ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シャリタツ

しゃりたつ

『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン(キャラクター)の一種。
目次[非表示]

オレスシ……

基礎データ

全国図鑑No.0978
パルデア図鑑No.375
英語表記Tatsugiri
ぶんるいぎたいポケモン
タイプドラゴン / みず
たかさ0.3m
おもさ8.0kg
とくせいしれいとう/よびみず(隠れ特性)
タマゴグループすいちゅう2


スシスシー

概要

初登場は『ポケモンSV』。
寿司のような色合いをした魚型ポケモンだが、こう見えてなんとドラゴンタイプの一種。ただしその体はかなり小さく、力も弱い。
シャリのように見えるのは喉袋で、膨らませて自身が上に乗っかる事で寿司に擬態する。基本的には水棲で泳ぎも得意だが、陸上でも平気で這い回り活動可能。

"非力なドラゴンタイプ"は今や幾つも前例があるのだが、このシャリタツはそれを補う進化能力を持たない代わりに知能に長け、数あるドラゴンポケモンの中でも屈指の賢さ。

可愛らしい外見に反して食性は肉食で、主な獲物は鳥ポケモン。自分の弱さを知っており、常に単独では行動せず仲間と狩りをする。
弱ったエサのふりをして誘き寄せ、別のポケモンに襲わせるなど非常に狡猾である(それを象徴するかのように、オージャの湖には様々な種類のハネが至る所に落ちている)。

特に、体躯や力に優れるが頭が悪いヘイラッシャとは密接な共生関係を築いており、自身が参謀となりコンビで狩りをする他、彼らの口の中に棲まう事で外敵から身を守ってもらっている。

シャリタツのサイズ感


なお上述したようにかなり小さいポケモンだが、高さ0.3m/重さ8kgと、本物の寿司と比べると遥かにデカく重いため、箸などで摘むのは難しい…というかまず無理だろう。あくまで"ヘイラッシャ基準での"一口サイズといった所か。

名前の由来は寿司用語の「シャリが立つ」に「竜(たつ)」をかけたものと思われる。

スシスシ…

すがた

シャリタツコンプリート


以下3種類、色違いも含めると6色の姿があり、姿によってヘイラッシャの専用技「いっちょうあがり」に付与される追加効果も変わってくる。
どうやら誘き出す獲物の好みに合わせて、三色の姿に分かれていった模様。

すがた色/色違い元"ネタ"効果
たれたすがた赤/白マグロ/イカ防御↑
そったすがた橙/茶エビ/アナゴ攻撃↑
のびたすがた黄/紅玉子/サーモン素早さ↑

ちなみに2023年現在、純粋なマグロモチーフのポケモンは存在しない。

シースー!

ゲーム上の特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
6850601209582475

設定通り、合計種族値は475とドラゴンタイプの最終進化ではクリムガンバクガメスジジーロンといった無進化ドラゴンの合計485を下回る最弱。種族値配分と合計は全フォルム共通。
しかし、力は弱い分特殊面は中々の高さであり、必要無い部分を削ぎ落とした無駄の無い能力値となっている。

りゅうのはどうを始め、主要な水・ドラゴンの技も一通り覚えるが、タイプ一致技以外で覚える攻撃技は少なく、水タイプのサブ技として優秀なれいとうビームを覚えないのがネック。
キングドラウオノラゴンと比べると見劣りするスペックであるが、一方でちょうはつバトンタッチわるだくみおきみやげと補助技は豊富。

スシシシー

最大の特徴はダブルバトル専用特性『しれいとう』。
ダブルバトルヘイラッシャと共に出すと、ヘイラッシャの口の中に入ってそこから命令を出す。食べられているように見えるものの一体化する事で、自身は技を喰らわず使う事も出来なくなるが、元から高いヘイラッシャの全能力を二段階向上させる。

なお攻撃が当たらなくなるだけで場にいることは変わらないので、状態異常のダメージは入り、ほろびのうたのカウントは進んでしまう。また、先にシャリタツが倒れた場合は、普通に2匹目のポケモンを出すことができ、その場合でもへイラッシャの能力は下がらない。
そのため

  1. レベル1+持ち物どくどくだまのシャリタツとヘイラッシャを場に出す。またはHB最脆個体+持ち物くろいヘドロのシャリタツとヘイラッシャではない適当なポケモンを場に出す。
  2. 前者の場合は特に何もする必要はない。後者の場合、シャリタツに「こらえる」を使わせたうえで仲間がシャリタツに「とんぼがえり」系のわざを撃ち(必要なら敵からの攻撃も受けさせ)シャリタツのHPを1にした後、とんぼがえりの効果でヘイラッシャを出す
  3. いずれにせよ、これによりシャリタツはヘイラッシャと合体はするが直後にひんしになる
  4. ヘイラッシャの能力が上がり、シャリタツひんしで枠が空いたところに特性「きょうえん」のカラミンゴ or 「じこあんじ」が使えるポケモンを出し、能力変化をコピーさせる
というスシを補給したうえで味方にスシを分け与える非道なコンボも開発されている。
やめたげてよお!

ただし、これだけで3体分枠を取ってしまう上、見せ合いの時点でバレる可能性が高い。あくまでロマン重視の戦法と言えるだろう。
ちなみにランク戦などではできる限り役割は分散しない方がいいので併用が求められるが、自己暗示ととんぼがえりを併用できるのはネッコアラのみなので、カラミンゴを採用しない場合はネッコアラが選出されることが多い(ボルトチェンジと自己暗示の併用が可能なポケモンは今作には今のところ居ない)。

スシッスー

隠れ特性は『よびみず』。
水技誘導&水技を受けるとダメージを無効化し自分の特攻を1段階上昇させるもので、シングルバトルでも有用。
同じ特性を持つ他のポケモンと比べてもこちらの特攻の高さは随一である。
トリトドンも「よびみず」を持ち、シャリタツもトリトドン同様に「カウンター」と「ミラーコート」を覚える。とはいえそこそこ足が速くてアグレッシブな上に、そもそも複合タイプが違うため、トリトドンとはまるで使用感が異なることだろう。
なるべくほのお4分の1、みず無効の耐性を活かせるように積む隙のある対面を見つけたいところ。

もしシングルバトルで使うなら、低耐久を補う「きあいのタスキ」、火力を増強する「いのちのたま」が持ち物候補として目ぼしいところだろう。「こだわりスカーフ」を持たせてスイーパーとして運用するのもアリ。

テラスタイプは火力を追求できる一致のものやドラゴン対策ができるはがねは当然のこと、一致ウエポンと「ばかぢから」という技構成のマリルリを特性込みでシャットアウトできるどくも候補に挙がる。

なお、オージャの湖に生息するレベル51までの個体は攻撃技をミラーコートだくりゅうしか所持していないため、特性ちょすいドオーなど水技を無効化できるポケモンが物理技のみで攻撃すれば、中盤でも安定して稼ぎに利用することができる。
また、おきみやげで自滅することも多いためそれらのポケモン以外でもそこそこ高い確率で勝利できる。経験値をおいしくいただこう。
もっとも、捕獲したい場合は厄介な性質ではあるため挑発などで自爆を防ぎたいところ。

旅パにおいては火力、速度、一貫性、耐性、抜き性能に優れたアタッカーとして役立つ。特性がほぼ死んでいるのでとくせい厳選の必要が実質ないのも美味しい。

テラレイドバトルにおいてはカウンターを習得した物理アタッカー殺しと化している。
弱そうな見た目に油断した脳筋プレイヤーが返り討ちに遭う事例が多発している。
……テラレイド攻略のオススメの大半が物理アタッカー系なのも、原因のひとつではあるが。

ただし、野生の個体と違ってミラーコートを習得していないので、特殊攻撃アタッカーをぶつければみずやドラゴンに弱点を抱えているタイプでもない限り楽に倒せてしまう。
レイドバトル個体はカウンターとこうそくスピンというシャリタツのタマゴ技3つのうち2つを覚えているので、その辺りの遺伝の目途がたっていないなら例え通常特性でも1匹キープしておく価値はある。

ヌヌ?スシー

偽竜のヌシ

ペパー「『オレが ヌシー!』って 自己紹介してくれたらわかりやすいのにな!」

レジェンドルートで最もレベルの高い「偽竜のヌシ」に登場。

湖にポツンとある島にはたくさんのシャリタツがおり「スシスシー」「スシッスー」「スメーシー」などと鳴いているが、一匹だけ「ヌシヌシー」と鳴いており(体も他のシャリタツより一回り大きい)、話しかけると

「オレヌシー!!」

と、事前にペパーが冒頭のセリフを言っていたのを見事にフラグ回収してしまうほどの鳴き声をあげる。知能が高いって人語を理解しているという意味なのだろうか。
その直後、藪から棒に後ろから現れたヘイラッシャに食べられるような形で合体、そのままヘイラッシャとのヌシバトルが始まる。

