2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

広告

こうこく

広告は宣伝の一種であり、伝えたいことを世の中に広く告げ知らせること。
目次[非表示]

概要

これらは広告の掲示を業務とする代理店に対価を支払って商品の案内を表示する宣伝サービスのひとつ。定義については、直接ではなく突然現れるものと言う意味合いがある。

定義

広告に関しては3つの定義が存在し、これらを満たす宣伝活動をそう呼ぶ。

  1. 広告主を明示すること
  2. 広告媒体が広告主により管理可能であること
  3. 人と人との間に直接伝わるものではないこと

広告媒体

CM: テレビCM(CF) ラジオCM
チラシ フリーペーパー)
看板 ティッシュ
新聞広告 瓦版 街頭テレビ
街宣車 アドトレイン アドトラック
ネーミングライツ

ネット上での広告

パソコンや携帯などでネットを開くと、必ずと言っていいほど広告が現れる。
サイズや種類は様々で、デカデカとページの一部を陣取っているもの、画面の端っこに横長に配置されるもの、YouTubeなどの動画サイトで動画を開くとCMのような形で宣伝してくるもの、サイト内の記事一覧に馴染んでいるものなどがある。
これらは広告の掲示を業務とする代理店に対価を支払って表示する。
GoogleAdなどの企業もその広告掲示サービスのひとつである。

スマホで閲覧している時は画面の真ん中近くからスゥーッ……と現れて下端へスクロールしてくるものがあり、「サイト内の項目や記事を押そうとしたのにこちらを押してしまった」という声も多数見られる。
この類の広告はぶっちゃけかなり邪魔だったりするので、広告を非表示にするアドブロッカー(広告ブロック)アプリ、プラグインをダウンロードし、導入すればある程度の問題解決にはなる。しかし、GooglePlayAppStoreには広告表示申告しているゲームアプリや基本機能は無料のツールアプリ等の場合ではブロックしたりもできず、どうすることもできないといったデメリットは存在するが、広告表示設定があれば防げるものの基本的にはこういうものは非表示そのものが有料コンテンツとしての存在であったりする為、コンテンツの課金期間中くらいである。例えばYouTubeやニコニコ動画の様にプレミアム会員に入れば広告は非表示になる。ウェブブラウザではGoogleChromeにおいてはパソコン版のみプラグインはダウンロードすれば導入は可能。モバイル版のChromeは非対応。
Web広告媒体は主にGoogleヤフーNAVERアットウィキなどに出没する。
日本に留まらず日本国内外で見掛ける。

注意

いくら広告でも、許可なく勝手に名前を使ったりすると場合によっては訴訟沙汰になる事も存在する。特に数十年前に終わったはずの「伊東家の食卓」の名前を利用した小ネタ系のネット広告は見覚えもあるだろう。もしくは芸能人著名人の名前を利用して「〇〇も愛用」みたいなものも存在する。
(中にはコラ画像のノリで作られたようなアフィリエイト広告も)

こうした有名な名前を使用した便乗広告は、ある意味でもやってはいけないので真似をしないように心がけたい。
(架空広告であっても悪用される可能性は否定できないため、匙加減が重要である)

ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起(ねとらぼ)

こうした明らかに悪質なアフィリエイト広告に関しても広告主の責任明確化という動きもあるが、こちらは各自検索の事。

関連タグ

CM 宣伝 ステルスマーケティング( ステマ ) ダイレクトマーケティング コマーシャル
公共広告機構 ( AC ACジャパン )
マスコミ:テレビ ラジオ 新聞 雑誌 インターネット
広告代理店:電通 創通 アサツーディ・ケイ
嫌なら見るな:広告の自体が『複数の対象への宣伝が目的』であり、『見る側の意志で完全に回避することはできない』ためこの文句は通用しない。(動画サイトやアプリで目にするような動画形式の物なら猶更である)
クソ広告:嫌悪されている広告の通称。主に動画サイトやスマホ等で閲覧できる。
所ジョージ:YouTubeでも10年ほど活動していたが、2022月6月から本人の意思に反して広告がつくようになった事に憤りを感じ自主的にチャンネルを閉鎖した。

関連記事

親記事

宣伝 せんでん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5930012

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました