ピクシブ百科事典

氏家卜全

うじいえぼくぜん

氏家卜全とは、戦国時代の武将。

概要

日本の戦国時代武将。永正9年?(1512年?)~元亀2年5月12日(1571年6月4日)。
稲葉一鉄安藤守就と合わせて「美濃三人衆」と称された人物。
ちなみに「卜全(ぼくぜん)」は出家後の名前であり、当時は「氏家直元(なおもと)」を名乗っていた。

はじめ土岐頼芸に仕え、斎藤道三によって土岐氏が追放されて以降は道三・義龍龍興の三代に渡って斉藤家を支えた。
しかし、龍興とは折り合いが悪かったこともあり、織田信長による斉藤家の居城・稲葉山城への侵攻に伴い三人衆とともに寝返り、以降、織田の家臣として仕えた。
(なお、この頃から「卜全」と号したとされる。)

その後は信長上洛に従軍し、姉川の戦いにも参戦。
元亀2年(1571年)、長島一向一揆において柴田勝家に従軍し、織田軍撤退の殿軍を務めるが、佐々木祐成に討ち取られた。
享年38歳とされるが、『美濃国諸旧記』では59歳の老齢であったとも。

なお、昨今では漫画家氏家ト全(うじいえ ぜん)のペンネームの元ネタとして有名。
後者は漢字の「卜(ぼく)」の字をカタカナの「ト(と)」に変換しているため、タグ付けの際は注意されたし。

関連タグ

戦国武将 
斎藤道三 織田信長
美濃三人衆 稲葉一鉄 安藤守就

氏家ト全(漫画家)

pixivに投稿された作品 pixivで「氏家卜全」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3778

コメント