ピクシブ百科事典

タネボー

たねぼー

タネボーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.273
英語名Seedot
ぶんるいどんぐりポケモン
タイプくさ
たかさ0.5m
おもさ4.0kg
とくせいようりょくそ / はやおき / わるいてぐせ(隠れ特性)


※ようりょくそ:天気が「晴れ(日差しが強い)」の時、「すばやさ」が2倍になる
※はやおき:「ねむり」のターンが通常の半分になる
※わるいてぐせ:直接攻撃を受けたとき、与えた相手の持ち物を奪う

進化

タネボーコノハナ(Lv.14) → ダーテング(「リーフのいし」を使用)

間違った親心



概要

ドングリのようなポケモン。
くさタイプの攻撃技を自力では一切覚えない。「タネマシンガン」や「やどりぎのタネ」などは遺伝技に設定されている。
その代わり「がまん」しつつ「だいばくはつ」までしでかす。種の「だいばくはつ」とは。
木にぶら下がり養分を吸い取る寄生植物のような生活を送っているが、「すいとる」は使えない。
くさタイプでありながら木の実だと思ってついばみに来た鳥ポケモンを驚かせるという命知らず。
ホウエン地方では『ルビー』『オメガルビー』にしか登場せず、『サファイア』『アルファサファイア』にはハスボーが代わりに登場する。
『エメラルド』にも出現しなくはないが、大量発生限定のポケモンである(しかも遺伝技「やどりぎのタネ」などを覚えた個体が発生することがあったりする)。

第4世代までは進化させずに育てることで「だいばくはつ」を覚えられるので、進化させないメリットが多少あったが、わざマシンが何度でも使えるようになり、かつ「だいばくはつ」が弱体化した第5世代以降その意義は薄れてしまった。
一応「こうごうせい」はタネボー限定だが教え技にもあるという。

ポケモンGOでは

2017年12月9日、第3世代本格実装と共に登場した。

全体から見ればレアなポケモンではないが、出現場所がかなり偏っており、大きな木がたくさんある場所の周辺に特に出現しやすい。
その為森、丘陵地、一部公園、神社の周辺が狙い目と言える。
年末年始イベントでは大量に発生していたので、そこでたくさん集めたという人も多いだろう。

関連イラスト

大きなドングリみーつけた!
どんぐりころころ



関連タグ

コノハナ ダーテング どんぐり
ポケモン ハスボー

pixivに投稿された作品 pixivで「タネボー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60449

コメント