ピクシブ百科事典

第三次ソロモン海戦

だいさんじそろもんかいせん

1942年11月12~15日に日米海軍により、アイアンボトム・サウンドで行われた海戦。
目次[非表示]

概要

1942年(昭和17年)11月12~15日にかけてソロモン諸島ガダルカナル島近海で大日本帝国海軍連合国側海軍(アメリカ海軍・オーストラリア海軍)により行われた海戦
海戦の結果は連合軍の勝利となり、ガダルカナル島戦域での連合国側優位がほぼ確定した。

…ただし、そこに至るまでに連合軍側はいろんな意味で悪夢を味わうことになった。
本記事ではその過程を概説する。詳細についてはWikipediaの当該記事も参照されたい。

金剛と榛名がヘンダーソン飛行場を砲撃

太平洋戦争のガダルカナル島の戦いにおいて、アメリカ軍はガダルカナル島のヘンダーソン飛行場を保持することで制空権を確保していた。
日本軍は飛行場破壊のためラバウルから爆撃隊を出撃させていたが、ラバウルからガダルカナル島までは遠く、航続距離の長い零戦でも往復がやっとであった。このため満足に護衛を受けられず、米軍の迎撃で大損害を受けていた。
ガダルカナル島奪回にむけて陸軍第二師団が投入されるのに先立ち、10月13日に「金剛」「榛名」によるヘンダーソン飛行場への夜間砲撃が行われた。三式弾を使用したこの攻撃は成功し、ヘンダーソン飛行場は一時使用不可能になった。米軍はこの一夜を「地獄の一夜」と呼んでいる。

しかし、ヘンダーソン飛行場は直前に第2滑走路が完成していた。
砲撃後に偵察を行った海軍の偵察機が仰天して報告するも、受け取った司令部はこれを信じず(当時の日本軍の常識ではまともな滑走路を造るのに2~3ヶ月かかった)、直後に輸送船団によって揚陸された物資はすぐに第2滑走路から発進した航空機により焼き払われてしまった。
第二師団による総攻撃は失敗に終わり、破壊された第1滑走路もすぐ修復された。
海軍:「せっかく護衛して運んでやった物資を焼き払われるとはなにごとか」
陸軍:「海軍から頼まれた戦闘なのに、護衛してやるとかしてやらないとはどういうことだ」
などというやりとりがあったが南太平洋海戦でアメリカの空母機動部隊が壊滅したこともあり、新たに第38師団の増派が決定。この部隊は田中頼三少将の指揮する輸送船団に分乗した。
さらにそれと同時に「比叡」「霧島」以下の艦隊によるヘンダーソン飛行場への夜間砲撃が計画された。
この阿部弘毅中将率いる砲撃部隊の行動は米軍偵察機に発見され、アメリカ側はガダルカナルへの増援部隊を乗せた輸送船団を護衛していたダニエル・キャラハン少将率いる艦隊を迎撃に差し向ける事となり、後に「酒場の乱痴気騒ぎ」と称された海戦のお膳立ては整った。
 
この日はサボ島沖海戦のほぼ一カ月後であり、キャラハン艦隊の旗艦「サンフランシスコ」はサボ島沖海戦でノーマン・スコット少将の旗艦として日本側の重巡洋艦「古鷹」、駆逐艦「吹雪」を撃沈、重巡洋艦「青葉」を撃破した武勲艦であった。もっともレーダーは旧式のままで、あいかわらず索敵は軽巡洋艦「ヘレナ」か新しく配備された駆逐艦「フレッチャー」などに頼っていた。
司令官であるキャラハン少将は海軍補佐官、南太平洋部隊参謀長を務めるなどどちらかといえば陸上勤務が多いエリートコースを辿っていた人物であり艦隊指揮の経験は浅かった。日本艦隊に戦艦が含まれる事は偵察機からの報告にあり、それを相手に巡洋艦を主力とする艦隊で戦う事は決死的な任務であったが、夜戦に持ち込めれば勝機はあると判断していたのかも知れない。

前哨戦

11月12日昼、日本側の基地航空隊によりキャラハン艦隊への攻撃が行われた。
が、ここで威力を発揮したのが2隻のアトランタ級軽巡洋艦(「アトランタ」、「ジュノー」)で、優れた対空射撃能力を持っていた。
日本側は一式陸上攻撃機29機と零戦18機を投入したが、陸攻20機近くが未帰還となった。
 

13日夜戦

11月12日深夜~13日未明。
ガダルカナル島に激しいスコールがあり、阿部提督は作戦を中止して反転したが、天候が回復したために再度反転して作戦を決行することとなった。
しかし二度の反転で艦列は乱れ、飛行場砲撃に取り掛かろうとした時点では前方哨戒を行うはずの第四水雷戦隊が第十一戦隊に併走して追い越そうとしている状態であり、旗艦「比叡」が艦隊の先頭となっているのに阿部提督が気付いたのは、僚艦を見失い突出した形となった第四水雷戦隊の「夕立」、「春雨」が「比叡」の前を通り過ぎるのを見てからであり、間も無く入った敵艦隊発見の報告はまさに青天の霹靂であった。
一方のアメリカ艦隊もレーダーで日本艦隊を発見し、丁字態勢に持っていこうとしている折に駆逐艦が信号を読み間違えたり、鼻先まで迫った「春雨」と「夕立」に仰天した先頭の駆逐艦「カッシング」が急な左舷回頭を行い陣形が混乱、と早くも乱痴気騒ぎの様相を呈していた。


日本艦隊
第十一戦隊:戦艦比叡(旗艦)、霧島
第十戦隊:軽巡洋艦長良
 第六駆逐隊:駆逐艦(
 第十六駆逐隊:駆逐艦(雪風天津風
 第六十一駆逐隊:照月
第四水雷戦隊:駆逐艦朝雲
 第二駆逐隊:駆逐艦村雨夕立春雨五月雨
 第二十七駆逐隊:駆逐艦夕暮、白露時雨
※二十七駆は後方に居たため乱戦には参加せず。

アメリカ艦隊
第67.4任務部隊
重巡洋艦:サンフランシスコ(旗艦)、ポートランド
軽巡洋艦:アトランタジュノーヘレナ
駆逐艦:フレッチャーモンセンバートンアーロン・ウォードオバノンステレットラフィーカッシング
 
このように合計戦艦2隻、重巡洋艦2隻、軽巡洋艦4隻、駆逐艦23隻の艦隊がサボ島とガダルカナル島の間の、ちょうど浦賀水道ほどの海域にひしめく事になった。

大乱戦

この時、両艦隊の先頭に立っていた「」と「アトランタ」が探照灯を照射し合い(日本側は「比叡」が照射したという説もあり)、「暁」、「アトランタ」共々集中放火を浴びた。「暁」は蜂の巣にされ僅か15分で轟沈した。「アトランタ」は「比叡」の初弾が艦橋に命中。アメリカ側の副将格であるノーマン・スコット少将が戦死し、その後も「比叡」や「長良」からの砲撃や、味方重巡「サンフランシスコ」からの誤射、そして「暁」から発射された魚雷等で大きな被害を被り、翌日自沈処分された。一方で「比叡」もキャラハン艦隊の砲火を浴び、少なからぬ損害を受け、艦橋への被弾で砲塔への電線回路が切断されて一斉斉射が不可能になった。

キャラハン司令官は「サンフランシスコ」に「アトランタ」への誤射を中止させるはずが、誤って味方全艦艇に命じたり、陣形がバラバラになっているのに「奇数艦は右舷、偶数艦は左舷を攻撃せよ」と命令を出すなど、アメリカ側の混乱を助長させた。

ソロモンの悪夢

僚艦「春雨」を見失い、単艦で敵中に突入する形となった「夕立」は手当たり次第に攻撃し、敵巡洋艦や駆逐艦に損害を与えた。しかし、状況に不明な点が多く、米軍側で確認された戦果は重巡「ポートランド」への魚雷命中のみである。
ちなみに「夕立」には「長良」からの誤射があったと言われる。艦長が「味方だけど撃ってくるなら撃ち返していいよね(意訳)」と言い出したがさすがに止められたとか。

32分間の敵味方入り乱れた過激なダンスパーティーの末に「夕立」が大破航行不能になった頃、三式弾を徹甲弾に換えた戦艦「霧島」は「サンフランシスコ」艦橋をキャラハン提督の司令部もろとも吹き飛ばしていた。

戦艦と駆逐艦の一騎打ち

戦艦「比叡」は駆逐艦「ラフィー」と並走しつつの距離10mで撃ち合い、「ラフィー」は「比叡」艦橋にいた将官多数を負傷させた。また「ラフィー」は魚雷も打ち込んだが「比叡」との距離が近すぎて安全装置が作動し全て不発となった。「比叡」は「五月雨」からも機銃の誤射を受けた。
「比叡」の艦内電話・通信装置は使用不能となり、操舵機能も喪失した。
「ラフィー」は日本の駆逐艦隊を突破し「霧島」を攻撃に向かったが、魚雷を受けて沈没した。

泣きっ面に蜂のアメリカ艦隊

この夜の戦闘は余りにも近距離で行われたため、戦艦や重巡洋艦の主砲と駆逐艦の魚雷が当たらず、主に副砲や機銃で撃ち合う戦闘になった。
アメリカ側は最後尾にいた駆逐艦「フレッチャー」以外は悉く沈没・損傷する事となり、「アトランタ」は戦闘による損傷が激しいことから自沈処分され、姉妹艦の「ジュノー」も大破し後退するも「伊26」潜水艦の雷撃を受け轟沈。友軍艦隊が潜水艦の攻撃を恐れて去ったため、沈没時の100名の生存者は救助を待つ8日間の間に10名まで減った。
「ジュノー」乗組員だったサリヴァン5兄弟は全員が死亡し、以後アメリカ軍では、親族を分散配置する方針が徹底された。(映画『プライベート・ライアン』(スティーブン・スピルバーグ監督)のプロットに影響を与えた)

艦隊司令長官を含む提督が二人戦死を遂げ多大な損失を出しながらも、アメリカ艦隊は飛行場砲撃を阻止する事に成功した。

日本艦隊喪失艦:夕立、暁
アメリカ艦隊喪失艦:アトランタ(自沈処分)、ジュノー(午前中に潜水艦の雷撃により沈没)、カッシング、モンセン、ラフィー、バートン
 

13日昼戦

漂流する「比叡」は救援の駆逐艦部隊が到着するまでに同じく操舵不能の「ポートランド」と遭遇、砲撃を行うが命中弾は無かった。
乗員退艦後漂流していた「夕立」は、「ポートランド」からの砲撃で沈没した。
 
夜が明けると行動不能となった「比叡」に、ヘンダーソン飛行場からの米軍機が次々と襲いかかった。
日本側は航空母艦「隼鷹」によりなんとか上空援護を行っていた。
「隼鷹」は延べ23機の艦戦、3機の艦爆、5機の艦攻を直掩に送り、艦戦5機を失っている。
そこに現れたのが南太平洋海戦で戦没したはず(と日本側が勝手に思い込んでいた)の空母「エンタープライズ」だった。ニューカレドニア島で修理中だったが、ヘンダーソン飛行場へ航空機を輸送するべく艦内で作業員が修理を行いながら駆けつけたのであった。
「エンタープライズ」から飛行場へ向かう途中の第10雷撃隊が「比叡」を発見して雷撃し、ヘンダーソン飛行場で補給を済ますと、海兵隊機と共に再び攻撃しに戻ってきた。総員退艦と注水弁開けが命じられ、やがて「比叡」は沈没した。雷撃処分が実行されたかどうかは不明である。
日本海軍にとって太平洋戦争における初の戦艦の喪失となった。
 
翌日、「エンタープライズ」航空隊はヘンダーソン飛行場の航空隊と共に田中少将の指揮する輸送船団を攻撃し11隻中6隻を撃沈。更にはヘンダーソン飛行場砲撃を行った帰りの外南洋部隊を攻撃し、「衣笠」を撃沈、「鳥海」を大破させた。

一方、「霧島」他はオントンジャワ島沖で待機していた「金剛」・「榛名」・「隼鷹」と合流し艦隊の再編を行った。「霧島」や「長良」は「愛宕」・「高雄」らに同行する形で再びヘンダーソン飛行場砲撃を行うことになった。
 
日本艦隊喪失艦:比叡、衣笠、輸送船6隻、

15日夜戦

ガダルカナル島沖から後退した「霧島」を中心とする日本艦隊は近藤信竹中将率いる第二艦隊の来援も得て態勢を立て直し、再びヘンダーソン飛行場砲撃に向かっていた。
これに対して南太平洋部隊司令長官ウィリアム・ハルゼー中将は参謀の反対にも構わず、第16任務部隊からウィリス・リー少将を司令官に新鋭戦艦「ワシントン」、「サウスダコタ」と駆逐艦4隻の部隊を抜き出して迎撃に向かわせた。駆逐艦は燃料の残りが充分にあるものが選ばれ、当初は駆逐隊司令も居ない状態の寄せ集め艦隊であった。
この艦隊は日本軍偵察機に発見されたが、偵察員が「巡洋艦2隻、駆逐艦4隻」と報告し、これを受けた日本側は「第三水雷戦隊で相手をすれば充分」と判断した。

日本艦隊
第二艦隊
第十一戦隊:戦艦霧島
第四戦隊:重巡洋艦高雄愛宕(旗艦)
第六十一駆逐隊:照月
第四水雷戦隊:朝雲
第十戦隊:軽巡洋艦長良、駆逐艦五月雨
第三水雷戦隊川内
 第十一駆逐隊:駆逐艦初雪白雪
 第十九駆逐隊:駆逐艦綾波敷波浦波

アメリカ艦隊
第64任務部隊
戦艦:サウスダコタ、ワシントン(旗艦)
駆逐艦:ウォークグウィンベンハムプレストン
 
「サウスダコタ」、「ワシントン」は新鋭戦艦で、主砲はSHS(スーパーヘビーシェル)弾を使用可能、SG索敵レーダーやMK3射撃管制レーダー(初期射撃管制レーダーでMK8、MK13より低い性能だった)を装備していた。
「サウスダコタ」には「艦隊の疫病神」のあだ名があったとされるが、「戦艦ワシントン/米主力戦艦から見た太平洋戦争」(イヴァン・ミュージカント)にそう書かれているだけなので、実際のところは不明。

綾波、「ソロモンの鬼神」のあだ名を頂戴する

ガダルカナル島海域に突入するにあたり、日本艦隊は4つに分けられた。「霧島」、「愛宕」、「高雄」、「朝雲」、「照月」(本隊)はショートランド諸島の西岸沖合からサボ島西岸沖合を通過、「長良」、「電」、「白雪」、「初雪」、「五月雨」(木村進少将)はサボ島西岸沿いを通過、「川内」、「浦波」、「敷波」(橋本新太郎少将)は東岸を南下、「綾波」はサボ島の西岸を南進した。
米艦隊と接触した橋本隊は予想外の強敵と知り、煙幕を張って攻撃のチャンスを窺ったが、単艦で南進していた「綾波」は成り行き上、敵駆逐艦部隊に突入する形となり、駆逐艦1隻を撃沈、2隻を大破、1隻を破損させ同部隊を壊滅させた。
大破した2隻の米駆逐艦のうち、駆逐艦「プレストン」は続いて来た木村隊の攻撃により撃沈された。残りの「ベンハム」も翌日の日中に自沈に追い込まれた。
「綾波」の砲弾は戦艦「サウスダコタ」の艦橋にも命中し、人的ミスも重なって電源が落ち、レーダー、射撃管制装置、砲塔発動機、無線が使用不能となった(人的ミスのみで電源が落ちたともいわれる)。
「綾波」は米駆逐艦との戦闘による損傷や「サウスダコタ」、「ワシントン」の副砲射撃で沈没した。

「ワシントン」は前方に撃沈された味方駆逐艦からの脱出者が多数漂流しているを発見し、救命具を放出するため左に舵を取った。「サウスダコタ」はこれに気付かず、2隻の間は分離することになった。

サウスダコタ、ボコされ逃げ出す

対決の第1ラウンドは、「霧島」・「愛宕」・「高雄」対「サウスダコタ」であった。「霧島」・「愛宕」・「高雄」は「サウスダコタ」に多数の命中弾を与えて中破させ、戦線離脱に追い込んだ。また「愛宕」・「高雄」・「朝雲」は逃げる「サウスダコタ」に10本以上の魚雷を発射しているが、全て「サウスダコタ」の手前で自爆してしまった。
 
「ワシントン」はレーダーに日本戦艦らしき艦を捉えていたが、同士討ちを恐れ砲撃を控えていた(「サウスダコタ」が停電で通信不能だったため、どちらが日本戦艦か分からなかった)。
しかし「霧島」が探照灯を使用して「サウスダコタ」を砲撃したことで、敵味方が明確になると、第2ラウンドが幕を上げた。

霧島「敵艦1隻に対し我が方13隻!勝ったッ!大東亜戦争ガダルカナルの戦い完!」

第2ラウンドは、日本艦隊13隻対「ワシントン」1隻となった。
しかし闇の中、「ワシントン」から一方的にレーダー射撃による斉射を受け、「霧島」は大破した。
これは太平洋戦争初のレーダー射撃による戦果であり、「ワシントン」に座乗するウィリス・リー司令官もレーダー射撃のエキスパートだった。
「ワシントン」は日本戦艦を撃沈したと判断して砲撃を中止したが、すぐ「霧島」からの反撃があった。しかし「ワシントン」には一発の命中弾も与えられなかった。
「霧島」は攻撃を再開した「ワシントン」のレーダー射撃により次々と命中弾を与えられて航行不能となり、後に自沈処分となった。

「ワシントン」は輸送部隊を攻撃するため北西に転進したが、同方向へ撤退しつつあった「愛宕」、「高雄」と並走する形となった。
「愛宕」、「高雄」が砲撃を行いながら30本以上の魚雷を発射したが、全て「ワシントン」の数十メートル手前で爆発してしまった。
今後も魚雷攻撃を受ける可能性に配慮したリー司令官は、追撃を打ち切り撤退する事にした。
反転した「ワシントン」を追跡していた「長良」、「電」、「初雪」、「五月雨」が20本近くの魚雷を発射したが、全て「ワシントン」の数十メートル手前で爆発してしまった。爆発音を聞き、「ワシントン」を撃沈したと判断した日本軍は北方に離脱した。
海戦中、「ワシントン」には駆逐艦の12.7cm砲弾が1発当たったのみであった。
ちなみに「ワシントン」はその後もマリアナレイテと各地を転戦。戦時中を通して戦死者0人を記録し、敵弾が当たったのは第三次ソロモン海戦での砲弾1発だけであった。

「どうしてこうなった」

当時の日本の魚雷は信管の感度の調整ができた。魚雷の不発を恐れ感度を最大限に上げていたため、「ワシントン」の引き波(船が進む際に船首から出る、上から見るとV字型の波)にぶつかっただけで、片っぱしから自爆してしまったのである。
この問題はスラバヤ沖海戦で判明していたにも関わらずにである。魚雷の開発者は「感度調整機能を付けたのは間違いだった」と回想した。
ちなみに米軍側は、魚雷の進路に綾波が壊滅させた米駆逐艦の残骸が浮かんでおり、それに当たって爆発したと考えていた。一部の魚雷早発についてはその可能性もある。

田中少将、増援として駆逐艦2隻を送る

すぐ後方にいた田中少将の輸送部隊は近藤艦隊の増援として駆逐艦「陽炎」・「親潮」を送った。
アイアンボトム・サウンドから離脱するアメリカ軍戦艦1隻(恐らく「ワシントン」)を発見、「親潮」は距離1kmまで近づき魚雷を発射するが外れる。「陽炎」は乗組員の判断ミスで魚雷を発射できなかった。

日本艦隊喪失艦:霧島、綾波
アメリカ艦隊喪失艦:ウォーク、ベンハム、プレストン

最終局面

日本軍の輸送船部隊を指揮していた田中少将は一連の混乱を利用することにした。彼は輸送船団をガダルカナル島の海岸に突っ込ませて座礁させ、第38師団の将兵や物資の揚陸に成功した。
しかし、夜が明けると空爆と陸上からの砲撃により、座礁していた輸送船は炎上。
個人で持ち運べる分しか食糧・装備を確保できなかった第38師団の将兵と、補給を心待ちにしていたガダルカナル島の将兵は途方に暮れることになった。

日本艦隊喪失:輸送船4隻

結果

両軍の戦艦を交えての海戦の結果は、参加した戦艦を2隻ともに喪失し、ガダルカナル島への輸送任務も阻止され、戦略的・戦術的に日本軍の完敗であった。
以降、日本軍はガダルカナル島への輸送船による補給作戦を断念。駆逐艦を用いた鼠輸送や潜水艦によるモグラ輸送に移行したが、駆逐艦の損耗が跳ね上がり、十分な補給を受けられず飢餓地獄と化したガダルカナル島は奪回どころではなくなり、日本が敗戦への坂道を転がり落ちる転機となってしまった。
とはいえ、海戦史に特筆される無双劇を敵駆逐艦に連夜繰り広げられた連合軍側にも衝撃は残った。

そして「霧島」と殴り合いを演じた両戦艦では…。
サウスダコタ側:「ワシントンが逃げたせいでえらい目に!」
ワシントン側:「なんやオラァ!助けたの誰や思うとるんじゃあ!」
と両艦の乗組員同士が留置所を満杯にする程のストリートファイトに及ぶ余録がつき、更には太平洋戦争終結後も両艦乗組員の間に遺恨として残り続けたという。

戦死したキャラハン提督とスコット提督は名誉勲章を受け、その名前は後に功績を称えて駆逐艦に命名された。
それに対し、太平洋戦争初の日本戦艦の損失となった「比叡」は昭和天皇の御召艦であったためか、艦長西田正雄大佐は海軍大臣嶋田繁太郎大将によって査問会にすらかけられずに予備役に編入された。
また、第十一戦隊司令官の阿部提督も予備役に編入された。

関連タグ

第一次ソロモン海戦 第二次ソロモン海戦
アイアンボトム・サウンド
比叡 霧島  夕立 綾波 ワシントン(戦艦)

pixivに投稿された作品 pixivで「第三次ソロモン海戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 691660

コメント