ピクシブ百科事典

森可成

もりよしなり

織田信長に仕えた織田家の武将。
目次[非表示]

概要

 森可成は室町時代末に織田家で活躍した戦国武将。

  • 生:大永三年(西暦1523年)
  • 没:元亀元年九月二十日(西暦1570年10月19日)

 織田信長が織田家の家督を相続した時から一貫して信長に出仕しており、織田信長に従属した時期はかつての美濃国主、土岐頼純尾張に下向するとこれに従って下り、土岐氏没落後は一貫して織田弾正忠家に仕える。信長の父である織田信秀から二代に亘って仕えた重臣である。伊賀の流れ者とされ出自が定かならぬ滝川一益信長小姓であった同年代の丹羽長秀信長が父である織田信秀の後継となる事に異を唱え家督を争った争った信長の同母弟、勘十郎達成(織田信行。以降は織田信行で統一)に味方した織田弾正忠家家老、柴田勝家尾張武家の次男、三男である前田利家佐々成政、同じく出自が定かならぬ木下秀吉といった面々を見るだに、由緒ある清和源氏の家系で美濃国主、土岐氏に仕えた森可成の出自と経歴は群を抜いている。
 具体的に織田弾正忠家へと帰順した時期は土岐頼純美濃帰国後、斎藤道三によって土岐氏が滅ぼされて以降の様子であり、信長が戦った戦場には例外なく従軍して武功を上げている武闘派。その苛烈な戦い振りから攻めの三左(三左衛門可成の官職を取って三左)と讃えられる。一方で戦傷で手の指が一本、欠けていた事から、両の手足合わせても指が十九本しかないとの事で十九という侮蔑も受けていた模様。
 戦場では関兼常作の十文字槍を自在に振り回す剛の者であったが、武技のみに秀でる人間という訳でもなく信長の上洛後、にて政務に携わっていた文書も多く残されている。

信長の家督相続時(尾張統一戦)

 うつけと評判の織田信長が家督を継いで父、信秀の代には尾張国を完全掌握していた織田弾正忠家ではあったが、此処で織田信秀の風下に立たされていた織田大和守家(清洲織田家。織田弾正忠家は本来、この織田大和守家の家老である)当主である織田信友信秀の死に乗じて勢力を伸ばし、尾張国守護職である斯波義統に下克上を果たして斯波義統を殺害する一大事が発生する。その直後、信長は義統の嫡子、斯波義銀を擁立して弔いの兵を挙げ、信友を攻め是を滅ぼす(弘治元年。萱津の戦い清洲城の戦い)。この戦で可成は敵大将である織田大和守家当主、信友の首級を挙げている大活躍を見せている。
 その後、舅の斎藤道三が息子の斎藤義龍に矛を向けられるとこれの救援に従事するが、長良川の戦い(弘治二年)で信長の後詰めも功を奏さず道三は討ち死に。その頃には再び織田家でも家督争いが勃発し、信長斎藤龍興と同盟を結んだ実弟の織田信行と争う事となる。信行と正面衝突した稲生の戦いでは寡兵ながらも兵が奮闘して信長が勝利。無論ながらコレに可成は参戦しているが、柴田勝家がこの戦いで信行陣営の主力として参戦しているのは大きな着目点であろう。
 そして尾張下四郡の支配者であった清洲織田家(織田大和守家)を滅ぼすと続いて信長に矛を向けたのが、尾張上四郡の支配者で織田伊勢守家(岩倉織田家)の当主、実の父である織田信安を追放してその座を奪った織田信賢であり、これと争った浮野の戦いにも可成は参戦。信長はこの戦いに勝利し尾張国の大部分を統一するに至る。
 しかし実情としてこの時点での信長の影響力は父、信秀の統治時に遙か及ばず(実際に犬山城城主、織田信清も反旗を翻していた)、尾張国の地盤が定まらぬ間隙を突いて駿河国遠江国三河国を治める今川義元尾張に出兵する。後に云う桶狭間の戦いが開戦するのだが、言うに及ばずこの桶狭間の戦いにも可成は参戦している。驚くべき参戦率である。
 尚、尾張を統一したはずの信長が手勢の馬廻り千名で清洲城を電撃的に出馬したのは、そもそも収集を掛けても兵が集まらなかったという事情がある。兵が集まれば信長とて今川義元が率いる兵の十分の一かという兵力で出馬するはずがないのであるが、要するにこれは尾張の大半の土豪今川義元の兵力を見て織田家の支援を断り日和見(サボタージュ)を決め込んだのであるが、逆に桶狭間の戦いにも随伴した森可成の先見性は見事といえよう。
 この様に森可成は一貫して信長に仕えあらゆる戦場を駆け巡った尾張統一の功労者と云える人物であり、そうして尾張国は後の永禄八年、犬山城の落城で遂に統一されるのである。

 美濃国攻略に至ってからは戦争規模と戦域が拡大する為、信長が直接、陣頭指揮を執っていた桶狭間の戦いまでで森可成が部隊長として参戦した戦を図示するとこうなる。

合戦名発生年号西暦換算森可成参戦の是非
赤塚の戦い天文二十一年四月十七日1552年5月10日不参加?
萱津の戦い天文二十一年八月十六日1552年9月4日参戦
稲生の戦い弘治二年八月二十四日1556年9月27日参戦
浮野の戦い永禄元年五月二十八日1558年7月12日参戦
桶狭間の戦い永禄三年五月十九日1560年6月12日参戦

美濃攻略から上洛、姉川の戦い

 永禄三年、今川義元を桶狭間にて討ち取り、今川家から離反した松平元康(後の徳川家康)が清洲同盟にて織田家と同盟を結び、信長は東の憂いを断つと続く美濃国攻略にとりかかるが、此処で信長斎藤義龍を攻めあぐねる。しかし、斎藤義龍が永禄四年に急死してからその跡を継いだ斎藤龍興は家督相続時、まだ十三歳の若さで織田の進攻を止めるだけの実力も地盤も無く、尾張国を統一した信長とで天秤にかける重臣らを美濃出身で土岐氏に仕えた伝手から森可成、坂井政尚といった尾張仕え美濃衆が調略に奔走し、これらをジワジワと斎藤家から離反させる事に成功してゆく。
 とはいっても、実際には信長は当初、桶狭間の戦勝に乗って力攻めを行ってはいる。桶狭間の戦いの翌年である永禄四年、五月十一日に斎藤義龍が戦死した間隙を突いてその二日後には美濃に侵略。織田軍は長良川を渡河して北上、五キロほどの地点にて義龍の子、斎藤龍興が派遣した軍と遭遇し是を撃破。戦地の地名を取った森部の戦いは先ず織田信長に軍配が上がる(余談ではあるが信長異母弟の茶坊主、拾阿弥を斬り殺した事で勘気に触れ追放されていた前田利家は、この森部の戦いで「頸取足立」と勇名高い足立六兵衛の首を取り漸く帰参を許されている)。
 しかし斎藤軍は軍を再編して、森部の戦いから十日後の五月二十三日、墨俣砦の北八キロ地点にある十四条にて陣を張ると信長も是に応じて墨俣砦から急行、十四条の戦いに発展する。しかし今度の斎藤軍は強く、信長はこれの攻略を諦めている。信長はこの軍を迂回してやり過ごし裏へ抜けようと西へ迂回し、北西隣の西軽海に至るが斎藤軍も同様に北上し、北軽海に居陣して両軍は対峙。夜になって斎藤軍が夜襲をしかけ信長も負けじと応戦したが、明け方には不利を悟ったか兵を墨俣砦に引き、墨俣砦の守備隊を編成してから信長は帰国している(軽海の戦い信長公記には戦勝とあるが十四条の砦を明け渡して帰国している事から、実際には敗退したものと思われる。墨俣砦の守備隊長には木下藤吉郎秀吉が着任)。まずこれら緒戦によって信長が「斎藤軍強し」と見た事により、信長は武力攻略から調略を次第に織り交ぜていく。
 永禄六年、兵力動員数増加と後方の安全確保の為には犬山城の攻略は不可欠と見て信長は拠点を清洲城から小牧山城へと移転させる。唯、移転させると云っても武士団だけが移転した訳でなく、商人と共に家臣団の家族全てを含めた町一つの移転に他ならぬ大移動を掛け、本腰を入れての美濃国攻略と犬山攻略を進めていく(余談ではあるが是によって否応なしに織田軍は兵農分離が進められた)。同時に小牧山城築城と併行しての威力偵察か、犬山城の勢力を削ぎながら美濃南部に進攻、加納口(現、各務原市)にて斎藤軍と交戦、新加納の戦いが勃発する。この戦いで森可成は二段目に構えるが、この戦いは織田軍の敗戦と云って良い情勢にて終戦している。
 こうしていよいよ以て正面からの武力攻略は難しいと実感したか、信長は戦況打開の糸口を探り、ひょんな事から中濃、ふとした伝手にて加治田城城主の佐藤忠能佐藤右近右衛門)を永禄七年、丹羽長秀が調略し織田家へと帰順させる事に成功させてしまう。続いて木曽川沿いの加治田城近辺にある支城、猿啄城を武力攻略し、其処に河尻秀隆尾張仕えの美濃出身。黒母衣衆筆頭で本能寺の変直前には甲斐国主)を入城させると、加治田城の南、勇将岸信周が守る堂洞城も武力攻略(堂洞合戦)。森可成は堂洞城攻めに参戦し、また後詰めに来た長井道利斎藤龍興の連合軍も撃退している(関・加治田合戦)。
 こうして丸裸になった金山城(美濃に所属していた時は「烏峰城」。信長が戦勝にあやかって金山城へと改名した)は降伏開城し、其処に森可成を入城させ中濃の攻略を存外とすんなり完了する(永禄八年)。織田信長は士卒を美濃衆の下に置き権益をそのまま保証する事で中濃の守りを盤石とし、逆に中濃を切断された斎藤氏は東濃の遠山氏を介して武田信玄の支援を受けられなくなり、犬山城の織田信清犬山城落城と共に甲斐へと逃れ、最終的に森可成らが調略していた西濃の西美濃三人衆氏家直元氏家卜全)、稲葉良通稲葉一鉄)、安藤守就)が永禄十年、信長稲葉山城攻めに内応し稲葉山城は遂に落城(稲葉山城の戦い)。七年に渡る年月を経て遂に美濃国の大部分が織田信長自らの統治下に入るのである。
 尚、上記の通り永禄八年に森可成は中農にある要衝の兼山城(現代に「兼山」と改名されたが旧名は金山)を与えられている事から、その功績の大きさを窺い知る事が出来よう。

 足利義昭を奉戴しての上洛では柴田勝家と共に先鋒を務め、三好三人衆近江国守護の六角義賢らを攻略する(観音寺城の戦いでは先方を勤め、勝竜寺城の戦い等にも参戦)。この功で森可成は岐阜京都を連絡する要衝、琵琶湖西岸、比叡山の脇にある近江宇佐山城城主に栄転。
 その後、第一次朝倉攻め(この朝倉攻めで森可成は長男、森可隆を亡くしている)の最中に突如、寝返った同盟国の北近江浅井家浅井長政と正面衝突したかの有名な姉川の戦いにて、通説によらば森可成は織田軍五段目、背後に佐久間信盛織田信長を置き浅井軍先鋒磯野員昌を食い止める働きを見せる。

三好三人衆、斎藤龍興、細川昭元らの出兵から本願寺決起

 姉川の戦いにて浅井長政の首こそ取れなかったものの小谷城の直下である横山城を奪取し状況的な戦勝を収めた織田信長だったが、摂津国にて三好三人衆、かつて美濃国の国主であった斎藤龍興細川京兆家当主である細川昭元細川信良)らが決起すると、信長はこの乱を鎮圧する為に摂津国へと出兵(野田城・福島城の戦い)。信長居城の岐阜城と連絡線を確保する為に森可成は居城、宇佐山城の守備を固めるが此処で本願寺信長に対して決起する(石山合戦)。更に是に呼応する形で浅井長政朝倉義景が北近江から琵琶湖を西回りで進攻し信長本隊の背後と京都を突かんとし(第一次織田家包囲網)、森可成は浅井朝倉連合軍の進軍を阻止して織田信長の退路を確保するべく、宇佐山城を出て僅か千名ばかりで坂本口まで進軍する。森可成は信長の異母弟である野府城織田信治らと合流して九月十六日、街道を封鎖。この地で森可成らは二万を越える浅井朝倉連合軍と槍を合わせる事となる(坂本・宇佐山城の戦い)。
 街道を封鎖した森可成らの兵数は僅か千名ばかりで、しかも主力が信長と共に摂津へと出陣してしまっていた為、戦況は絶望的かのように思えた。が、九月十六日に行われた緒戦では俄に信じられぬ事に、森可成らによって浅井朝倉連合軍は撃退され、局所的な勝利を収めるに至っている(本格的な合戦には進展しなかった模様。本願寺の決起は九月二十日の事でそれ以前に浅井家とも本願寺は連絡を取り合っていた模様で、摂津の戦況を待った可能性はあり。明照寺旧蔵文書より)。
 しかし石山本願寺の要請で浅井朝倉連合軍に比叡山の僧兵三千名も加わり軍勢は三万人へと膨れ上がり、九月二十日、遂に本格的な合戦へと進展する。この日の戦いでも森可成らは連合軍先鋒、朝倉景鏡を押し返す健闘を見せるが、先鋒を次々と入れ替える連合軍相手に衆寡適せず、遂に森可成、織田信治青地茂綱蒲生氏郷の叔父)らは悉く槍下に臥し討ち死にしてしまうである。森可成、元亀元年九月二十日没、享年四八歳
 その後、戦勝に乗って浅井朝倉連合軍は城主、可成が欠けた宇佐山城も攻めるが、宇佐山城は森家家老の各務元正らが兵を掌握しており、この残兵千名ほどが強固な反攻を行う。また森可成ら戦死の報せを九月二十二日に、折よりの情勢連絡も受けていた信長摂津国から近江国まで撤兵を九月二十三日に完了させ、翌九月二十四日、森可成が戦死した近江坂本口に陣を張り(志賀の陣)、森可成らの文字通り決死の遅滞行動から稼ぎ出した数日間で織田軍は退き口を成功させるのである。信長自身の後詰めで宇佐山城も落城せずに持ち堪え、最終的に森可成らが街道を封鎖した九月十六日から行われた遅滞戦闘で得た貴重な七日間は、こうして辛くも織田家を救った。

森可成の死後、子孫や森家の家督

 家督相続時より一貫して従事してくれた有能な臣である森可成を失った信長は大変に深く悲しみ、これが比叡山焼き討ちの遠因に繋がる事にもなった。森可成は近江延暦寺と山を同じくする聖衆来迎寺に葬られたが、比叡山焼き討ちの際に聖衆来迎寺は森可成の墓所があるという理由で戦火を免れている。
 尚、晩年の信長の小姓として本能寺にて戦死した事で知られる森蘭丸森成利)、森坊丸森長隆)、森力丸森長氏)は森可成の三男、四男、五男である。森可成の長男である森可隆は先述の通り元亀元年、第一次朝倉攻めの最中に初陣で戦死しており、次男の森長可鬼武蔵として恐れられた剛の者であったが、小牧・長久手の戦いで戦死してしまう。
 この通り森家は、

氏名家系没年死因
森可隆長男元亀元年(西暦1570年)戦死
森可成元亀元年(西暦1570年)戦死
森蘭丸三男天正十年(西暦1582年)戦死
森坊丸四男天正十年(西暦1582年)戦死
森力丸五男天正十年(西暦1582年)戦死
森長可次男天正十二年(西暦1584年)戦死

 と、悉く六名が戦死している凄絶な家系図を持つ。最終的に森家の家督は、最後の男子である森忠政が継いでいるが、森可成の妻で兄弟らの母である妙向尼の悲しみは察してあり余る。

 唯、心血を注いだ価値があってと云うべきか本能寺の変以後、最終的に悉く没落する織田家家臣団にあって森家六男で家督を継いだ森忠政川中島十三万石から美作国十八万石へと栄転しており、家名は明治に至るまで存続する事となる。けちな締まり屋として有名な家康家康らしからぬこの措置は、本能寺の変の混乱に乗じて空白地帯となった森長可の所領である信濃国川中島四郡)を横領した挙げ句、小牧・長久手の戦いではその森長可本人を殺害している森家への懐柔策とも云われている。

森可成に関連する史跡

聖衆来迎寺(滋賀県大津市比叡辻)

 森可成の墓所がある。

可成寺(岐阜県可児市兼山)

 金山城(兼山城)の麓にある森家の菩提寺。森可成から続く森家兄弟の墓所がある。余談ではあるが兼山歴史民俗資料館には森長可が使っていたとされる鎌槍、人間無骨のレプリカが展示されており、資料も充実して見応えがある。

兼山城跡

 森可成が初めて城主になった城の城址。当時の遺構を良く遺し虎口、大手門、籠城用の水の手、横矢を入れる土塁、搦め手や馬出しなどが良く見て取れる。城址公園自体は近年に整備されたものであるが毎年の桜は見事。森蘭丸森成利)が浸かったとされる産湯の井戸も有り。

関連タグ

戦国武将 中部勢

創作における森可成

信長協奏曲

信長の部下の一人。ドラマ版サブローからは「もりりん」と呼ばれている。

殿といっしょ

信長を支えた猛将であるが、暴れん坊すぎる長男に死ぬほど手を焼いている苦労性パパ。なぜか信長からは「討ち死にを遂げた忠臣」だと勝手に思われているなど報連相がイマイチ上手くいっていない模様。

信長の忍び


CV:関智一

「ウチの殿は百年の乱世を終わらせるために戦ってるんだ」
「そんな事もわからねー 足を引っ張る事しかできねえ小物が何人集まろうが 織田家は絶っっ対倒せねえ!!

おそらく史上最も可成が活躍した漫画。三男・蘭丸が信長の寵愛を受けたことから「美濃一の色男」として作中きってのイケメンに描かれている。既に結婚し子もたくさんいるが、尾張の女性たちからは絶大な人気を誇る。
『外伝 尾張統一記』にて美濃を出た後に信長に仕え、終生の伴侶となるえい帰蝶の侍女)と結ばれる。得意の十文字槍で織田信友を撃破し、信長の下で武功を積む。
本編では主人公・千鳥に対し「女が戦場に出るべきじゃねえ」と嘯いており、女性や子供が戦わずに済む世を目指す信長に忠誠を誓っていることが早くから描かれていた。桶狭間、姉川でも功を挙げるが、宇佐山城の戦いで壮絶な戦死を遂げた。
彼の意志は千鳥によって息子たちに伝えられ、後に次男・長可は武人として、三男・蘭丸は文官として、信長を支えていくこととなった。彼の妻子の住む屋敷を後にした千鳥の眼には、えいと共に微笑む可成の姿がはっきりと見えていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「森可成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11929

コメント