一度撃破した後、シャリタツがスパイスを食べるために一度ヘイラッシャの口から出ていくが、戻ってきて再び食べられる―もとい合体。すると、スパイスの力でしれいとうの効果が強まったのか、それとも中で口移しでもしたのか、なんとヘイラッシャの方が強化オーラを纏って2戦目となる。
特性とスパイスの力で二重に能力が上がったヘイラッシャをバトルの末に撃破したのもつかの間、スパイスを回収しようとしたペパーが気配を感じて振り返るとまだぬしシャリタツが残っており、

「オ…… オ……」「オレモヌシー!!」

とオーラを纏い、執念の第3ラウンドにもつれ込む。ヘイラッシャを倒せたレベルなら苦戦はしないだろうが、物理と特殊の傾向が入れ替わるのには注意。

要するに上の自己紹介は出オチでも偽りでもなく、シャリタツ&へイラッシャのコンビで「偽竜のヌシ」の正体だったというカラクリ(とペパーが話を纏めるところまで一連の流れ)である。
…事前に二匹の関係性を知っていたり、マップ上の紹介がドラゴンタイプなのにヘイラッシャがドラゴンタイプじゃない(水単タイプ)ことに気付ければ展開を読めたかもしれない。

倒すと湖でヌシだった個体がいる。
前述の通り、特性厳選が必要無いのでここでゲットしておくと頼りになる。

オスーシー

余談

  • SVには大量発生という特定のポケモンが大量に出現し、同時に色違い出現率が上がるイベントが起こる。このイベントはシャリタツでも発生するのだが、何故かそったすがたのシャリタツしか大量発生しない(しかもアイコン上では他の姿のシャリタツであっても、実際に登場するのはそったすがた)ため、他の姿の色違いを狙う際は自力で探すしかない。幸い、同作にあるサンドウィッチを食べるで色違い確率を上げられるが、オージャの湖はみずタイプだけでなくドラゴンタイプのポケモンも多いため難易度は高め。
    • 尚、碧の仮面配信後はアイコン通りのシャリタツが出てくるよう変更された。バグだったのだろうか……。
  • とくこうの努力値が+2されるため、ドリンク代を節約したいトレーナにとっては努力値が振りやすいオージャの湖で彼らもまた狩られている。特攻は「知力」に置き換えられており、人気の高い魚料理がモチーフであることや、シャリタツ自身知能が高い設定もあるが……多分これは関係ないはず。


シャリ!シャリ!

寿司との関係

  • 英語版でもタツ+握り寿司で「Tatsugiri」とかなりわかりやすい名前で、ドイツ語でも「Nigiragi」(ニギラギ)、フランス語でも「Nigirigon」(ニギリゴン)とシャリが海外では伝わりにくいためか、欧米圏では握り寿司が名前の由来となっているようだ。
  • 寿司モチーフかつ意味を伴う鳴き声を操れるほど日本にかぶれているシャリタツだが、そうなると気になるのは各言語版でのローカライズ。
    • 英語版での彼らの鳴き声はなんと、日本語訛りの英語(いわゆるJapanglish)として表現されている。
    • 向こうではヌシのことを「Titan」(ギリシャ神話の巨神族に由来)と呼ぶのを反映してか、ヌシもしっかり「Taitaaan!」「Ai! Taitaaaaaan!」と名乗りを上げてくる。
国際寿司の日


  • 一方で島にいる通常サイズのシャリタツたちは「sushi」と「taitan」を混合させた鳴き声(「Suitan!」「Tashee!」など)となっている。
    • 中国語版ではヌシのことを「宝主」(Baǒzhǔ)と呼ぶのを反映してか、ヌシも似た発音で鳴いている。簡体字では「啵啾啵啾~」(Bojiū-bojiū)、繁体字では「啵朱啵朱~」(Bozhū-bozhū)と名乗っている。一方で島にいる通常サイズのシャリタツたちは簡体字では「嗖~嘶~」(Sōusī)、繫体字では「速~嘻~」(Sùxī)などと、おおむね日本語の音写となっている。
  • 寿司つながりの余談だが、カロス地方ミアレシティには「ローリングドリーマー」というからておうが店番を務め、ふりそでウェイトレスを担当する寿司の店がある。同店はアローラ地方マリエシティパルデア地方のいくつかの町にも存在する(ただし、飲食だけでバトルはできず、シャリタツで殴り込みできない)。
  • ペパーもヌシとの戦闘前にシャリタツのことを寿司と呼んでおり、寿司はパルデアの食文化にしっかりと根付いているらしい事がわかる。なお、シャリタツ自身の味のほどは不明であるが、オージャの湖の畔にいるとあるNPCが「なんていうか……その……おいしそうなポケモン見たよ」と述べており、シャリタツのことを美味しそうだと認識している人は一応いるようである。

