ピクシブ百科事典

ポルメリア級強襲航宙母艦

ぽるめりあきゅうきょうしゅうこうちゅうぼかん

『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場するガミラス軍の航宙母艦。

概要

全長383.8m
全幅291.3m
全高50.0m
兵装大口径レーザー砲×1門
三連装ミサイル×1基(第23話では三連装リボルバー式対空レーザー砲塔×1基)
艦載機戦闘攻撃機DWG229 メランカ
偵察機FG156 スマルヒ

平べったい円形の艦体から4方向に構造物が突出しており、まるでヒトデのような形をしている。底側の突出した部分には艦載機ハッチを、艦底の中央にレーザー砲を備える。
劇中では衛星軌道上に留まり、そこからメランカやスマルヒといった艦載機を発進させるほか、艦底部に装備されているレーザー砲による対地攻撃を行っている。衛星軌道上では非攻撃時は艦底のリング状の発光部を光らせながら、艦体を回転させているが、艦載機の発進時は回転を止める。
原作に登場する「高速空母」のリメイク。

劇中での登場

2話から登場し、偽装状態のヤマトを偵察し、メランカによる爆撃を加えた後、艦底部のレーザー砲をお見舞いする。ただ、発射のため接近したことが仇となり、第2射直前に三式弾により撃墜される。
15話では親衛隊カラーである青色に塗装されたタイプが登場した。反乱を起こした惑星オルタリアに対し、惑星間弾道弾とともに強力な対地攻撃を行っている。デモ行進中の一団を艦載機による機銃掃射で武力鎮圧した他、都市をレーザー砲で破壊した。
その他の話でもガミラスの艦隊所属艦として映っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ポルメリア級強襲航宙母艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント