ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第1世代
タイプくさ
分類変化
威力-
命中90
PP10
範囲1匹選択
直接攻撃×
効果ターン終了時、相手のHPの1/8ずつ減らし、減少分のHPを回復する。自分が交換しても有効。
英語名Leech Seed

概要

初代のRGBPから登場している技。

種を植えた相手のHPの1/8をターンごとにそのまま吸収できる。

但しやどりぎの種でありながら何故かくさタイプには無効化される

しかし、アニポケでは、ナエトル等、くさタイプのポケモンでも、何故か無効化されず、普通に効いたりする

表記揺れを起こしやすいが「ヤドリギのタネ」でも「やどりぎのたね」でもない。


補助戦法寄りのくさタイプを支える技と言っても過言では無い技。この技を覚えるか否かでくさタイプの使い勝手がまるで変わるとも言われる。

性能からやはり耐久型への採用が主。「たべのこし」や回復系の特性と組み合わせられることが多いので相手にするとこの上なく面倒な事になる。

回復が追いつけなくなるレベルの火力が無いと突破は困難だろう。

またアタッカーであっても「あくび」のように相手に交代を促したり、後続の味方の起点にするための最後っ屁など様々な理由で採用可能。


分類としては一応回復技として扱われるので、「ヘドロえき」や「かいふくふうじ」の影響も受ける(ダメージは与えられる)。


因みに、初代ではどくどく」と組むとやどりぎの吸収量も一緒に跳ね上がると言う仕様があった。これは当時の「どくどく」が「相手を猛毒の状態異常にする技」ではなく「相手を毒の状態異常+スリップダメージ倍々の状態変化を与える技」であり、やどりぎ(と火傷)もこの状態変化の効果対象だったため。当時は「ふぶき」飛び交う戦場であったため活躍する機会はあまりなかったものの、なかなかえげつない仕様と言えるかもしれない。

実際第7世代頃に配信された初代VCで再研究が進められた結果、当時最強とされた「かげぶんしん」+「ねむる」戦法を崩せる(毒状態は眠れば回復するが威力が倍々になるやどりぎは交替しないと解除出来ないので居座れない)として一定の評価を得ていたりする。


そして第7世代のポケモンSMでは、テッカグヤキュワワーといった、くさタイプ以外のポケモンも習得可能になった。


第9世代ではテラスタルが実装され、これに関して注意点が存在する。テラスタルでくさタイプ以外にタイプ変更した場合、ブリムオンエーフィの特性「マジックミラー」で跳ね返されると自分にやどりぎが植え付けられて相手を回復させてしまうことになる。もちろん相手がテラスタルでくさタイプに変更した場合もやどりぎは無効化されてしまい、サーフゴーに至っては特性「おうごんのからだ」で完全に無効化されてしまう。



余談だが、この技を相手に当てた時の表示文は、「相手の ○○に 種を 植えつけた!」である。

…何だかアレな感じがするのは気のせい…なのか?そのせいか知らないがpixivではR-18絵の方が多い。


関連項目

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧

くさタイプ ヘドロえき かいふくふうじ すいとる

関連記事

親記事

変化技 へんかわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 624229

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました