ピクシブ百科事典

真田志郎

さなだしろう

真田志郎とは、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズに登場する、ヤマト乗組員の1人。技術班長を一貫して勤め上げた経歴を有する。復活篇では科学局長官へ就任。リメイク版2199、ならびに2202でも登場する。
目次[非表示]

「科学は、俺にとって屈服させるべき敵なんだ!」

声優

1代目:青野武(第1作目~復活篇まで)
2代目:大塚芳忠(2199~2202)

俳優

柳葉敏郎(実写版)

概要

 『宇宙戦艦ヤマト』シリーズに一貫して登場する、ヤマト乗組員の中心人物の1人。ヤマト搭乗時は技術班長こと技師長として就任し、ヤマトを幾度も救ってきた。ヤマト完成前は、防衛軍の工場長として艦艇の整備を中心に活動していた。『宇宙戦艦ヤマト復活篇』では、地球連邦宇宙科学局長官に就任し、地球の危機を前に移民計画を進める。
 第1作目のリメイク作である『宇宙戦艦ヤマト2199』でも登場し、役職は前と変わらぬ技術長であり、同時にオリジナルでは設定されていなかった次席指揮官たる副長を兼任することで、臨時における指揮を任される。
 実写版『SPACE BATTLESHIP YAMATO』での俳優は柳葉敏郎が務める。

オリジナルシリーズ

 古代進の兄、古代守とは、宇宙戦士訓練学校(初代アニメ版での設定の呼称)の同期で親友同士であった。そのため、冥王星海戦にて玉砕を遂げた(と、その時は考えれていた)際、古代守が地球へ帰還を果たせなかったのは、彼の乗艦『ゆきかぜ』を、ドック責任者として不十分な整備しかできなかったことが原因ではなかったか、と自責の念に駆られており、それあって守の弟である進に対しても負い目を感じていた描写がなされた(TV第1期18話他)。
 ヤマトの未知なる大航海を成し遂げた裏に、彼の類まれなる活躍が影響していると言っても過言ではない。土壇場で作り上げながらも失敗した例はほぼ無いと言っても過言ではなく、数々の危機を潜り抜ける事に貢献した。
 また少年時代に重傷を負うほどの事故に遭っており、その際に両腕と両足失っている。その為彼の両腕と両脚は義手義足になっている。同時に、事故でを亡くしている。

宇宙戦艦ヤマト2199

 ヤマトの技術長と副長を兼任して搭乗することとなる。階級は三佐として定められた。古代進の兄、古代守や、かつての守の恋人だった新見薫とは、宇宙防衛大学時代からの付き合いである。守るとは友人同士、薫とは後輩の関係である。
 オリジナルとは違った部分が多く、興味のない『中原中也』の詩集を守から渡されており、一度は返そうとしたが守るが「持っていてほしい」と言われたため、ある意味で、それが彼の遺品となってしまった。その後も何度も読み返しているうえ、それが劇中で呟かれることもある。
 また技術屋としての特徴か、方程式等の計算に基づいて行動し、或は発言する。正論を言うが温かみに欠ける機械的な物言いのため、温情などを大切にする古代進との間に対立もしばしばみられた。同時にオリジナルの様な新兵器を次々と生み出したりすることは無いため、見劣りする部分もある。ただし、それはオリジナル版が異常にハイスペックすぎたともいえ、2199版の彼は独創力には掛けるが十分に能力を有し、技術屋だけでなく参謀役として沖田を支え続けた。
 因みに、実はメ号作戦が陽動であることを知っていながら、極秘であったためそのことを守に告げることができずに1人で葛藤していた。そのせいか守の弟である進には複雑な感情を抱いている節が見受けられる。
 なお、旧作とは異なり、四肢がサイボーグであるかどうかについては一切言及されていない。
また、時代の流れからか食事はカロリーメイトらしきブロック状の固形食品で済ませている。彼曰く「無駄なカロリー摂取はおろかな行為だからね」らしい。

宇宙戦艦ヤマト2202

 続編作品2202でも登場する。しかし、ヤマトの航海を終えた後に地球政府が再軍備を図り、波動砲装備艦隊構想を立案。真田もその構想に同意していることから、スターシャ・イスカンダルとの間に結ばれた波動砲使用封印の一件を巡り、固く守るべきだと主張する古代進とは対立関係にある様子。しばし音信不通状態となっていた。ヤマトが地球復活の依り代となった後、地球政府の方針転換で再整備が決定したことを受け、ヤマト整備の中心となって計画を進めている。
 波動砲の封印は沖田の意思でもあることは承知しているが、その反面で強大な軍事力を相手にした時、数に劣り人的にも不足している地球の現状を考え、波動砲を装備せざるを得ないと考えているなど、極端に波動砲を推進している訳でもない。そして地球が復興並びに軍事拡充を短期間に成功させた理由を知る一人でもある。
 のちにテレサのメッセージを受けて、古代が助けを求めていると言う考えに賛同。誰よりも理論的・合理的思考だけではない常識にとらわれない古代を信頼しており、彼の行動に賛同した。


こんなこともあろうかと

 ヤマトファンなら誰しもが聞いたことのある台詞「こんなこともあろうかと」。このセリフは、彼の有能振りを印象づけるものとしてよく引用されるが、実際には劇中では一度も使っていない
 似たようなセリフにヤマト2第10話の「多分こんな事もあろうと思って」というものがあるが、しばしばこのセリフの原典とされる第一作最終話の彼のセリフは、「反射衛星砲にヒントを得て密かに開発しておいた空間磁力メッキが役にたったよ」である。
<参考>アニメ評論家・氷川竜介氏のTwitter発言
http://twitter.com/Ryu_Hikawa/status/7610771223
http://twitter.com/Ryu_Hikawa/status/7610814434

なぜか「真田さんのセリフ」として有名になってしまったためか、青野武がナレーションを務めた劇場版DVDのCMでは「こんなこともあろうかと、このDVDを用意した」というフレーズを使っていた。


関連タグ

宇宙戦艦ヤマト こんなこともあろうかと
アナライザー 古代守 空間磁力メッキ
技師 技術者 エンジニア

pixivに投稿された作品 pixivで「真田志郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 920080

コメント