ピクシブ百科事典

クラウス・キーマン

くらうすきーまん

『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場する、ガミラス帝国の新規キャラクター(右上の人物)。地球駐在武官。名前通りの重要なカギとなる人物。
目次[非表示]

「あんたを月に招待する。月面のガミラス大使館に」
CV:神谷浩史

概要

  • 所属:大ガミラス帝星・月面大使館
  • 役職:地球駐在武官
  • 階級:中尉


 『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場する、ガミラス帝国の新規キャラクターの1人である。容姿は金髪に美男子とも言える顔の持ち主だが、何処か独特の雰囲気を纏っている(アベルト・デスラーに通じるとも言える)。無口ではあるが、身体能力に優れるうえにパイロットとしての腕も一流である。しかし、口を開くと歯に衣着せぬ毒を吐く。
 上司であるローレン・バレル大使の命によって、ヤマトの乗組員達の動向を調査している。また古代に接触し大使館へと招待する。以後、ヤマトに同行する。

劇中での活躍

※以下は『宇宙戦艦ヤマト2202』本編のネタバレを含みます!!











第一章
 ローレン・バレル大使の命を受け、肌色を変える特殊なリングを身に付けて地球人に変装、旧地下都市で地球連邦政府からの監視から逃亡中だった古代進に接触し、テレサの正体を彼に知らせるべく月面ガミラス大使館のバレル大使との面会を指示する。

第二章
 月面に辿り着いた古代に、バレル大使と共にテレサとガトランティスについての情報を提供した後、古代を連れて地球へ降下、『コスモリバースシステムの副作用』である『10倍の時間が流れる空間』、時間断層を利用した秘密建造ドックを見せる。
 ヤマトが地球から離脱した後は、大使館仕様のDWG262ツヴァルケに搭乗し出撃、味方機に追われながらヤマトに合流しようとする山本玲篠原弘樹ら旧ヤマト航空隊の逃亡劇に乱入し、電磁パルス攻撃によって精密機器を無差別にダウンさせることで目視によるドッグファイトに持ち込ませ、追手を退けた。
 その後ヤマト航空隊とともにヤマトへ合流し、オブザーバーとして乗艦をやや強引に希望、島大介などの勧めもあって艦長代理の古代からも乗艦の許可を取り付ける。
 ガトランティスの襲撃を受けた第11番惑星への救出作戦が提案された際には、あくまで現実的な判断からこれに難色を示すも、艦長代理の古代の判断を尊重しこれを黙認。更には『やるからにはやらせてもらう』として自らもツヴァルケで出撃、ククルカン級襲撃型駆逐艦1隻を沈黙させている。

第三章
 ヤマトが雷撃旋回砲の攻撃を受けて動けない間に、第11番惑星に到着したガトランティス第8機動艦隊本隊の様子を、人工太陽を背にして撮影してヤマトにデータとして送った。やがて瓦礫の下で機関修理が終わるものの、波動砲の使用を躊躇う古代に対し、通信越しで朝焼けを眺めながら

「我がガミラスの作った人工太陽の朝日は、中々に美しい」

と告げると、悟ったように古代も波動砲発射の決意をした。
結果、波動砲が人工太陽の中心核を撃ち抜いたことで大規模な波動共鳴が生じ、第8機動艦隊の動きを止める事に成功する。
 その後、救出した民間人を旅の途上で、ガミラス定期便に任せることを提案。惑星シュトラバーゼにおいてランデブーに漕ぎ着けた。しかし、その定期便を指揮するカーゼットと会合するや否、密かに計画を持ったうえでの接触であった事が明かされ、加えてキーマンがとある上位の存在であることを仄めかすことが、カーゼットらの態度で判明する。
 カーゼットから反波動格子と呼ばれる謎の装置一式を受けとりヤマトに帰還。そこで予定通りに反ガミラス統治破壊解放軍が来襲、その混乱に乗じて波動機関に潜入し、謎の光子を波動エンジン内に潜り込ませている(その影響が一時機関に見られた模様)。
 シュトラバーゼでの遭遇戦の後、宇宙ホタルがヤマト艦内に紛れ込み、その影響をクルー一同が受けている事を早々に感づいたキーマンは、真田にクルーが催眠状態にある旨を告げ、同時に影響を与えている周波数を打ち消させた。その直後、機関室出入り口で桂木透子が接触を図り、意味深に

「仕掛けは無事だった?」

と、己の魂胆を見透かしたような口ぶりで近づき、恋人繋ぎをするかのように手の握ってきたことに訝しげに何のつもりかと尋ねたが、「黙ってあげる」の一言を返して来ただけだった。

ドラマCD

 本編でのシリアス感は何処へやら、ギャグ満載のドラマCDに登場しており、口調は本編同様にシリアス感は残るものの、その本編とのギャップは避けがたい物がある。バレル大使がコミカル感で話すのとは非常に対照的とも言える。章を進めるごとにテンションが上がるバレルに対して、常に冷静さを失わないクラウスではあるが、常識的キャラと思わせつつも、何処か常識離れしている面もある。

食いしん坊

 バレル大使が、月面大使館に赴任してからの初の記者会見にて、地球通を目指すと言いながらも「パフェ」について聞かれて戸惑い返答できなかったことに鑑み、地球で代表される料理(菓子含め)を調達し、バレル大使に食してもらおうとする。因みにこの時は、かなり過激思考があり、パフェの質問をした女性記者を
「反ガミラス派の回し者」
と真っ向から敵視したり、月面を
「ここは敵地です!」
と戦争中であるが如き思考を持っていた(強ち、間違ってはいないかもしれないが)。

YOUは何しに地球へ

 地球文化(日本文化)に触れようとバレル大使共々、日本へと降り立つ。バレル大使が猫好きであったことから、「キャッツ&ドック2202」という猫カフェへと入ることから始まる。目的地を知らなかったクラウスは呆れていた。
ツッコミもよくしており、店の名前に年号を入れたことに対し
「なんでもかんでも2202なんですね」
といってみたり
「ここの猫は尻尾が二又に分かれていませんが」
と水を差すような事も言う。
 また猫にモテたいがために、粉末状の猫用媚薬を持参してきたバレルに対して「何をするんです。駄目ですよ、そんなもの」と常識的に却下している。また阻止しようと粉末の入った紙袋を破ってしまい、猫の気を絶たせてしまい・・・・・・。

Wアナライザーのタンケンボクノフネ

 時系列は、ヤマトに同行した辺りである。アナライザーの案内でヤマト艦内を散策していたが、突発的に生じた空間波動によってアナライザーの頭部に、酒瓶が当たって真面に酒を被ってしまう。するとショートを引き起こし、違う次元のアナライザー(cv:緒方賢一氏)が降臨することとなり、いつもと違うアナライザーに一時騒然となった。
 またこの回では、やたらと地球文化(特にアニメ)に詳しいキーマンが確認でき、何気なく太田健次郎と意気投合する場面も。

「知っているのか!?」

ある意味、第1章と2章以上にギャップの凄まじい様子。


旧作との関連

『ヤマトよ永遠に』に登場したアルフォン少尉は、初期設定では「キーマン」という名前であった。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 ガミラス ローレン・バレル

pixivに投稿された作品 pixivで「クラウス・キーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21237

コメント