ピクシブ百科事典

オグリキャップ(ウマ娘)

おぐりきゃっぷ

『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日3月27日
身長167cm
体重微増(食べ過ぎた)
スリーサイズB78・W58・H81
CV高柳知葉

90年 有馬記念
オグリキャップ復活、ラストラン
神はいる。そう思った。
―2011年JRA有馬記念CMより

いつもクールな表情をしている葦毛のウマ娘。地元の期待を背負ってトレセン学園へとやってきた。常に近寄りがたい雰囲気を漂わせているが、それは不器用で口下手な性格のため。実際は少し天然なところもある純朴で素直な少女。(公式ポータルサイトumamusume.jpより)

地方の学園からトレセン学園へ籍を移した転入組で、その実力は折紙付き。仏頂面で少々ぶっきらぼうなため独特の圧があるが、人当たりが悪いわけではない。
食べっぷりのよいウマ娘が多い中でも際立った大食で、『STARTING GATE!』ではそのことを気にして食堂のご飯をわざわざ寮の自室に持ち込んでいるという可愛らしい一面も描かれている。

元ネタであるオグリキャップ号は地方競馬出身ながらも、その実力でJRA入りを果たした不屈の名馬。「オグリ」「芦毛の怪物」などの異名で知られる。
無名な血統、地方競馬出身、そして「弱い」という認識が強い芦毛の白馬。当初は誰からも見向きもされなかったが、中央で数多くの名馬相手に激闘を繰り広げ、数多くの勝ち星を獲った実力と、その美しい芦毛の毛並みから一躍人気を博した。
特に有名なのはラストランである1990年の有馬記念。このときのオグリは既に全盛期の実力を殆ど失い、「すでに終わった馬」と見られており、人気は集まらなかった。
しかし、本番では終盤に怒涛の追い上げを見せ、並み居る駿馬を尽く追い抜き、見事一着。有終の美を飾った。来場者の多くは馬券を外したが、その顔は喜びと感動の涙で溢れていたという。
引退後のオグリは種牡馬を経て、2010年に永眠。「芦毛の怪物」は大往生を遂げた。
ラストランの当時を振り返れば、誰もが思うだろう。「神はいる。そう思った。」と。

ソロ曲

こんな私の背にも 翼があるってこと
『 unbreakable 』
作詞:中村彼方 作曲・編曲:田村ジュン

※ちなみに実際のオグリキャップの祖父の祖父の馬名と同じである。

アニメ

第1話から登場しているもののセリフの無い回も多く、名前付きのモブのような扱いを受けている……と評するには些か強過ぎる印象を与えている。というのも、全ての登場シーンにおいて山盛りの食事と共に登場しているためである。
元ネタであるオグリキャップ号が「よく食べ、よく走る」競走馬だったことに由来したチャームポイントだが、ギャグレベルの食事を食べきって下っ腹を出しているのは乙女として如何なものか。

関連項目

ウマ娘プリティーダービー オグリキャップ(元ネタ)
マルゼンスキー フジキセキ
いっぱい食べる君が好き

pixivに投稿された作品 pixivで「オグリキャップ(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309994

コメント