2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

タツベイ

たつべい

タツベイとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.371
英語名Bagon
ぶんるいいしあたまポケモン
タイプドラゴン
たかさ0.6m
おもさ42.1kg
とくせいいしあたま / ちからずく隠れ特性


進化

600族チャレンジ③


タツベイコモルー(レベル30) → ボーマンダ(レベル50) → メガボーマンダ(メガシンカ、ボーマンダナイト)

概要

タツベイの夢
大空はキミのもの他


竜の赤ちゃんのような姿をしたポケモンで、群れを作らず1匹で暮らす。
を飛ぶ事にあこがれており、毎日練習として何度も高い崖から飛び降りた結果、岩をも粉々に砕く強靭な石頭になった。

小さくとも全身の筋肉は発達しており、どれほど頑張っても空を飛べない悔しさを晴らすかの如く、よく頭突きであたりの岩などを砕いているのだという。
ただし、空への憧れは自身の遺伝子の影響によるものであり、頭突きによって細胞や遺伝子を刺激しているとする説もある。

頭でっかちなので、転んだら稗田八方斎のように起き上がれなくて悶えそうである。
体重がフカマルの2倍以上あるのも、大半は頭の重さだと思われる。

ゲームにおける特徴

初登場は『ルビー・サファイア』。
ホウエン地方ではりゅうせいのたきにある最奥部の部屋でのみ低確率で出現する。出現場所を特定しづらくトレーナーも1人しか使ってこないため、中々見つけられない人が多かった。
その他の地方でも山や崖などの高地に多く出現し、平地では殆ど見かけない。やはり飛び降りる修行をしているのだろうか。

『プラチナ』や『HGSS』でモンスターボールから出る時のモーションは一見の価値あり。

ステータスは攻撃が高め。
ボーマンダと違い、特性「いしあたま」により自力で覚える「すてみタックル」を無反動で撃てる。これは進化形コモルーも同じ。
しかし、『ダイヤモンド・パール』で「ドラゴンクロー」(タイプ一致で「すてみタックル」と同威力)が物理化したため、有効範囲の関係もあって実質すてみタックルは下位互換となってしまい、いらなくなってしまった。
……のだが、この技は後々とんでもない活用方法が見つかることになる。

ちなみにボーマンダの図鑑説明の中に「火を噴きながら空を飛ぶ」という文があるためか、ほのおタイプを持ってないポケモンの中では珍しく「ひのこ」をレベル技で習得する……のだが、XYまではLv25という誰得な遅さの習得であった(しかもレベル技で習得するほのお技はこれ以外無かった)。
流石にこの遅さには問題があったためか、ORASからはLv4というほぼ初期技と変わらない早さになり、さらにLv44で「かえんほうしゃ」を習得するようになった。
……ただ、そこまで育つより前に技マシンを拾っている方が早いケースが多いかもしれないが。

バイオレット』では東3番エリアの洞窟の特定エリアから無限に湧いて来る個体をレッツゴーで狙えば放置で色違いを入手できる。

使用トレーナー

アニメ版


漫画版

番外作品

ポケモンGO

  • 2018年2月10日、第3世代実装第4弾の1匹として登場した。
  • やはりというべきかレアキャラで、出現率は同期のダンバルより少し高い程度。平地出現なのでミニリュウのように水辺など特定の場所で粘るという手が使えないのが辛いところ。天候ブーストは強風なのだが、その天候の場合そもそも外に出歩くのが少し厳しいのであまり無理をしないようにしたい。タマゴからも孵化するが、これまた一番レアな10kmタマゴからしか孵らないので、入手は困難。
  • ただ、後述するコミュニティ・デイで大量発生したほか、2019年12月~2020年1月初頭にかけてはGOロケット団幹部の1人であるアルロを倒した際に捕獲できるようになった。
  • また、2020年8月上旬に行われたドラゴンウィークでは後述のコミュニティ・デイほどではないにしろ、野生の個体の出現率がアップし、さらにイベント限定のタスクをこなすとタツベイが入手できた(タスクの内容は、「エクセレントスローを1回投げる」というもので、判定が広めのレックウザあたりを狙えば比較的達成しやすいものだった)。しかもタスクの報酬なので高個体が狙いやすいというオマケつき。さらにさらに、期間中は★4のボスとして進化系であるボーマンダもボスとして登場した。こうしたこともあり、以前と比べて入手・育成の難易度は大幅に下がっていると言える。
  • コミュニティ・デイ
PokemonGo寶貝龍社群日特輯
4.13コミュニティ


    • そんなタツベイであったが、2019年4月13日開催のコミュニティ・デイの対象に選ばれた。これにより、街中に大量のタツベイが出現、このイベントに参加してアメ集めに勤しんだ方は、今後進化・育成にそこまで苦労しなくなったことだろう。御多分に漏れず色違いも出現したため、こちらを集めようと街中を必死に歩き回った方も多かったはず。
    • また、これに先駆ける形で同年3月29日からはギラティナ(アナザーフォルム)の復刻に合わせる形でレイドボスにも選ばれている。レベルは★1とソロでも手軽にクリアできるので、コミュニティ・デイの前哨戦もかねて挑戦した方もいたことだろう。
    • ちなみに、やはりというか、当日はレアポケモンであるタツベイをゲットしようと多数のプレイヤーがアクセスした結果、サーバーに負荷がかかってアクセス障害が発生するという事態が起こり、開催時間が2時間延長されるという措置が取られた。
    • なお、日本では翌5月から元号令和へと変わるため、平成最後のコミュニティ・デイの担当という大役を担うこととなった。
    • また、サンケイスポーツ新聞と初のタイアップが行われ、イベント開始前にタツベイのコミュニティ・デイを特集した号外が配られるということがあった。これ以降も何かしら特別なイベントが行われる際には同新聞から号外が配られることがある(ちなみに、この号外ではなぜかUMA扱いされていた)。
    • これ以降もポケモンGOでは何かしらイベントが開かれる際に度々サンケイスポーツとのタイアップが行われている。

アニメ版

  • ミシェルのタツベイ
    • AG43話で登場。空を飛ぶ事に憧れ、崖から飛び降りた所をサトシ達と出会う。ピカチュウの「アイアンテール」を受け止めるほどの石頭を持ち、それに目を付けたロケット団に捕らわれてしまうが、当のタツベイは「空を飛べた」と大喜び。サトシ達に救出されるもピカチュウが捕まった際にはロケット団が残していったジェット噴射機で空を飛びキモリと共に追ってロケット団を撃退。直後にコモルーへと進化した。


  • ショータのタツベイ
    • XY73話から登場。ルチャブルの「からてチョップ」を弾き返してしまうほどの頭の堅さを誇る。サトシとの戦いでは決着がつかず、マーシュとのジム戦では相性もあって敗北する。サトシとの再戦ではピカチュウと相対するが、「アイアンテール」で叩き割られ敗れる。XY106話でコモルーに進化。

アニメ版
AG174話
DP10話・27話・50話
SM86話・130話
劇場版裂空の訪問者

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

4章の海底洞窟でマグマ団したっぱのポケモンで、また同章でゲンジのポケモンでも登場している。


関連イラスト

努力はいつか、
大きな夢



関連タグ

ポケモン一覧 ドラゴンタイプ

370ラブカス371タツベイ→372コモルー 

600族
ヨーギラスタツベイダンバルフカマル

関連記事

親記事

ドラゴンタイプ どらごんたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 720777

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました