ピクシブ百科事典

三式弾

さんしきだん

大日本帝国海軍が開発した砲弾。ここでは、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』とアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』における三式弾についても解説する。
目次[非表示]

旧日本海軍が開発した砲弾の一種。正式名称は三式通常弾で三式焼霰弾とも呼ばれる。戦艦巡洋艦が搭載できる対空砲弾。

仕組み

内部にはマグネシウムや可燃性のゴムが入った焼夷弾子と非焼夷弾子が詰まっており、時限信管によって爆発を起こし、内蔵された焼夷弾子を円錐状に撒き散らす。そうすることで敵機を効率的に撃墜しようとした。でもぶっちゃけた話、水圧式の機動が遅く対空照準装置もない主砲でぶち込まれてもね…むしろ脅し的な意味では効果的だったかもしれないが。
後述の『艦隊これくしょん』にも反映されているが、飛行場などの地上構造物破壊にも用いられた。
こちらの用途での戦果は非常に優秀で、特に戦艦金剛榛名によるヘンダーソン飛行場の破壊が有名なエピソードであろう。あと、霧島が三式弾で米戦艦を砲撃している。この砲撃はかなりの至近距離で行われたため、艦内で三式弾が爆発し、敵は艦内を滅茶苦茶にされたという。霧島ネキパネェ
装甲貫徹力は少ないものの戦艦などの大口径砲で撃つ大型の弾頭である為に実際には中小の艦艇相手にはそのまま叩き込んでも敵艦を浮かぶ松明か浮かぶ廃墟にする程度の力はある。
ちなみに本来の用途での活躍はなかったのかというと一応あり、レイテ沖海戦において長門大和アメリカ軍B-25爆撃機を(資料により数の食い違いはあるが)撃墜した記録が残っている。

『艦隊これくしょん』における三式弾

重巡洋艦、航空巡洋艦航空戦艦、戦艦が搭載できる装備アイテム。表向きな数値は対空値を+5にするだけだが、実際は艦隊全体の対空値を+3する効果があり、装備している艦は実質対空値が+8される。

そしてもう一つ大きな効果として、基地型深海棲艦に対し特効が発動する点が挙げられる。
2013年11月に開催された期間限定イベント決戦!鉄底海峡を抜けて!』の第4海域のボスである飛行場姫、2014年4月より開催の1周年記念イベント「索敵機、発艦始め!」でも第3海域のボス港湾棲姫および第5海域のボス離島棲鬼の第2段階は飛行場等の地上構造物がモチーフのため、魚雷による攻撃が効かず、ダメージ計算が艦の火力によるもののみとなる(通常、夜戦では雷装の値も計算されるが、魚雷が効かないので雷装による補正は0)。しかし三式弾を装備すると火力が2.5倍になるため、雷装がない代わりに火力が高い戦艦の砲撃が大幅に強化される。
余談だが、2013秋季イベントでは「大和砲(46cm三連装砲)やロケラン(12cm30連装噴進砲)とかで防空は事足りるんじゃね?」と考え、三式弾を廃棄した提督諸兄が上記の仕様を知り、イベント期間中でありながら廃棄分を取り戻すべく資源を溶かしまくり、阿鼻叫喚の地獄絵図になったとか……
これについては公式4コマ『吹雪、がんばります!』でもネタにされ、急遽三式弾が必要になったことで金剛型姉妹が開発を担当し、上から金剛・比叡・霧島の順で三重肩車のトーテムポールを作りながら開発レシピを回すという迷走ぶりを見せた。

以降のイベントでも基地タイプの姫が登場しており、特に北方棲姫は2014年夏季イベント後に実装された通常海域3-5でレギュラー化。その後のイベント・通常海域・EOでも基地タイプの鬼姫はほぼ確実に登場するため、三式弾は艦隊の必須装備となった。

翌年2014年の『発動!渾作戦』には「対空カットイン射撃」が実装され、戦艦と航空戦艦専用に「大口径主砲&三式弾&高射装置(&対空電探)」の組み合わせでカットイン射撃が発動するようになった。主砲か偵察機を諦めなければならないため、弾着観測射撃での昼間での特殊射撃が出来ず、電探まで固定すると夜間連撃にも支障をきたすため、相対的な火力は落とさざるを得なくなる。しかし固定ボーナス(敵機の確実な撃墜数)が“6”と、対空の鬼である秋月型摩耶改二の固有パターンの固定ボーナスに匹敵するため、戦術次第では選択肢に入れる価値はあるだろう。

