ピクシブ百科事典

概要

角川映画が角川グループ60周年記念作品として2005年に製作した特撮映画。
半田良の小説『戦国自衛隊』のコンセプトをもとに、『亡国のイージス』の福井晴敏がプロットを手掛けた。そのため、旧作とのつながりはない。
原作で燃料などの補給手段やタイムスリップの原因が説明されなかったのに対し、本作では独自の説明がなされている。また歴史への影響をなるべく避けるために実弾は基本的に使用せず、戦国時代の人々はなるべく殺傷しないという設定ゆえ、旧作で見られた自衛隊の火器が戦国時代の人々に向けて使われるシーンはなく、基本的にはタイムスリップした二つの自衛隊部隊同士の潰しあいとなっている。

あらすじ

西暦2003年。陸上自衛隊藤駐屯地にて対ソーラーマキシマムの人工磁場シールド発生実験の最中に事故が発生し、その場に居合わせた的場一等陸佐率いる「第三特別実験中隊」が地面ごと消滅した。
3日後、磁場の揺り戻しにより現代に戦国時代の武将、七兵衛がやってきてしまう。
彼の話により、第三特別実験中隊の生存が確認されたが彼らは西暦1547年に飛ばされそこで歴史を改変しようともくろんでいるらしく、その影響と思われる「虚数空間」、通称「ホール」が現代の日本各地に出現し、侵食を始める。ホールの侵食が進めばこの世界は消滅してしまうと予測される。
2年後、第三特別実験中隊を救出するべく「オペレーション・ロメオ」が発令。特殊編成部隊「ロメオ隊」がタイムスリップを行う。かつて的場が創設した特殊部隊「Fユニット」の一員だった元自衛官の鹿島勇祐もオブザーバーとして参加し、七兵衛も同行する。到着先は戦国時代に飛ばされてから2年後の1547年。現代に戻れるタイムリミットは、74時間26分。
しかし到着したロメオ隊は対人戦に異常に手馴れした謎の襲撃者によって隊員の半数以上が殺されてしまう。鹿島は指揮官の森に実弾を使うよう迫るが、ロメオ隊は「非常事態」を除き実弾の使用の一切を禁じられているとして、頑なに拒否する。

翌日、鹿島たちのもとにあの襲撃者達が訪ねてくる。「天導衆」を名乗る彼らはなんと実験中隊の面々だった。彼らに案内されたのは、現代兵器で武装された要塞「天母城」だった。そこでは的矢陸佐が自らを織田信長と自称し、日本をより強固な国にするべく歴史改変をもくろんでいた。

関連記事

親記事

戦国自衛隊 せんごくじえいたい

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました