ピクシブ百科事典

福井晴敏

ふくいはるとし

福井晴敏とは、日本の小説家である。
目次[非表示]

概要

1968年生まれ。東京都出身。別名は「ハルトシくん」「フクイ軍曹」「ブンゴー」など多々ある。
1998年に「TwelveY.O.」で小説家デビュー(処女作は「川の深さは」で江戸川乱歩賞の選考で話題を呼んだが惜しくも落選。作品自体はその後修正・改訂を加えて出版された)。
防衛問題など時事性の有るテーマ上でハリウッド映画的なアクション表現を多用する事で知られ、それらの要素をふんだんに盛り込んだ「亡国のイージス」は話題を呼んだ。

作風としては二人の主人公がコンビを組む「バディもの」が多い。
また、氏の作品において度々「DAIS(ダイス)」こと防衛庁情報局(ディフェンス・エージェンシー・インフォメーション・サービス)や「GUSOH」と呼ばれる化学兵器が登場するのも特徴である。

大のガンダムファンを公言しており(ただ、劇中メカにはあまり詳しくないらしく、ドラッツェが何なのかを思い出せず、ビジュアルを見て思い出すといった事もあった)、同時にその生みの親である富野由悠季のファンでもある。
ガンダム関連作品では「∀ガンダム」のノベライズを手がけているが、その際に富野独特の「富野節」と呼ばれる文法を見事にコピーし、更に自身のオリジナルとして「機動戦士ガンダムUC」を執筆。同作はアニメ化などのメディアミックスが展開され、福井の代表作の一つとして知られる事になる。

作品

小説

作品発表順。(○)は映像化した作品。


その他


外部リンク

公式サイト
wikipedia

関連項目

小説家
富野由悠季 ガンダム 架空戦記

pixivに投稿された作品 pixivで「福井晴敏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31250

コメント