生態に関する考察

  • コイキングヒマナッツと同じく図鑑上では「弱い」とされているポケモンだが、上記の通り種族値自体は特段低くはなく、特に特攻の高さにおいては並の最終進化系をも凌駕するほどである(というか、かの創造神とタメを貼れるレベル)。これで「弱い」とするならば大抵のポケモンが弱い扱いされてしまう気がしないでもない。
    • これに関しては、出現場所のオージャの湖は、説明不要の強さを持つギャラドスカイリューヌメルゴン、能力値的にはそれほどでもないが極めて攻撃的で凶暴なミガルーサなど人間にとって強いポケモン・危険なポケモンがうようよいるので、周囲のポケモンと比べると人間たちにとっては弱く見えるという意味合いなのだと思われる。
  • ポケモン世界でどうなのかは不明だが、我々の住む現実世界において、「水辺で寿司に擬態する」という行動はどちらかと言うと頭が悪い部類に入る。そのため「実はそんなに頭は良くないのでは」という疑惑がかけられることがあったり、あるいは「水辺で寿司に擬態するやつが知能上位のドラゴンポケモンって…」とドラゴンポケモンたちの知能を心配する声も。何せドラゴンタイプには多くの伝説ポケモン最強種族の大半がいるのである。「トップクラス」がどのレベルかは不明だが、大丈夫かドラゴンタイプ。とはいえ伝説ポケモンは研究者といえどもそうそう簡単に比較データが取れるとは思えないため、あくまで「調査可能な範囲内(=非伝説)でのドラゴンタイプ」の中でも賢いという見方をするのが妥当だろうか。ちなみにそのドラゴンの一匹であるカイリューは人間と同レベルの知能を持つと言われている。あれ?
    • なお、本来は寿司自体に擬態しているというよりも自身が弱ったフリをして囮になってるのであり(実際、バイオレット版のたれたすがたの説明文には「死んだふりで相手をだます」と書かれている)、更にはヘイラッシャと連携で狩りをし、互いの弱点を補い合いながら生活するため、その点では賢いと言える。寿司に擬態しているように見えるのも、あくまで人間の視点からそう見えているだけ(つまり、偶然似たような姿になっただけ)で、本人たちは寿司のことなどまったく知らない可能性だってあるのだ(だったら鳴き声の「オレスシ」は何なんだというツッコミはあるが)。
  • 自分が餌のふりをして相手をおびき出すという手法は、一歩間違えれば本当に自分が餌として捕食されてしまうリスクとも隣り合わせということでもある。作中では描写がないが、ヘイラッシャとの連携がうまく取れずにそのまま捕食されてしまう個体もそれなりに存在しているのかもしれない。
シャリタツの子育て


  • ゲーム中では、システムの都合もあってか、ヘイラッシャとの連携はバトルをしている最中にしか拝めない上に、野生の個体はこちらを確認すると一定時間擬態のポーズを取った後でその場から一目散に逃げ出してしまうため、図鑑説明などでも語られる狡賢さのようなものは実感しにくい。
    • 人によっては、逃げているように見せかけてヘイラッシャの待ち伏せている場所に誘導しようとしているのではないかとする解釈もある。もちろんゲーム中ではそんなことにはならないが、ヌシ戦での描写を見ると強ちありえない話とも言い切れないだろう。
    • 一方で、こうした個体は、ヘイラッシャとコンビを組めなかった云わば逸れ者で、身の危険を感じて本当にその場から逃げているのではないかという解釈もある。ヘイラッシャとシャリタツの生息数の比率がどうなっているのかは不明だが、仮に生息数に大きな隔たりがあり、シャリタツと比べてヘイラッシャの生息数が圧倒的に少なかったりすると、コンビを組めなかったり、別の個体とのヘイラッシャを巡る競争に敗れるなどしてそうした個体が出てくる可能性は十分に考えられる。

二次創作での扱い

  • 登場して間もないながらも、寿司をデフォルメしたような可愛らしい外見から瞬く間に人気が上昇し、非常に描きやすいデザインである事もあってか2023年6月現在では900件を超えるイラストが投稿されている。人語に似た鳴き声である事からも二次創作のストーリーを作りやすいというメリットもあるのだろう。
  • 一方で、寿司に見える姿から実食してみたいという猛者ヘイラッシャと共に行動するという設定から、とくせいパッチを使ったNTRものを描くファンもおり様々な層の新たな扉を開いているようである…。
    • 二次創作においては、パッチを使って特性を「よびみず」に変えられてヘイラッシャとコンビを組めなくなった個体の悲劇がよく描写される傾向にあるが、実際の生態において「よびみず」持ちの個体がどういった扱いを受けているのかは不明(というか、シャリタツに限らず隠れ特性持ちのポケモン全般に言えることだが)。一般的にはヘイラッシャとコンビを組めないために周囲の他の個体からは蔑まれ、淘汰される存在として描かれることが多いが、中には「実は寧ろその逆で、誰に頼ることもなく1匹だけで過酷な生存競争を生き抜いてきた猛者なのではないか」という解釈もある。
  • 知能の高さや、原作での駄洒落めいた鳴き声から、二次創作内では(片言ながらも)人間の言葉を当たり前のようにベラベラ喋っていることが多い。もっとも、賢いとはいえシャリタツが本当に人間の言葉を喋れるかは公式でも明言されていないため、人によっては二次創作内でのこうした設定に違和感や抵抗感を抱く者も少なくない。作品を投稿する場合は、予め最初のページなどで「シャリタツが人語を喋れる設定で描いています」等と一言断りを入れておくのが望ましいだろう。
  • 全体的に丸みを帯びた体型をしていることもあってか、2023年に一大ブームを巻き起こしたあの魚とセットで描かれることも増えている。
怪しい奴。



その他

  • デザインを担当したのは、ジェームス・ターナー氏。前作『剣盾』ではアートディレクターを務めていたことでも知られる。氏は本作ではシャリタツの相方であるヘイラッシャの他、パルデアケンタロスや、オーリムフトゥー博士のデザインも手掛けている。
  • メインモチーフが寿司であることは既に述べた通りだが、生物としてのモチーフはその生態から、魚の体表や口内の寄生虫を掃除し共生するホンソメワケベラや口内に寄生するウオノエ、あるいは「寿司に見える」という外見も加味すると、ウオノエの遠縁の親戚であるウオノシラミあたりがモチーフではないかと推測されている。
    • 陸上での跳ねるような移動方法や鰭の形はトビハゼにも似ており、さらに目立つ色の姿で獲物をおびき寄せる生態は釣りに使うルアー(擬似餌)を思わせる。
  • タマゴグループは魚類系が所属するすいちゅう2なので、公式的にはどちらかといえばドラゴンというよりは魚扱い寄りであるらしい。
  • 2023年8月にポケモンWCS横浜大会の開催を記念して、のびたすがたのシャリタツ(当然プレシャスボール入り)が前年度の優勝者の使っていたトリトドンと共に配布される予定。
    • なお、シャリタツは同大会のロゴにもヘイラッシャ共々描かれており、ある意味で大会を象徴するキャラとして扱われている。
  • その人気からグッズ化を熱望する声も多かったが、公式の側もこうしたファンからの需要の多さを受けてか、2023年にステッカーが販売されたのを皮切りに、様々なグッズ展開がなされている。クレーンゲームの景品という限定的な形ながら、待望のぬいぐるみも発売され、その後ポケモンセンターで通常販売されるぬいぐるみとしてもシャリタツのすがた違い全種がラインナップ入りした(この際には、Twitterのトレンドにも“シャリタツ”が入るなどファンは大いに盛り上がった)。
シャリタツとクレーンゲーム



  • そして2023年8月には、全国寿司チェーン「くら寿司」とポケモンがコラボ。シャリタツ3種の姿をモチーフにした寿司ネタが登場した。

シャリタツくら寿司



関連イラスト

シャリタツ可愛すぎる✨🍣
シャリタツ かわいい


シャリタツlog(3枚)
ちいさいシャリタツのはなし【03】



スメーシー

関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンSV 
ポケモン一覧 ドラゴンタイプ みずタイプ

0977.ヘイラッシャ0978.シャリタツ→0979.コノヨザル

同複合タイプ


パルデア地方ヌシポケモン

No異名該当ポケモン
0950岩壁のヌシガケガニ
0962大空のヌシオトシドリ
0968潜鋼のヌシミミズズ
0984土震のヌシ(S)イダイナキバ
0990土震のヌシ(V)テツノワダチ
0977/0978偽竜のヌシヘイラッシャ/シャリタツ


関連ポケモン等


スシースシー

関連記事

親記事

ドラゴンタイプ どらごんたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15749463

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました