2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ヒスイガーディ

ひすいがーでぃ

ヒスイガーディとは、ヒスイ地方におけるポケモン「ガーディ」のリージョンフォーム。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.058
ぶんるいみはりポケモン
タイプほのお/いわ
たかさ0.8m
おもさ22.7kg


進化

無題


ヒスイガーディヒスイウインディ(ほのおのいしを使う)
※通常種と進化条件は同じ。

概要

ポケモンLEGENDSアルセウス』に登場するポケモンで、ヒスイ地方の環境に適応したガーディヒスイのすがた

狛犬を思わせる容姿が特徴で、原種と比べると体色が茶色がかった濃いオレンジ色になっている。
体毛も原種と比べて目元が隠れるほど長く丸みを帯びた、火山活動の影響で火成岩を含んだものになっており、柔らかく保温性に長けるため寒冷地のヒスイでも元気に活動できる。

頭頂部にはで出来た小さなツノが生えており、硬くて鋭いが欠けやすくもある為、いざという時にしか使わない。

あまり人と触れ合う事がなかった影響で警戒心が強く、モチーフの狛犬の如く2匹1組で縄張りを見張る姿も目撃されている。

余談

対の関係だったロコンから遅れること5年、ようやくガーディにも派生形態が実装された。

これまでのカントーほのお単タイプのリージョンフォームは全く別のタイプ1つになった後、進化するとそれにフェアリーが追加される傾向があったが、ガーディはこれに倣わず最初から複合タイプな上に元のタイプをしっかり残している。そして進化してもフェアリーにはならなかった。

モデルは上記の様に北海道と全く関係ない狛犬で、ツノもモデルの狛犬あるいは獅子に存在していた要素である。以前からガーディは狛犬がモチーフではないかと言われていたが、ここにきて本当にその要素が取り入れられた形になる。
北海道的な要素ではアイヌ民族のもとで育った犬種である北海道犬、あるいは北海道に生息していた絶滅動物エゾオオカミがモデルになっていると思われる。
現代で姿を消しているという意味ではエゾオオカミの方が有力だろうか。

またこのポケモンの複合タイプは攻撃面では優秀で耐性も多いが、4倍弱点が2つもある尖った組み合わせである。

関連タグ

LEGENDSアルセウス
ほのおタイプ いわタイプ
ガーディ ウインディ
リージョンフォーム ヒスイのすがた
マグカルゴ トロッゴン/セキタンザン…複数タイプが同じ。ただし、進化して初めて複合になる彼らと違ってヒスイガーディは最初からほのお・いわタイプ。

超古代狛犬怪獣ガーディー:名前が似ている。

関連記事

親記事

ヒスイのすがた ひすいのすがた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒスイガーディ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒスイガーディ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1495035

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました