ピクシブ百科事典

濃姫

のうひめ

日本の戦国時代の人物で、美濃(現在の岐阜県)の戦国大名・斎藤道三の娘。織田信長の正室。
目次[非表示]

概要

濃姫の名は、戦後の郷土史家の命名ともいわれる。
諱(いみな)を帰蝶(きちょう)とする史料があるが、定かでない。

父親に斎藤道三を持ち、母親は明智光継の娘・小見の方で、弟に斎藤利治がいる。明智光秀とは従兄妹に当たる。
天文18年(1549年)に政略結婚という形で、織田信長に嫁いでいる。
彼女に子は生まれなかったらしく、信長と側室(吉乃)の間にできた子供である織田信忠養子にしたらしい。信忠を養子にした前後に、弟の斎藤利治を側近として織田家の家督を継がせた。

信長の正室という立場でありながら、斎藤家から嫁いだこと以外、彼女の経歴その他は資料の乏しさから殆どが不明。
容姿も人物も、幼少期も結婚後も、いつどこでどのような最期を遂げたかもわかっていない。

結婚後の有力な説では、本能寺の変の時は安土城におり、明智軍が来る前に蒲生賢秀・氏郷親子に伴われて日野城に移り、その後は出家して江戸時代成立後に死去したと言われる。

今日に出来上がったイメージは、夫である信長の影響によるものや、小説ゲームなどの後世の人々が作り出したイメージで出来上がっている。

創作物における濃姫

戦国無双』シリーズ

濃姫(戦国無双)の記事を参照。

戦国BASARA』シリーズ

濃姫(戦国BASARA)の記事を参照。

殿といっしょ

CV:沢海陽子
美人でお淑やかな口調で穏やかに笑うが、かなりひどい性格。
自分を溺愛してくれる父・道三に身も心も傷つけるほどからかったり、羽柴秀吉や明智光秀に冷や汗をかかせる一言を言ったりと、さすがの破天荒な信長もツッコミに回るほど。
おねまつ熙子とはお茶友達であり、よく4人で集まって夫の話題に花を咲かせている。

信長の忍び

CV:たかはし智秋(アニメ) / 内田真礼(戦国大戦)

尾張統一記


父・道三が「天下一の美女」と評する、癖毛のある信長の正妻。作中では「帰蝶」と呼ばれている。
義妹お市を励ます心優しい性格だが、恐るべき超・天然ボケ。心安らぐ存在として帰蝶を愛している信長もその点には頭を痛め、彼女の性格を後世に残さぬよう『信長公記』を著した太田牛一に指示したため、歴史書に彼女に関する記載が少ない理由になっている。

戦国大戦

帰蝶さま



諱とされる帰蝶名義で参戦。
二つ名は「蝮の娘」。
自身含めて3人いる信長の妻の中でツンデレ担当。レアリティは最上位のSR枠。
武将としての能力傾向は夫の信長に似ており、計略は実父である斎藤道三譲りの毒の妨害陣形。
うつけと呼ばれる夫の器量を見極めるような冷静な口振りながら、斎藤義龍今川義元との戦いに出る信長を心配して動揺することも。

スペックはコスト1.5 武力4/統率5の鉄砲隊。
特技は「防柵」と「魅力」。
持ち計略の「胡蝶の毒」は、陣形の範囲内に入った敵軍兵力を徐々に削る計略で、道三と比べて有効範囲が狭くなった分、削っていくスピードは道三よりも早い。

「うつけ殿が天下を目指すのか?
   ……面白い。見届けてみよう」

関連タグ

織田信長 斎藤道三 明智光秀 織田信忠 人妻
小説 漫画 ゲーム 時代劇 大河ドラマ
戦国無双
戦国無双 ノウヒメ
戦国BASARA
戦国BASARA(BASARA バサラ) 学園BASARA
戦国大戦
戦国大戦

pixivに投稿された作品 pixivで「濃姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2388163

コメント