ピクシブ百科事典

時間断層

じかんだんそう

時間断層とは、宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち に登場する特殊な空間の事である。
目次[非表示]

概要

以下、ネタバレ注意



























 時間断層とは、『宇宙戦艦ヤマト2202』で発見された特殊な空間のことを指す。コスモリバースシステムの副作用で発生した空間で、この時間断層内部では通常の空間と比べて、時間の流れの速さが10倍早くなっている。つまり、通常の空間で1日経ったとき、時間断層内では10日経っているということになる。
 この特殊空間のことを、「コスモリバースシステムの負の遺産」と呼ぶ他、「リバースシンドローム」とも呼ばれる。キーマンは、
「蘇った地球が、美しい自然の中で密かに抱え込んだ闇」
と表現している。

 西暦2199年に、ヤマトがコスモリバースシステムを地球へ持ち帰り、ガミラス侵攻前の環境を取り戻したものの、上記したように、副作用によって局地的に時間の流れが異なる空間が生まれてしまった。これが時間断層である。
 なぜコスモリバースシステムによってこの様な特殊な空間ができたのか。そして、なぜスターシャはコスモリバースシステムの副作用の存在をヤマト乗組員に伝えなかったのか。第6章の時点では明らかにされていない。
 ただ、ガミラス側からすれば予想外の現象だったらしく、クラウス・キーマン「こいつは度を越している」と発言している。

利用価値

 時間断層の存在に気づいた地球連邦政府は、この事実を公には公表せず、一部の政府関係者やガミラス高官にのみ断層の存在を発表した。

 時間断層には、ガミロイドを利用して造船所が建設され、ここで大量の地球防衛艦隊が建造され続けている。これがわずか3年の内に多数の波動砲搭載艦をはじめとする大規模な艦隊を整備することができた要因である。
 ちなみに、時間断層の実態把握に5年、ドックの建設に10年かかる(通常空間の場合)らしいが、実際にはわずか1年半でドックの建設まで完了していた。
 上述の通り地表の10倍の速さで時間が流れるため、生身の人間はたちまち老化してしまい、防護服に身を包んでも長居はできない。ロボットであるガミロイドであれば1個体が老朽化してもそれを取替更新すればよいだけなので、これを工員の代わりにしているのである。
 また、この時間断層内の造船所はガミラスにも貸与されており、その見返りとしてガミラスが持て余していた幾つかの植民星を地球側に譲渡している。この植民星から採掘される資源が、地球防衛艦隊やガミラス艦隊の建造に利用されている。断層内で建造された艦船は地表に開けられた巨大な穴のような場所から地上に出ていることが第6章で確認されたが、その穴が1つしかないのか、それとも複数あるのかは現時点では不明。
また、驚異的な速度で復興した地球表面の都市の建築資材の生産も、この時間断層内に置いたプラントでなされたと考えるのが合理的である。

 この時間断層の特性を、戦力増強のみに利用するだけではなく、軍事技術の発展にも利用していた。10倍速く流れる時間を利用し、アンドロメダ級やドレッドノート級等の開発・建造は無論のこと、第6章から明るみになったG計画にも大いに利用された。
 戦闘艦等の戦力回復は追いついても人材の回復が追いつかないこと、並びに人間では感情が壁となって冷静に指揮判断が出来ないことから、AIを軍事転用することを推し進めていた。しかし、AIはまだまだ未完成であり、人間の様な判断が下せない。
 それを完成の域に近づける為に、波動実験艦銀河ブラックアナライザーで得た人間の技量をデータ化し、それを時間断層工場に送信しフィードバックする。これにより遥かに速い速度でAIを完成させようとしていた。

 ストーリー構成の福井晴敏氏によれば、このように、時間断層内部では軍事力再建のみならず、軍事技術発展のための実験場になっていると解説されている。

経歴

 第2章でその存在が明るみに出ており、事実を知った古代進は愕然とし、これを批判している。この時点で、多数のアンドロメダ級(無人のブラックアンドロメダ級含め)、ドレッドノート級、ガミラス艦らが追加建造されていた。
 第5章では、ガトランティス軍の来襲に備えて、時間断層工場をフル稼働し、戦力の増強を図った。さらに、時間断層工場内では銀河も建造されていた場面が伺える。
 そしてガトランティスで様々なネットワークを有する情報記録長官ガイレーンの能力によって、時間断層の存在がガトランティス側に知られる事態となり、地球の捕獲対象となる原因となった。
 第6章では、土星沖海戦後、アンドロメダの修理・改装や、アンドロメダブラック級、ノイ・バルグレイ級、ガミラス版アンドロメダ(通称:ガミドロメダ)やドレッドノート級などの戦艦や護衛艦、駆逐艦の建造を続けている。
 数千隻にも及ぶ艦船が建造されたと思われ、銀河も断層内で建造されたとのこと。

芹沢 「徹底抗戦だ!戦線を維持せよ。時間断層ある限り……

 もっとも負の遺産などと呼ばれてはいるが、第六章時点ではメリットしか語られていないのであっても特に問題ないのかもしれない。


関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 時間断層工場 物量

関連記事

親記事

宇宙戦艦ヤマト2202 うちゅうせんかんやまとにーにーぜろにー

兄弟記事

コメント