ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本郵船の客船オペレーション部門企業・郵船クルーズが所有する客船
総トン数50,142トン・全長241メートル・全幅26.7メートルは、日本の客船史上最大。あの幻の客船群を上回る。乗客定員は872人。船籍港は郵船クルーズ本社のお膝元でもある横浜港横浜市)。

実はこの船、アメリカのクルーズ客船オペレーター・クリスタルクルーズから2006年に購入した中古船である。元々の名前は「クリスタル・ハーモニー」であった。

なんで中古船を買ったのか??

1991年に就航した飛鳥で事実上客船事業に復帰した日本郵船であったが、その飛鳥、21世紀になってから需要が供給に追いつかない状態に陥っていた。ゆえに日本郵船(及び郵船クルーズ)は、「もう1隻作ろうかなー」と考えたものの、「待てよ、そこまで需要あったかしら?」と思いとどまった。そこで、飛鳥より大きな客船を作ろうとしたものの、今度は海運業界の好況のせいで新たに客船を作ろうにも造船費がものすごく高くなってしまう上になかなか造船所の空きがない(空いたころには需要を取り逃がしているかもしれない)、と言う二重の壁にぶち当たってしまう。

一方その頃、クリスタルクルーズ(先述の通りアメリカに本拠を置く)が、「客船3隻作ったけど、思ったほどお客さん乗ってくれない。どうしよう・・・・・・・・・・」と、頭を抱えていた。

そこで「↑みたいな状況なら中古船買って改装した方がまだ安上がりでいいや」と判断した郵船クルーズがクリスタルクルーズに対し「1隻うちに恵んでくれない?」と打診した結果、クリスタル・ハーモニーの購入ということになった。

そして購入後、「あのままでは日本人のための客船としては使えねーよ」とばかりに、2個あったプールのうちの1個をぶっつぶして展望大浴場にするわ子供のためのプレイルームを畳敷きの大部屋に作り替えるわの大改装を実施した上で2006年3月17日より「飛鳥Ⅱ」として就航したのだった。

なお、この飛鳥Ⅱ就航に伴い、飛鳥はドイツの船会社に売却、「アマデア」と改名している。
こちらも2017年現在も現役で運航中。

ところで・・・・・・

外国の客船を日本の船会社が購入し、日本の客船として運航する例は、これまでにもあった。

東洋汽船という船会社が、1916年にアメリカの船会社から「ペルシャ」、「コレア」、「サイベリア」を購入、それぞれ「波斯(これで「ペルシャ」と読む)丸」、「これあ丸」、「さいべりあ丸」として、「波斯丸」は1925年まで運行した。あとの2隻は、東洋汽船の客船部門が日本郵船に譲られた際にそこに移籍、1934年から1935年にかけて退役した。
また、商船三井が、ブラジルの客船「ロサ・ダ・フォンセカ」を1975年に購入、一旦「セブン・シーズ」と名付けた後、「にっぽん丸」に改名、1990年まで運行している。

実は・・・・・・・・

外国籍ではあったがクリスタル・クルーズは1988年の設立から2015年までは日本郵船の関連会社だった(現在はマレーシアのゲンティン社という会社の関連企業)。つまり、日本系の運航会社からの転入であったのだ。要するにクリスタル・ハーモニーの購入は、(この当時の)郵船グループ内での需給調整であったのだ。
さらに生まれ故郷は三菱長崎造船所1989年9月30日進水)。ある意味帰国子女である。
長崎造船所としては約50年ぶりの客船建造となったためほぼノウハウなしの状態からの悪戦苦闘の末誕生した。飛鳥Ⅱとなってからも幾度か故郷を目的地あるいは寄港地とするクルーズを実施している。

外部リンク

郵船クルーズ公式サイト
元の持ち主・クリスタルクルーズの日本公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「飛鳥Ⅱ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 438

コメント