ピクシブ百科事典

斎藤義龍

さいとうよしたつ

美濃の戦国武将で斎藤道三の子である。斎藤高政、一色義龍とも。
目次[非表示]

生涯

大永7年6月10日(1527年7月8日)~永禄4年5月11日(1561年6月23日)
斎藤道三の子として生まれるが、一説には実父は最後の美濃守護・土岐頼芸であるとされ、義理の親子とも言われる。
幼名は豊太丸。仮名は新九郎。元服後の名乗りは高政(利尚とも)。長良川の戦いで道三を滅ぼしてからは義龍→玄龍。
一説によればに乗っても地に足が着き、正座をすれば膝の高さが扇を開いたほどもあった当時としては超巨漢(197㎝程度)だったとされ、織田信長からは「六尺五寸殿」と揶揄されていた。

天文23年(1554年)に道三が隠居して家督は継ぐ。しかし、二人の親子仲は元々悪かった上に道三も次男の孫四郎や三男の喜平次を可愛がり、家督を孫四郎に変更し高政を排除することを画策していた。
弘治元年(1555年)、高政は一族の長井道利や側近の日根野弘就らと決起して孫四郎と喜平次を殺害し道三を追放。翌年には親子で合戦となり、劣勢の道三は長良川で敗死した。この時、道三は高政を無能と見なしていた自分の評価が誤っていたことを認めたという。後に高政は代の中国でやむなく父親殺しをした「范可」と称した。

混乱が続いていた国内を整備し、父のような独断専行的な政治は避け、宿老と呼ばれた重臣による合議制を導入。室町幕府将軍足利義輝から足利家の一門である「一色姓」を称することを許され、さらに義輝から義の偏諱を貰い諱を高政から義龍に改め「一色義龍」となり幕府相伴衆の役職も得て幕府公認大名となった。
なお、当時の公式記録や文書では彼の名前は全て「斎藤高政」か「一色義龍」となっており、現在知られる「斎藤義龍」と名乗ったことは記録上一度もない。これは織田信長(妹・濃姫の婿)が義龍を美濃斎藤家の当主として認めず濃姫の実弟・斎藤利治を美濃斎藤家の跡取りとして扱っていたこと。さらに家格の高い足利一門の一色氏を名乗られるということが織田家にとって不都合であったためである。後に織田家は没落することとなるがその事業を引き継ぎ天下統一を果たした豊臣家や徳川家もまた美濃一色氏を公認しなかったため現在の斎藤義龍という呼称で定着したものと思われる。

のち剃髪し「玄龍」と名乗った義龍は国内整備を続け、南近江の六角義賢と同盟を結んで北近江の浅井久政とも戦い、また駿河の今川義元氏真親子と結び尾張の織田信長と対立したが、永禄4年(1561年)に家督を斎藤龍興に譲って亡くなった。享年35歳。

 後年、上杉謙信DNA検査によって血液型及びある程度の疾病等が確認されている。父が誰かについては、斎藤道三・土岐頼芸の遺伝子資料(大抵は血判状の血液や髪などが現存している)があれば判明できるが、平成の時代までに公的な学術情報は上がっていない。

創作

殿といっしょ

父親同様色黒でモジャモジャ髪の荒々しい風貌をしており、性格も粗暴で抜け目がない。
美人すぎる妹に父が愛情を注ぎすぎているためにめちゃくちゃ邪険に扱われており、道三の事をかなり恨んでいる。
その妹との仲は悪くはないものの、悪戯好きな彼女からは常に裏をかかれている。

信長の忍びシリーズ

父・道三とは全く似ていない巨漢でむさくるしい顔をしているが、本人は「あのような父からオレのような美男子が生まれるわけはない!!」と勘違いしている。
道三を倒したのちに美濃を奪い取るが、ほどなくして病に倒れ、(少なくともこの頃は)バカ息子である龍興が家督を継ぐ。

織田信奈の野望

CV:梁田清之
父を放逐し斉藤家を簒奪するも、信奈に寝返った半兵衛ちゃん相良良晴に敗北し、捕えられる。信奈&良晴が道三を無傷で手に入れられたこともあり、美濃から追放されるだけの処分で済まされ、朝倉の客将になった後に武田軍に召し抱えられる。
原作小説においては息子・斎藤龍興の役も担っており、朝倉家の客将になってからは龍面鬼の名を持つ猛将となった。

ねこねこ日本史

マングースである。

戦国乙女

斉藤ムラサメと言うキャラは義龍か息子の龍興がモチーフと思われる。
国盗り物語(1973年NHK大河ドラマ)
演:若林豪
幼名は吉祥丸となっている。47年後の2020年、「麒麟がくる」休止中に「国盗り物語」が取り上げられたことで義龍を演じた若林・伊藤両氏の類似ぶりがネット上で話題になった。
麒麟がくる(2020年NHK大河ドラマ)
演:伊藤英明
主人公明智光秀の学友かつ親友として登場するが序盤から親子仲の折り合いは悪く、の織田との政略結婚や土岐頼芸、国衆などの介入を経て更に悪化。
父を隠居に追い込んだ後に(史実通り)弟を殺して父や妹夫婦との間に致命的な亀裂を生じ、ついには長良川の戦いで父を死に追いやり光秀の離反を招いた。
自分の出生に疑問を持たされたことから次第にそれ自体を偽るようになるが、皮肉にも家族を追い落としたやり口はまさに「蝮の子」と言われることに。

関連タグ

戦国時代 戦国武将 斎藤道三 斎藤龍興
明智光秀:血縁の無い従兄弟。年も近かった。
竹中半兵衛:息子・龍興に仕えていた武将の一人

関連記事

親記事

斎藤道三 さいとうどうさん

pixivに投稿された作品 pixivで「斎藤義龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22167

コメント