ピクシブ百科事典

川内(軽巡洋艦)

せんだい

太平洋戦争にて活躍した旧日本海軍の軽巡洋艦のひとつ。
目次[非表示]

概要

14隻建造された5500トン型軽巡洋艦の最終型である川内型軽巡洋艦の1番艦。
名称は九州南部を流れる川内川に由来する。
1923年10月30日進水。1924年4月29日竣工。
特徴としては前モデルである長良型とは異なる四本煙突を持つ事。そして更に川内のみの持つ特徴として艦首形状がスプーン・バウのままとなっている。改装後は川内のみ四本煙突の高さが揃えられている(同型の神通・那珂は艦種がダブルカーブド・バウに改装され、煙突は一番前の煙突が一つだけ高いまま)。ただし、公試成績では川内が一番速度が速く、機関出力も高かった。

また、武装も神通と那珂は九三式酸素魚雷を用い次発装填可能な九二式四連装魚雷発射管二基を装備(換装)していたが、川内は就役当初から八年式連装魚雷発射管四基のままだった。

太平洋戦争開戦時からはエンドウ沖海戦ミッドウェー海戦第三次ソロモン海戦などに参加。主に第三水雷戦隊の旗艦として麾下の駆逐隊を指揮する任務に従事した。戦闘や襲撃に見舞われる事は有ったが、被弾・損傷は比較的少ない方だった。

1943年11月2日、ブーゲンビル島沖海戦艦隊と交戦し運が尽きたのかここで被弾や故障等の数々の不運に見舞われ、最後の足掻きに機関の損傷覚悟で海水注入を行い再起動を試みたが、動力伝達部であるスクリューシャフトそのものが折れていた為、艦の放棄を決意せざるを得ず、そのまま水底へと沈んでいった。

時代は変わり、護衛艦としても大活躍!!

川内の名は後に海上自衛隊あぶくま型4番艦、沿岸護衛艦「せんだい」として受け継がれた。2015年の時点では那珂の名を冠した護衛艦はおらず、更に神通とは大淀をはさんで姉妹関係が逆転しており、「じんつう」が2番艦、「おおよど」が3番艦になっている。

関連タグ

日本海軍 軽巡洋艦 川内型 川内(無印) 太平洋戦争
川内(艦隊これくしょん)・・・・これがモチーフ

コメント