ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

デスラー砲

ですらーほう

宇宙戦艦ヤマトシリーズに登場する、ガミラス帝国及びガルマン・ガミラス帝国に登場する波動砲の別名である。デスラー座乗艦のみ搭載されていたため、デスラー砲と命名された模様。『宇宙戦艦ヤマト2199』にも登場しており、ガミラス語で『ゲシュ=ダール・バム』と呼ばれる。基本はデスラー砲。
目次 [非表示]

概要

デスラー砲

デスラー総統万~歳!!

 デスラー砲は、ガミラス波動砲とも言うべき超兵器である。宇宙戦艦ヤマトシリーズならびに宇宙戦艦ヤマト2199に登場し、デスラー艦にのみ搭載されてきた。理論的にはヤマトの波動砲と同じものである。発射トリガーは、ヤマトの物よりも大きな銃架を使用しているのも特徴の一つと言える。

ホムラー砲


ハイパーデスラー砲

父投稿 ハイパーデスラー砲であります

 また『ヤマトⅢ』に登場した新型デスラー艦に装備されたハイパー・デスラー砲と呼ばれる物がある。これは、普通の波動砲(デスラー砲)と違って命中後に周囲にエネルギーが広がり、広範囲の敵を殲滅可能である(あくまで画面表現上の話だが)。恐らくシリーズに登場した波動砲系列の兵器では、最強クラスの破壊力を持つと思われる。


登場経緯

宇宙戦艦ヤマトシリーズ

 デスラー砲が登場したのは、最終話においてヤマトが帰還中のことである。総統府と脱出宇宙船を兼ね備えていたデスラー艦(初代)にのみ搭載されていた。その後、劇場版『愛の戦士たち』と『宇宙戦艦ヤマト2』において、2代目の新デスラー艦として建造された際にもデスラー砲が搭載されている。しかし、デスラー艦以外にデスラー砲を搭載した艦は無かった。『新たなる旅立ち』では、戦闘空母に無理やり搭載したような形で登場した。

 そして『宇宙戦艦ヤマトⅢ』において、ようやくデスラー艦以外へのデスラー砲搭載が実現された。当作品ではデスラー砲艦と呼ばれる戦闘艦に搭載されており、多数の建造が確認できている。しかし、デスラー砲艦自体の戦闘能力は最低限度らしい(そうとも見えないのだが)。


ヤマト2199

 デウスーラⅡ世(外殻ユニット)に搭載されて登場した。兵器開発局で試作中の兵器だけあって、デスラー砲を搭載したのは本艦のみである。元々は第2バレラスの中枢部に係留された状態で、都市中枢コントロールのもと、砲台として射撃が可能となっている。

 ただし都市要塞という巨大な構造物と一体化している場合、動き回る標的を狙い撃つのは非常に困難であるため、デウスーラ(中枢ユニット)本体と合体して戦闘艦として運用し、狙撃する必要がある模様。

 また完全版ではない故に、発射するとシステム系統に障害が生じてしまうなど、またまだ改良の余地が必要な兵器としても描かれているのが特徴である。


配備の背景

オリジナルヤマト

 波動エンジンの扱いに関しては、ガミラスに一日の長が有るはずだが、何故か旧ガミラスではデスラー艦以外の搭載艦は確認されていない(反乱が起きた時の対策という説がある模様)。ただし、その後の作品である『ヤマトⅢ』のガルマン・ガミラス帝国では、デスラー砲艦と呼ばれるデスラー砲装備型の艦艇が大量に配備されており、ボラー連邦との戦いで活躍した。


ヤマト2199

 リメイク版『2199』では、波動砲の技術ルートがイスカンダルのものである事が判明した。しかし血を流し過ぎたことに反省して、波動砲技術を封印、決して他国へ手渡すような事は無かった。

 その為、如何なガミラスとは言えども、波動砲の開発は簡単ではなかったらしい。それに波動砲ことデスラー砲を装備したデウスーラⅡ世でさえ、波動コアを大型化させて実用化させたくらいである。が、作中の背景(タランとの通信場面)を良く見ると機動都市要塞第2バレラスの波動コアなので、デウスーラⅡ世そのものの機関部がどうなっているのかは不明である。(しかし良く考えると、1年未満で波動砲を完成させた真田志郎のチートぶりは健在であろう)

 波動砲の技術的な難しさ、加えて予想ではあるが、波動砲塔艦艇の建造コストの問題も絡んでくるのではないだろうか。


ヤマト2202

 ガトランティスに提供されたノイ・デウスーラにデウスーラⅡ世コアシップを搭載し、引きつづきデスラーの乗艦の切り札として登場する。


ヤマト2205

 新たに民主ガミラスから提供されたデウスーラⅢ世にデスラー砲が搭載されている。飛行甲板に格納されており、使用する場合にせり出す形となった。どうやって民主ガミラスがデスラー砲を製作できたのか不明だが、デスラー派から技術提供を受けたかデスラー出奔後に技術情報が残されていたかと思われる。


デスラー砲の実績

オリジナルヤマト

 因みにデスラー砲の実績は芳しくない、と思われがちである。確かに、ヤマト相手には尽く回避され、跳ね返され、さらにゴルバには無効化され、ゼスパーゼ機動要塞にも効き目が無かった等、良い所なしなために活躍の印象は小さいのも無理のない話であろう。

 しかし、全く役立たずで終わったかと言うと、そうではない。劇場版『愛の戦士たち』では、彗星帝国駆逐艦5〜6隻を纏めて抹殺し(ヤマトを取り逃がしたが)、TV版『ヤマト2』では巨大な空洞惑星を完全破壊し(ヤマトを逃したが)、PS版では潜宙戦艦を消滅させている。

 PS2版では、第5惑星アスタルを破壊(とある理由で出力を最小限にして3発)、『ヤマトⅢ』ではデスラー砲艦数十隻がボラー艦隊を殲滅、ハイパーデスラー砲でボラー機動艦隊とゼスパーゼ機動要塞を破壊。『完結編』ではプレ・ノアを撃破している。

 このように、命中させて破壊させたものは案外多いのである。


ヤマト2199

 こちらは都合上2回発射しているが、ヤマトに命中していない。しかし、その射程距離は想像を超えるものであった。第22話終盤で岬百合亜が「半径50光秒内に敵影なし」との索敵報告からして、デスラー砲の射程距離は50光秒程度とみられる。太陽系で例えるなら、地球の衛星軌道上から火星を狙撃するようなものだろうか。

 実績そのものとしては、惑星エピドラを破壊しているのみ。あの長大な距離で狙撃していて、惑星を破壊するだけの破壊力には驚くべきものがあるだろう。


ヤマト2202

 第11話で2回、第22話で1回と計3回使用している。11話では大帝の指示を無視して独自の行動に走ったガトランティス第8機動艦隊のカラクルム級を一掃。その後ノイ・デウスーラはヤマト追撃に移行し、ヤマトが逃げ込んだ(というかワープしたところ迷い込んだ)異空間の遺跡を破壊したが、またしてもヤマトには逃げられた。

 第22話では三度ヤマトを狙うが、ワープで躱された。デスラーは当てるつもりがなく、直前にクラウス・キーマンに警告することでヤマトが回避するように仕向けた節がある。

関連記事

親記事

デスラー艦 ですらーかん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46553

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました