ピクシブ百科事典

斎藤義龍

さいとうよしたつ

美濃の戦国武将で斎藤道三の子である。
目次[非表示]

生涯

大永7年6月10日(1527年7月8日)~永禄4年5月11日(1561年6月23日)
斎藤道三の子として生まれるが、一説には義理の親子とも言われる。
一説によればに乗っても地に足が着き、正座をすれば膝の高さが扇を開いたほどもあった超巨漢(2m以上)だったとされている。

天文23年(1554年)に道三が隠居して家督は義龍が継いだが、もともと二人の親子仲は悪く、道三は義龍の弟を可愛がるようになり、ついには義龍は廃嫡されて家督がその弟に変更される可能性も出てきた。
弘治元年(1555年)、義龍は叔父と決起して弟を殺害して道三を追放。翌年には親子で長良川の合戦となり、劣勢の道三は敗死した。この時、道三は義龍を無能と見なしていた自分の評価が誤っていたことを認めたという。後に自らを代の中国でやむなく父親殺しをした「范可」と称した。

混乱が続いていた国内を整備し、父のような独断専行的な政治は避け、宿老と呼ばれた重臣による合議制を導入。室町幕府将軍足利義輝から足利家の一門である「一色姓」を称することを許され、幕府の役職も得て幕府公認大名となった。
剃髪し「玄龍」と名乗った義龍は国内整備を続け、南近江の六角義賢と同盟を結んで北近江の浅井久政とも戦い、尾張の織田信長と対立したが、永禄4年(1561年)に家督を斎藤龍興に譲って亡くなった。享年35歳。

創作

殿といっしょ

父親同様色黒でモジャモジャ髪の荒々しい風貌をしており、性格も粗暴で抜け目がない。
美人すぎる妹に父が愛情を注ぎすぎているためにめちゃくちゃ邪険に扱われており、道三の事をかなり恨んでいる。
その妹との仲は悪くはないものの、悪戯好きな彼女からは常に裏をかかれている。

信長の忍びシリーズ

父・道三とは全く似ていない巨漢でむさくるしい顔をしているが、本人は「あのような父からオレのような美男子が生まれるわけはない!!」と勘違いしている。
道三を倒したのちに美濃を奪い取るが、ほどなくして病に倒れ、(少なくともこの頃は)バカ息子である龍興が家督を継ぐ。

織田信奈の野望

CV:梁田清之
父を放逐し斉藤家を簒奪するも、信奈に寝返った半兵衛ちゃん相良良晴に敗北し、捕えられる。信奈&良晴が道三を無傷で手に入れられたこともあり、美濃から追放されるだけの処分で済まされ、朝倉の客将になった後に武田軍に召し抱えられる。
原作小説においては息子・斉藤龍興の役も担っており、朝倉家の客将になってからは龍面鬼の名を持つ猛将となった。

関連タグ

戦国時代 戦国武将 斎藤道三 斎藤龍興

pixivに投稿された作品 pixivで「斎藤義龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4011

コメント