撃×
効果1〜4ターン相手の行動を封じ(交代は可能)、ダメージを与え続ける(第1世代)
2〜5ターン(第2〜第4世代)→4〜5ターン(第5世代)ダメージを与え続け、交代できなくする


概要

 初代から存在する技。
 相手を炎の渦に閉じ込める拘束技の一種。

 初代では拘束技の仕様が受けている相手は行動できなくなると言うインチキ染みた効果だったので、リザードンファイヤーどくどくと組み合わせて嫌がらせする戦法で使われることがたまにあった。
 残念ながら当時環境は耐性は無く、大正義ふぶきだったが。

 第2世代からは今の仕様になっている。
 ただ、今の仕様になったせいで威力15が浮き彫りになってしまい、耐久型でも殆ど使用されなくなった。
 第5世代からは威力・命中共に強化され、それなりに使いやすくなった。

しかし、第6世代から他の拘束技同様ゴーストタイプは拘束できなくなった。一応、スリップダメージを与えることはできるが。

 『ポケモン+ノブナガの野望』ではゴウカザルシャンデラの使用わざに設定されており、相手を拘束する効果はないが、広範囲4,5連続の大ダメージを与える大技と化している。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

 本家だとそこまでの強さはなかったこの技だが、スマブラだと話は別。
 『DX』以降から登場するエンテイがこの技を出すが、その性能がどの作品でも凶悪なのである。

 『DX』『X』ではダメージがなんと72%。触れた相手に1%ダメージを連続して浴びせると言うものだが、『X』だと原作よろしく巻き込まれた時点で抜け出せなくなる。

for』では42%にダメージが下がったが、代わりに〆で10%ダメージを与えて吹っ飛ばす性能が追加され、強化されている。
どれくらいかというと、普通の重さであるマリオですらそれなりにダメージを受けた時点で巻き込まれた場合、撃墜はほぼ免れないといっていいだろう。

尚、他にも「ほのおのうず」を使うポケモンは登場する。
 『X』以降は、アチャモも使用。こちらは周囲に火を放つというもので、エンテイ程の脅威ではない。
 『for 3DS』のフィールドスマッシュでは、シャンデラが使ってくる。地形に沿って移動する炎を放つ技で、普段ならそこまで怖くはない。ただし、シャンデラに炎や闇の攻撃を当ててしまうと……

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧
ほのおタイプ
他拘束技
まきつく しめつける からではさむ うずしお すなじごく マグマストーム まとわりつく

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ほのおのうず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84399

コメント