ピクシブ百科事典

ローマ字

ろーまじ

アルファベットの一種。人類社会で最も解読者人口が多い文字である。
目次[非表示]

概要

ローマ字(ローマン文字)とは、ラテン語を表音表記するアルファベットの一種であり、正式にはラテン文字という。ラテン語に由来するイタリア語フランス語スペイン語などだけでなく、英語をはじめ、多くの非ラテン系ヨーロッパ系言語の表記にも採用され、現代ではその他の言語の表記(コンピューター言語を含む)にも広く使われている。

日本語をラテン文字で表記する時にもこう呼ぶ。
特に日本には難読地名が多いため、日本人ですらまともに読めない地名を正確に表記できるのは有難い。

文字種の変遷について

現代の英語で用いられるアルファベットは26文字であるが、ラテン語で用いられていた最初期のアルファベットは
A B C D E F H I K L M N O P Q R S T V
の19文字しかなかった。その後、紀元前3世紀頃までには

  • 元々Cは/k/と/g/の2つの音を表していたが、不便なので早いうちに/g/の音を表す専用の文字としてGを作った
  • ギリシャ語からの外来語を取り入れる関係上、ギリシャ文字のΞ・Υ・Ζに対応させる形でX・Y・Zの3文字を追加導入した
と、4字が増加、ローマ帝国の時代には以上23文字が使われていたという。それ以外の文字については西ローマ帝国崩壊から遥か後に成立したものである。
  • 元来Iは/i/と/j/、Vは/u/と/w/と、それぞれ母音と子音それぞれの発音を表していたが、15世紀頃からIから子音/j/専用の文字としてJが、Vから母音/u/専用の文字としてUがそれぞれ分離した。
  • Wに関してはラテン語ではなくそもそも英語発祥の文字である。11世紀にそれまでルーン文字を使っていたアングロサクソン人が新たにラテン文字を使い始めた際、Vが母音/u/および子音/v/・/w/の3つの発音を表していた。当初は子音/w/の発音を表すのに元々使っていたルーン文字からǷ(ウィン)を持ってきて表記していたもののPと似ていて紛らわしく、代わりにVVと書くようになり、いつしか合字Wが成立するようになった。

日本語のローマ字

日本語を表記する時に使われうるローマ字は以下の通り。

訓令式

 A E I O U K G S Z T D N H B P M Y R W (19文字)

ヘボン式

 A E I O U K G S Z J T D N H F B P M Y R W (21文字)

「ピクシブ」の綴りは‘pixiv’だが、ローマ字に忠実に転写するなら‘pikusibu’か‘pikushibu’になる。定められた書き方が数パターンあり、シをsiと書くものを日本式、shiと書くものをヘボン式という。

関連タグ

文字 表記

関連記事

親記事

アルファベット あるふぁべっと

子記事

兄弟記事

  • a えー
  • n えぬ
  • g じー
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「ローマ字」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37310

コメント