ピクシブ百科事典

フリーズドライ(ポケモン)

ふりーずどらい

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種。
目次[非表示]

曖昧さ回避のため、タグ登録の際には必ず本記事名の形で行うようにお願いします。

データ

初出第6世代
威力70
命中100
PP20
タイプこおり
わざ分類特殊
攻撃範囲単体
直接攻撃×
備考10%の確率で相手をこおり状態にする。みずタイプに対しても効果抜群となる


概要

第6世代(XY)で追加された、相手を急激に冷やして攻撃する技。
自力習得するポケモンはフリーザーバイバニラフリージオアマルルガの4種のみ。
遺伝まで含めるとラプラスマンムー系統・デリバードが加わる。
さらにORASからはオニゴーリがレベル技で、
第7世代(SM)からはアローラロコン系統がタマゴ技で習得可能になった。
このようにこおりタイプのみ、ようやく2ケタの種族が使えるようになった希少な技である。
ドーブル?あれを数に入れるとややこしくなるので除外します。

威力は70と、「れいとうビーム(90)」や「ふぶき(110)」と比べるとかなり落ちる。
しかし、この技には本来なら半減されるみずタイプにも効果が抜群になるという特徴がある。
それまでこおりタイプのポケモンはみずポケモンに対する有効打を持たない傾向にあったため、大変画期的な技なのである。

逆にみずタイプによってこおり弱点を緩和してきたポケモンはこの技の登場により大きく割を喰っている。
具体的にはみずとくさじめんひこうドラゴンの複合タイプで、今まで等倍に抑えてきたポケモンから一気に4倍ダメージを被る可能性が産まれたのである。


ただし、欠点もある。
まず、威力70はやはり火力不足気味であること。
第5世代(BW2)以前の「めざめるパワー」と同じと考えれば、決して気軽に振り回せるものでもない。2倍弱点相手ですら一撃で倒しきれない可能性を考慮しておく必要がある。
しかも習得者が上述の通りな上、特にみずタイプ対面を苦手とする種族ばかりとあって割と所有を警戒される。場合によってはそれを前提にした「交換読み交換」すら視野に入ってくるほどである。

また、エンペルトやこおり複合に対しては等倍となってしまうため、みずタイプ全般に対して抜群で通せるわけではない点も注意しなければならない。
ラプラスやアマルルガはでんき技を習得できるが、これらの対策をするならば不一致でも「10まんボルト」を選択した方が火力が高くなるわけである。
こうした事から、「メイン技に据える」と言うよりは「対みずタイプのサブウェポン」として置くと活用しやすいだろう。


なお、この技をさかさバトルで使っても相性反転は起こらず効果抜群は維持されるが、
そもそもさかさバトル中は全てのこおり技がみずポケモンに対して抜群になるので
そんなことをする必要は無いといっていいだろう。

関連タグ

ポケモン ポケモン技一覧
フリーズドライ:一般名詞として。
フライングプレス:同期の複合タイプ技。

コメント