2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケモン LEGENDS アルセウス』の舞台。
これまでの本編シリーズからは遥か昔の時代の呼び方で、未来ではシンオウ地方と呼ばれることになる。

昔ゆえ、DPtで描かれた「シンオウ地方」の時代と比べると殆ど人の手が入っておらず、都市の発展具合にもだいぶ差があるものの、テンガン山など面影を感じる地形も存在する。
住民たちの出身地も様々で、会話の中でカントーホウエン、果てはアローラガラル等、比較的直近の作品で登場した地方の名前も出てくる。
しかし、人の手が入った事を抜きにしてもあまりにも現代とは地形が違いすぎる(本来高地にあると思しきキッサキ神殿やエイチ湖が低地にあるなど)。これに関しては、メディアが異なるが故に地形の見え方も異なると解釈すべきか。
また、ヒスイは東側の地形が三日月状になっているのに対し、シンオウは北海道の地形に近くなっている事を考えると隕石が衝突して変形したのではないかと考察するユーザーも一定数いる(現代のトバリシティ隕石が確認できる事から生まれた説である)。

現代のシンオウ地方とは生態系にも差異が多く(後述)、現代では別地方にしかいない種族のポケモン現代では見られない姿や進化形態を有する種族などが、多数確認されている。
これらの現代の差異の理由の一つに現代シンオウの環境の変化(開発や利用鉱石)に加え、ヒスイバクフーンの図鑑解説によると霊山(おそらくテンガン山)など霊的エネルギーの影響もあった模様。

逆に、科学文明ありきの工業系ポケモンや人工ポケモン化石ポケモンなどは時代背景からしてまだ存在していない模様。
一方、各地ではアローラを思わせる"時空の歪みや裂け目"なる現象が発生しており、ごく稀に異なる時代の人間やポケモンが迷い込む事例も確認され、その逆も起こっているらしい。

また人々の間では、現在を尊び時の神を信仰するコンゴウ団と、土地を尊び空間の神を信仰するシンジュ団という二つの派閥が設立されており、思想の違いから時には対立する事も。
その中で、不思議な加護による特別なポケモンたちのお世話をするキャプテンという役職も設立されている。

作品中にはアルセウスフォンが登場するが、これは機械というより神器であり、通信に使われる通信塔(鉄塔)的な建造物も当然存在しない。

名前の由来は、昔翡翠の産地でもあった為…とかではなく、「深奥(しんおう)」にかけた「秘邃(ひすい)」という意味なのではという説もある。
ちなみに偶然だろうが、映画みんなの物語にはヒスイと言う名前の人物が登場する。

基本的に登場人物の出自に関しては「○○地方出身」という表現に留まり、国名や民族名や人種名が明示されていなかったシリーズにおいて、デンボクの口から自身やコンゴウ団・シンジュ団などヒスイ地方に生きる人々の総称として、(旧名ながら)初めて日本人(アイヌ)」に相当すると思われる「カミナギのたみ」という呼称が語られている。
コンゴウ団シンジュ団が便宜上の先住民族となっているが、実は彼らもまた古代にシンオウ地方に渡ってきた民族であり、それぞれが自らの正当性を強める為に「カミナギのたみ」を名乗ったに過ぎない(『ふるいポエム』より)。

彼ら以前には古代シンオウ人が『カミナギの町』と呼ばれる場所を中心に暮らしていたが、いつしか衰退してしまったという。また、上述のポエムの作者によれば『シント』に似た地域らしい。

ヒスイ地方の名所一覧

英語名シンオウ地方での該当エリア備考
コトブキムラJubilife Villageコトブキシティ


地域名

※各地域の詳細なエリア名はリンク先を参照。

地方・エリア英語名シンオウ地方での該当エリア備考
黒曜の原野Obsidian Fieldlandsシンジ湖マサゴタウンハマナスパーククロガネシティソノオタウン
紅蓮の湿地Crimson Mirelandsノモセ大湿原ズイタウン周辺
群青の海岸Cobalt Coastlandsトバリシティナギサシティ、その周辺の海域
天冠の山麓Coronet Highlandsテンガン山ハクタイシティ
純白の凍土Alabaster Icelands217番道路エイチ湖キッサキシティ
古の隠れ里Ancient Retreat210番道路215番道路

その他の地方

ポケモンシリーズ


外伝・派生作品


余談

現代シンオウとの生態系の違い

現代のバトルゾーンを除いたシンオウ本土で野生出現する種の中で、ヒスイ時代に確認されていない種は以下の通り(プラチナのシンオウ図鑑/全国図鑑基準。BDSPの地下大洞窟はカウントしない)。

以下のポケモンはホウエンやカントーといったヒスイよりも暖かい地方に生息するポケモンが多く、その総数もヒスイ時代と比べて遥かに膨大であり、ヒスイ時代と比べて気温が暖かく、他地方のポケモンにとっても住みよい環境に激変した事を伺わせている。

彼らがどのようにして定着したかは不明だが、海を移動できるみずポケモンや翼を持つ鳥ポケモンが定着した理由は容易に想像が付く。ミルタンクのように人の生活に密接に関わっている種や元ネタからして外来種の匂いしかしないヘイガニなど人為的に定着したと思しき種もいくつか確認できる(過去にも人間の生活を手伝う為に連れてこられた種が定着した例がある)。
意外にもフクロウモチーフのホーホー族はヒスイ時代からの在来種というわけではないのである。

もしくは現代ほど開拓されていなかった為にヒスイ時代には確認されていなかったという事もあるのかもしれない。
それにしては第1世代から第4世代のポケモンで統一されているが、これは大人の事情という他ないだろう。

この他、通常プレイではロコンリングマに出会えないが、ダブルスロットを使えば出現する辺り、細々と生き残っている模様。

また、第1世代から第3世代までの化石は技術の進歩に伴い後世になってから初めて発掘されている他、三鳥も現在の環境になってからシンオウに来訪している。
なお、レジ系の眠る洞窟はヒスイ時代には確認できず、いつ建造されたのかは不明(単に見つかっていないという可能性もありうるが)。

通常プレイ


水上/釣り

じまんのうらにわ

ノモセだいしつげん

ダブルスロット/ポケトレ

大量発生

第5世代以降のポケモンの生息数

上述した通り、ポケモンBW以降のポケモンも確認されているが、やはりその数は少なく、

  • カロス地方で初確認とされたポケモンは、ヌメラ系統、カチコール系統、ニンフィア
  • アローラ地方は、別地方から連れてこられたモクロー系統とアローラロコン
  • ガラル地方に至っては一体も登場しない。

その他

ヒスイ地方において地下大洞窟がどのようになっているかは不明である。
地下通路に関してはほぼ間違いなく、近世に掘られたものであろうが、空洞に関しては自然に形成された可能性も否定できない。

関連タグ

ポケモン ポケモンの世界・地方
LEGENDSアルセウス シンオウ ヒスイ御三家 ヒスイのすがた 試される大地

関連記事

親記事

シンオウ しんおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒスイ地方」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒスイ地方」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1617940

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました