ピクシブ百科事典

概要

1975年8月3日生まれ。岐阜県岐阜市出身。
身長183cm。血液型はO型。

1993年、第6回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」準グランプリ。
長身と恵まれた多くの作品で主演を務める一流俳優の一人。デビュー当初は「阿部純大」を名乗っていた。しかしデビュー後、事務所好みのイメージ戦略を強要され始め、自分の意思をは関係ない方向に自身が飾られていくことにストレスを感じ始める。そして社長を殴って事務所から対処し、一度は芸能界を事実上引退する。その後、2年のブランクを経て新たな芸能事務所との縁を掴み、本名で役者として再起し、大成した。

幼い頃は病弱で、小学校には通算してようやく三年通えた程度、ろくに学校のイベントや行事に出られないうえ入院生活も長く、同部屋の友達が病で没していくという辛い生活を送っていた。身体障害者手帳を持っていた程で、常にこの頃は親子共々に死を意識する程の重病であった。しかし扁桃腺を摘出することで病を克服し、手帳も返却。以降は概ね普通の生活を手に入れ、高校進学時はラグビー部に入れるまでになり、成人後はガテン系のバイトもしたことがあるという。

海猿シリーズには足掛け10年間の渡り出演し、自身の代表作となった。以降はサイコな悪役も経験したことで、イメージに囚われない活躍を見せるようになっていく。
2020年、大河ドラマ麒麟がくる』にて、斎藤義龍役で出演。さらに、『仮面ライダーゼロワン』及び『劇場版 仮面ライダーゼロワン』にて、エス/仮面ライダーエデン役で出演する。

趣味

あまりそういったイメージはないが、実はサブカルチャー関連に造詣が深い。先の劇場版で出演した縁で『TAMASHII NATION 2020』のオープニングセレモニーに登壇した際は、プレバンの会員であることを暴露し、仮面ライダーになるのが夢だったことを明かした。

特にライダーシリーズでは「仮面ライダー(新)」に思い入れがあり、S.H.Figuartsシリーズを集めているというガチ勢でもある。ちなみのドラゴンボールグッズなども熱心に集めているという。

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊藤英明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30572

コメント