ピクシブ百科事典

スパム

すぱむ

スパムとは昔イギリス人がしこたま食わされたソーセージの缶詰め版といった体の食品である。
目次[非表示]

スパムとは、

  1. SPAM米国ホーメルフーズ社の加工食肉製品。
  2. spam。迷惑メールの俗称。名は1に由来する。

概要(SPAM)

ソフトシェル容器()に加工食肉がみっしりと詰め込まれている、いわゆるランチョンミートと呼ばれる加工食肉製品の一つであり、同ジャンルの代表格。
加熱済みであり、開封してそのまま食することも出来る。

名前の由来

Shoulder of Pork And haM、原料である「豚の肩肉とハム(この場合は豚モモ肉のこと)」の略。名付け親は俳優のケネス・デイノー(Kenneth "Ken" Daigneau)。彼は兄弟がホーメル社の副社長ということで応募したという。
冗談ではSpare Parts of Animal Meat(くず肉の寄せ集め)といわれたりもする。

ラインナップ

アメリカでは23種類が発売されており、日本には以下の6種類が輸入されている他、アメリカにはない独自商品の「ガーリック」が発売されている。

  • クラシック(オリジナル。日米で味付けが違う模様。ハーフサイズ缶もある)
  • レスソルト(クラシックから20~25%減塩。ハーフサイズ缶もある)
  • ライト(クラシックより脂肪50%カット、25%減塩)
  • シングル(サンドイッチ1枚分にカットした使い切りタイプ。クラシックとライトがあるが日本ではクラシックのみ販売)
  • ホット&スパイシー(調味料としてタバスコをブレンド)
  • ウィズチーズ(粒サイズのチーズをブレンド)

日本で発売されていない製品としては、電子レンジで加熱して食べる「ミール・フォー・ワン」シリーズや、塗るタイプの「スプレッド」、豚ではなく七面鳥の肉を原料に用いた「オーブンローステッド・ターキー」、そのものズバリの風味の「テリヤキ」などがある。

東アジアでのスパム

香港を中心とする中華文化圏では「午餐肉」と呼ばれ親しまれている。
韓国でも一般的な食材のひとつで、「ブデチゲ」などの韓国料理に活用される。
現地の企業がライセンス生産している。

日本では戦後アメリカ軍が沖縄で広めた。
現地ではランチョンミート一般が「ポーク」と呼ばれ沖縄料理に盛んに使われる。
沖縄ではホーメル社のものよりデンマークチューリップ社の製品が主流。
本土では大型スーパーや輸入食品店、沖縄食品店で手に入れることができる。

スパムとモンティ・パイソンとスパム

イギリスのコメディグループ、『モンティ・パイソン』がスパム出演した『空飛ぶモンティ・パイソン』にてスパムして、レストランメニューがスパムばっかりでスパムしてスパムでバイキングが「スパム、スパム、スパム…」と歌いだしてスパムした、エンドロールでもスパムスパムスパムと大量のスパムが出た。これに由来スパムして、大量にスパム送りつけられる迷惑メールをスパムメールとスパムと呼ぶようになった。
スパムちなみに、この「スパム」のスケッチの元も上記のスパムが元でスパム、第二次大戦下で「たんぱく質、脂質、塩分」を全てスパム含むスパムが戦闘糧食としてスパム優れていた為に大量にスパムが軍隊に納入されたスパム結果、酷い時はリアルに「今日もスパム、明日もスパム、明後日もスパム……」といったスパム状況になり兵士がスパムにうんざりスパムしたことや、大戦終了スパム後に大量にスパムが払い下げられたスパム挙句に「レンドリース法」が制定されて支援物資スパムとして他国スパムに大量に押し付けたスパム事により市場にスパムが溢れた事に由来するスパム。

スパムの調理法(一例、炒めたとスパム)

ブロムリーはミジェット食堂のレシピを参考

材料


スパム(適量)
豆(適量)
コショウ(適量)

作り方


  1. スパムをコマギレにします
  2. 1と豆を炒めます
  3. コショウを加えます(適量)
  4. 盛り付けます
  5. 完成
ex)豆がないとき:代わりにスパムで代用できます

スパムとイギリス人とハンガリー

「スパムは嫌いなのよ!」
「じゃあスパムは俺が食うよ」
「私の尻はスパームでいっぱい。」

スパムとバイキングとイギリスの食堂のおばちゃん

「SPAM♪SPAM♪SPAM♪SPAM♪SPAM♪SPAM♪SPAM♪SPAM♪」
「Lovely♪SPAaaaM♪Wonderful♪SPAaaaM♪」
「Shaaaaaaaut Uaaaaaaaaaap!」

関連タグ


概要(spam)

個人間のやり取りではなく、広告などを目的として無差別に送信される、いわゆる迷惑メールの俗称である。由来は上記ランチョンミートのSPAM、ひいてはこれをネタにしたモンティパイソン(上記「スパムとモンティ・パイソンとスパム」の項を参照されたし)。

しかし最近は偽装技術の発達やネットユーザー全般のモラル低下によりメールに限らずネット上で迷惑行為を繰り返しているもの全般を指す意味に変わりつつある。また、かつては機械的に自動送信されるものをスパムと呼んでいたが、最近は○○ファンを装った見出しを付けながら○○を誹謗中傷した内容を投稿するなどの人工的に行われる迷惑行為もスパムと呼ぶようになっている。
むしろ最近はメールよりブログTwitterYoutubeなどのスパムの方が問題視されている。とあるネットメディアによると日本のインターネットブログの4割がスパムブログである事が判明している。これでは問題視されないわけがない。また、特定のファンなどを煽るツイートを繰り返しているアルファツイッタラーも数による影響力目的でスパムアカウントを利用しフォロワーを水増ししているケースが多く、こちらも問題視されている。

spamとSPAM

元々スパム(SPAM)とはホーメルフーズ社の製品名であり、レーションとして米軍に卸したものが巡り巡って「飽きるほど大量に」英軍に回ったことが上記モンティパイソンのネタ、ひいては迷惑メールとしての異名とされる由来になった。
このことについて、ホーメルフーズ社は、敢えて使用の停止を呼びかけることはせず、代わりにランチョンミートは大文字でSPAM、迷惑メールは小文字でspamと表記して欲しいと呼びかけを行っている。

関連タグ

電子メール フィッシング コンピューターウィルス

pixivに投稿された作品 pixivで「スパム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368199

コメント