ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヒスイヌメイル

ひすいぬめいる

ヒスイヌメイルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。ヌメイルのヒスイのすがた。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0705
ヒスイ図鑑No.116
パルデア図鑑No.173
キタカミ図鑑No.179
ぶんるいマイマイポケモン
タイプはがね / ドラゴン
たかさ0.7m
おもさ68.5kg
とくせいそうしょく/シェルアーマー/ぬめぬめ(隠れ特性)

進化

ヒスイヌメルゴンたち

ヌメラヒスイヌメイル(ヒスイ地方でレベル40)→ヒスイヌメルゴン(レベル50以上で天候が雨か雷雨の時に進化)

※通常種と進化条件は同じ。


概要

ポケモンLEGENDSアルセウス』に登場するポケモンで、ヒスイ地方の環境に適応したヌメイルヒスイのすがた

ヌメラはお馴染みの姿だった事もあり、初見の時は特徴的な変化に驚いただろう。


現代のヌメイルには存在しない金属質の渦巻いたが下半身と一体化しており、名実ともにナメクジへ変わる前のカタツムリに立ち戻った。

どうやらヒスイの水質に含まれる独自の成分が彼らの粘液に作用した結果、このような殻を作り出す生態になったらしい。

地味なところでは目と頬の丸模様の色が、緑色から青緑へと変色している。


もちろん非常に高い防御力を持っているが、ヌメイル自身にとっても相応に重いらしく、よほどの事が無い限りは殆どその場から移動しない(できない)。

その「よほどの事」であってもやはりその重さを引きずるのは避けたいようで、一気に移動する場合、何と全身を殻に収納したまま転がって進んでいる。


そんな生活の為か性格は陰気で、目つきもジト目になっている等、原種で説明されていた無知能な印象はあまり感じない。


物理攻撃をする際には、首の力で逆立ちし、反動をつけて勢いよくジャンプ。その勢いのまま殻を叩き付ける。

ジャンプするカタツムリ」と「殻を振って攻撃するカタツムリ」はそれぞれ実在するが、両方同時にやってのけるとは、仮にもドラゴンだけに相当な膂力である。

ちなみに、現実において後者の特徴をもつカタツムリはわずか2種だが、そのうちの1種エゾマイマイが生息するのは、ヒスイ地方のモチーフ北海道である。


使用トレーナー

ゲーム版


関連イラスト

ヒスイヌメイルヒスイヌメイルに乗って

🦖🐌まいまいねじまき まみむめも


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン LEGENDSアルセウス

ポケモン一覧 はがねタイプ ドラゴンタイプ

リージョンフォーム ヒスイのすがた


0704.ヌメラ0705.ヌメイル/ヒスイヌメイル→0706.ヌメルゴン/ヒスイのすがた


チョボマキ:ぶんるいが同じ

オムナイト/オムスター:平巻きの殻を持つポケモン


同複合タイプ

ディアルガ/オリジンディアルガ

ジュラルドン/キョダイマックスジュラルドン/ブリジュラス

関連記事

親記事

ヒスイのすがた ひすいのすがた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 852540

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました