ピクシブ百科事典

三菱重工長崎造船所

みつびしじゅうこうながさきぞうせんじょ

三菱重工が長崎に置く一大造船所
目次[非表示]

三菱重工長崎造船所とは、三菱重工業三菱重工)の礎にして中心である大造船所である。所属会社の社名変更により、三菱造船長崎造船所と呼ばれていたこともある。

明治42年(1909年)にイギリスから導入されたハンマーヘッドクレーンは本造船所のシンボルで、原爆被災を経て現在も現役である(2003年に国の登録有形文化財に登録された)。

戦前は後の川崎重工業となる川崎造船所戦艦榛名と共に、日本初の民間建造戦艦となった戦艦霧島以来、呉海軍工廠・横須賀海軍工廠と並ぶ四大造船所として軍艦は無論、多数の商船の建造に当たってきた。

大戦中の原爆投下では工員や動員学徒に多数の死傷者を出したが、主要施設は壊滅を免れ、戦後、財閥解体にあたって西日本重工業(のち三菱造船)の基幹工場となった。本工場は再統合された三菱重工の中心としてイージス艦あたごや客船飛鳥Ⅱなどの建造を行っている。また、巡視船宗谷を建造した香焼島造船所を運営会社の倒産後取得し、香焼工場とした。ここではLNG船、LPG船などを建造している。そのほか、諫早工場では防衛機器、宇宙機器の製造を行っている。

第三船渠をはじめ5つの施設は世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」を構成する資産に含まれている。

建造された主な艦船

第二次世界大戦敗戦まで

戦艦「霧島」「日向」「武蔵」
空母「隼鷹」・「天城」
重巡洋艦「古鷹」「青葉」「羽黒」「鳥海」「三隈」「利根」「筑摩
軽巡洋艦「多摩」「木曾」「名取」「川内
駆逐艦「神風(2代目)」「朝風」「照月」「涼月」「新月」「若月」「霜月
貨客船「新田丸
特務艦「宗谷」※香焼島造船所。もとはソ連向け商船「ボロチャエベツ」として建造

戦後

護衛艦「はるかぜ」「こんごう」・「きりしま」・「みょうこう」・「あたご」・「あしがら」「あさひ
客船「飛鳥」「飛鳥Ⅱ

客船の「飛鳥」「飛鳥Ⅱ」はある意味姉妹船であるが、実は「飛鳥Ⅱ」が先に建造されたものである。
何故かと言うと「飛鳥Ⅱ」は元々「クリスタル・ハーモニー」として建造された客船であり、改修されてから「飛鳥Ⅱ」となったのである。


艦隊これくしょん」にて

同ゲームで実装されている、眼鏡着用の艦娘のうち3名(霧島武蔵鳥海)が三菱造船長崎造船所の出身で、姉妹艦の火力自慢・武闘派な史実エピソードもあり(そうでなくとも長崎生まれは火力自慢の艦娘が多い)、公式4コマ漫画にて摩耶から「長船のメガネは怒らせると怖い」と言われている。

……ふっ、痛快だ【日刊桐沢一一八二/長崎】
どうして…? 私の分析が 【ばり日刊桐沢16/長崎】


里帰りした武蔵霧島

関連タグ

三菱重工 造船所

外部リンク

Wikipediaの記事
公式ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「三菱重工長崎造船所」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35560

コメント