ピクシブ百科事典

ビワハヤヒデ(ウマ娘)

びわはやひで

ビワハヤヒデは、『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘である。(メイン画像左)
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日3月10日
身長171cm
体重増減なし
スリーサイズB93・W61・H88
CV:近藤唯

94年 宝塚記念
ファン投票で集まった、14万8768の期待。
そのウマ娘にとっては、重圧でなく、自信だった。
愛されるから強いのか。あるいはその逆か。
5馬身差の余裕 ビワハヤヒデ
真の強さは、スリルすら拒む。
――2013年JRA宝塚記念CMより

芦毛の銀髪が美しい、冷静沈着でクールなウマ娘。
レースを計算し、論理と計算により勝利を導き出す。
とても理性的で堅物と思われがちだが、本人はもう少し軟化したいと思っている。
ナリタブライアンの姉。

ウマ娘60人の中で、唯一姉妹(元が兄弟)で登場している。
また、眼鏡を掛けたウマ娘は、ビワハヤヒデとゼンノロブロイの2人だけである。

アニメ

OPではトウカイテイオーの競走シーンで登場しているが、2着に敗れた。
元ネタは「トウカイテイオー奇跡の復活」と名高い第38回有馬記念(1993年)である。

第10Rで本編初登場。
ダイワスカーレットウオッカが休暇で靴屋を訪れた時、ナリタブライアンと共に入店してきた。
堅苦しい口調と考えにナリタブライアンは「頭でっかちな言い回しだな。」と言い、ビワハヤヒデは「だ、誰の頭がデカいって!」と言い返した。どうやら「頭でっかち」は禁句のようで、OVA「BNWの誓い」でも作戦会議中にマチカネフクキタルによって、同じやりとりがされた。

EXTRA.Rでは、トウカイテイオーのダイジェストシーンに登場。
OPと同じく第38回有馬記念が元ネタだが、今回は史実で3着に入ったナイスネイチャが追加されている。

WDTにも8枠16番で出走したが、チームスピカチームリギルのどちらにも所属していないのは、ビワハヤヒデとオグリキャップの2人だけである。
史実では実現しなかったナリタブライアンとの姉妹対決が描かれたが、姉妹で会話していたところにヒシアマゾンがナリタブライアンに突っかかってきた。

ブルーレイBOX「ウマ箱」第4コーナー(第4巻)に収録されるOVA「BNWの誓い」にメインキャラとして登場する。

競走馬ビワハヤヒデ

1990年生まれ。
デビューから3連勝と早くから競走能力を高く評価されていた。
朝日杯3歳ステークス(現朝日杯フューチュリティステークス)、皐月賞日本ダービーはいずれも2着に終わるが、菊花賞を勝利してGⅠ馬になる。
有馬記念ではトウカイテイオーに敗れるも、全レースで2着以内という安定した成績から1993年年度代表馬に選ばれた。
続く1994年天皇賞(春)、宝塚記念を連勝するも、天皇賞(秋)で屈腱炎を発症して引退。
三冠馬となった弟ナリタブライアンとの対決は幻に終わった。

2018年8月15日現在も存命であるが、歴代の年度代表馬で存命最高齢でもある。
また、93年クラシック三冠を分け合ったナリタタイシンウイニングチケットも揃って存命である。

関連イラスト

ビワハヤヒデとナリタブライアン



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

ビワハヤヒデと対戦経験のある馬がモデルのウマ娘

2歳上(1988年生まれ)
トウカイテイオー ナイスネイチャ

1歳上(1989年生まれ)
ライスシャワー

同世代(1990年生まれ)
ナリタタイシン ウイニングチケット
ユキノビジンとは対戦していない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビワハヤヒデ(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10621

コメント