ピクシブ百科事典

コモルー

こもるー

コモルーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.372
英語名 Shelgon
ぶんるい にんたいポケモン
タイプ ドラゴン
たかさ 1.1m
おもさ 110.5kg
とくせい いしあたま / ぼうじん夢特性


※いしあたま:攻撃して与えたダメージに応じて自分も反動でダメージを受ける技の反動ダメージを受けない
※ぼうじん:あられすなあらしによるダメージを受けない。粉・胞子系の技及び、特性ほうしを無効化する。(第六世代以降)

進化

ぴょん


タツベイコモルー(レベル30) → ボーマンダ(レベル50)

概要

『ポケットモンスター ルビーサファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。
大空を飛ぶことを夢見たタツベイが、何故か全身を殻で覆われるように変化してしまった。

一種ののような白いに短い四肢が付いた姿をしている。殻の中心には六角形の穴が開いており、そこから鋭い眼がのぞいているだけという、得体の知れないものとなっている。

体を覆っている殻はのようなもので、のようにとても堅くあらゆる攻撃を跳ね返す。
ただ、丈夫過ぎてとても重く、少し動きが鈍くなってしまう。

この殻の内部では、細胞が絶えず変化し新しい体を作っている最中であり、ほら穴で身を潜め餌をほとんど食べずに進化を待っている。
そして空腹を耐えることでより強くなって行き、進化する瞬間に殻が剥がれ落ちる。
名前の由来も、恐らく「籠もる」であろう。


第3世代に登場する所謂大器晩成型の1匹。もう一匹はダンバルである。
第1、2世代に登場したミニリュウヨーギラスよりは幾分か楽にされたが、
それでも他の3形態で進化するポケモンの中では、ワーストクラスに入るかなり遅い進化である。
とにかくプレイヤー側に我慢が要求される。

またサナギラス同様、むしタイプでもないのに蛹ポケモンになるのはどういった領分なんだろうか。
その為、当時のプレイヤー達からは、変なむし系統のポケモンにならないかと、心配させられたポケモンでもある。これもサナギラス同様大いにその不安を打ち破り、強力なポケモンに進化した。
少々エネルギーが余りまくって暴走気味ではあるが・・・

一応蛹ポケモンだが、ドラゴンである為初期虫の最終形態よりも種族値合計が高い。
色違いは、四肢の色が黒色ではなく緑色になり、白い殻は少し赤みがかった温かみのある色となった。

ゲーム上の特徴

進化したことで全体的にステータスは上昇した。「こうげき」もさらに高くなり、進化後における「こうげき」の驚異的な高さの片鱗をうかがうことが出来る。
また「ぼうぎょ」の種族値は"100"と一気に跳ね上がり、進化後のボーマンダよりも高い。

が……それだけなので、素直に進化させた方がいい。
一応とくせいを利用した「とっしん」や「すてみタックル」は強力だが、後の作品ではコモルーの長所だけを抽出した更なる姿になれるので、やはり進化させた方がよい。

一応おしえ技で「てっぺき」を覚えられるのは、この時期だけとなっている。

主な使用ポケモントレーナー

ゲンジ / 四天王(ホウエン)

関連イラスト

【ぴくトレ】クロムの里帰り【企画】
めざめるパワー!



関連タグ

ポケモン一覧 ドラゴンタイプ
ポケモン RSE
クルマユ - 引きこもり仲間

関連記事

親記事

タツベイ たつべい

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コモルー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133557

コメント