宇宙戦艦ヤマト2199における三式弾

 正式名称三式融合弾ヤマトの一番、二番主砲及び一番副砲が、ショックカノンの代わりに発射することが可能な実体砲弾として登場。製造は南部火工株式会社。ショックカノンと異なり、エネルギーをあまり必要とせず波動エンジンが停止中でエネルギー供給が出来ない状況などでも発射できる。
また、ビーム兵器が使えない空間や重力下での弾道射撃でも威力を発揮するが、射程はショックカノンよりも劣る。ただし、これは重力圏における砲撃においての話であり、重力の無い宇宙空間であれば事実上の射程無限であることが伺える。こういった重力圏における曲線運動は、後述する冥王星基地攻略戦では大いに役立った。
対艦・対地攻撃用の徹甲弾と、かつての三式弾と同様の対空攻撃の両方をこなせる汎用弾である。映画小説版ではそれぞれ「対空用」と「対艦・対地用」の二種類が存在するという設定だが、原作(アニメ)では、そのような設定は見受けられない。
対空戦闘においては七色星団で使用されたものの、明確な描写が無かった。しかし、後の星巡る方舟では対空攻撃が実際に確認でき、火球と共に無数の徹甲弾をばら撒き多数の甲殻攻撃機デスバテーターを撃ち落とすことに成功するなど、その対空攻撃能力の高さを見せつけている。

使用例

ボルメリア級強襲母艦迎撃

 波動エンジン始動前のヤマトを襲ったポルメリア級に対して大和の残骸に偽装した状態で砲撃。発射した3発全てが命中し、これを撃沈せしめるという、最初の戦果を挙げた。

浮遊大陸基地攻防

 木星の浮遊大陸基地にいた、4隻のガミラス艦隊と交戦。その際に、修理中のため機関部からエネルギー供給が間に合わない都合で、第1副砲のみ実体弾を使用。20㎝口径であるとはいえ、160mのクリピテラ級駆逐艦を轟沈させる威力を有していた。

冥王星基地砲撃

 自分をおとりにわざと反射衛星砲を撃たせることで現地付近上空のコスモゼロに同砲台の場所を特定させ、水平線のはるか彼方からの弾着観測射撃によってこれを爆破。これは、直進しかできないビーム兵器ではなく、重力の影響を受ける実体弾であるからこそ、地平線より先の目標を砲撃で来たのである。
 漫画版では、この砲撃に対してシュルツ大佐が、砲弾と言う廃れた筈の原始的兵器による攻撃にひどく動揺していた。
 個の後、反射衛星砲が使用不能になった冥王星基地に対して砲撃を敢行。それはまさに、金剛榛名がやったヘンダーソン飛行場砲撃を、スケールを倍増させたようなものである。何せ金剛型の35.6㎝どころか、大和型の46cmを超える48㎝砲弾なのだから、ご先祖さまたる大和もビックリな破壊力である。

七色星団海戦

 奇襲してきた急降下爆撃機隊に対して使用。なれど明確な爆破描写は無かった。

デウスーラⅡ世

 亜空間で仕掛けてきたデウスーラⅡ世を撃沈した、最後の実弾使用の戦いである。亜空間はビーム兵器を無効化する空間である為に三式弾を使用した。デスラー曰く「野蛮人め!」。(前述したように、ガミラスでは砲弾など廃れており、ビーム砲でもミサイルでもない原始的な攻撃手段を宇宙艦に載せるなど考えもつかなかった)

星巡る方舟

 艦載機デスバテーターの迎撃に使用、初めてその爆破描写が描かれた。全機撃墜する成果を上げており、さらには殲滅型重戦艦メガルーダを、真正面からの零距離射撃で撃沈する成果を上げた。

宇宙戦艦ヤマトの三式弾

リメイク版の2199だけに登場するかと言うと、イエスであり、ノーでもある。
完結編では登場こそしないものの、対空用の波動カートリッジ弾として、コスモ三式弾の存在が設定されている。
カートリッジ式のためおそらく連射ができたのであろう。46cmの速射砲だ・・・・
出番があった場合、紺碧の艦隊に出てくる新三式弾よりも鬼畜な兵器になったことであろう。

架空戦記における三式弾

対空射撃時の命中率や威力が過大になっている作品も多いが、横山信義作品などでは対艦戦闘時に三式弾で先制射撃を加えてレーダーや測距儀などの射撃上必要な(だが装甲を施せない)装備を破壊する用法が一時期よく用いられた。
「征途」ではサマール沖海戦で米護衛空母群に使用、短時間で日本軍の被害を極限したうえでの撃滅に成功するが、護衛駆逐艦の抵抗とそれに伴う利根の誤射で大和昼戦艦橋にいた栗田艦隊司令部を全滅させ、レイテ湾突入を決定的にする。
紺碧の艦隊では弾子を成形炸薬弾に変更した派生型「時雨弾」が登場し、飛行場攻撃などに用いられた。

余談

OVA機動戦士ガンダム MS IGLOO』に登場するジオン軍のモビルタンク・ヒルドルブが、ゲーム作品で使用する砲弾の中に、榴散弾(Type-3)というものがあり、敵の近くまで飛翔した後に拡散し、円錐状に散弾をまき散らす効果がある。

また、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』には八式弾という対艦砲弾が登場しているが、焼夷弾である三式弾とは違い成形炸薬弾の一種である自己鍛造弾となっている。
現実でも同様のものが開発されており、アメリカ空軍では対車両用クラスター爆弾の一種であるCBU-105 SFWを対艦用としても使用可能な派生型の研究を行っている。


関連タグ

砲弾 日本海軍 戦艦 巡洋艦
艦隊これくしょん 宇宙戦艦ヤマト2199

pixivに投稿された作品 pixivで「三式弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 842092

コメント