ピクシブ百科事典

目次[非表示]

君となら、どこまでも走っていける気がするよ。それこそ”キセキ”のようにね。

プロフィール

誕生日4月15日
身長168cm
体重増減なし
スリーサイズB84・W58・H82
CV松井恵理子


ソロ曲

エトワール
センシティブな作品


ミラージュのリズムで 今宵は僕と踊りませんか?
『 DREAM JACK 』
作詞:白鷺雪兎 作曲:小高光太郎, UiNA 編曲:藤井亮太

概要

栗東寮の寮長。人を楽しませることが大好きなエンターテイナー。抜群のプロポーションと時折見せる甘い言動で数多くのウマ娘たちを虜にしている。いたずら好きな彼女の標的となった”ポニーちゃん”は例外なくメロメロに。公式ポータルサイトumamusume.jpより)

センシティブな作品
フジ先輩


黒髪をショートカットにしており、前髪にはフジキセキ号の額の流星模様をモチーフとした白髪が一房流れている。パンツスーツのような勝負服を颯爽と着こなしているが、胸周りを大胆に開け放っていてかなり攻めたデザイン。
それ故に見た目には男性的でありながらハッキリと”女性”であることを絶妙に強調してくる。

ちなみに勝負服を直立した状態で正面から見ると、その全身がフジキセキ号の頭部正面に見えるようにもなっている。

『STARTING GATE!』では栗東寮の寮長を務めており、生徒会の面々とも馴染み。そのイケメンぶりといたずらっぽい笑みで後輩からの人気は絶大。人望があることに自覚的に振る舞う反面、生真面目な性分で、美浦寮のやんちゃな寮長・ヒシアマゾンのお目付け役でもある。

『うまよん』では面倒見の良さ以外にいたずら好きという面もクローズアップされている。ちなみに流石にエアグルーヴから「4戦くらい走ったらさっさと家庭に入りそう」と元ネタを意識しつつも割とシャレにならない事を言われた際には「そんなことないし走るし!」と慌ててツッコむ姿も見せている。

ちなみに母親は舞台俳優、人に魅せる様なエンターテイメント性は母へのあこがれから。

アニメ

入寮の日に門限を失念していたスペシャルウィークを出迎えた寮長。同室のサイレンススズカにスペシャルウィークの境遇を伝えた上で気にかけてやるよう促すなどの、寮生に対するこまやかな気配りが見て取れる。出番の関係もあるが、アニメではいたずら好きという面はほとんど描かれなかった。
所属するチームはリギル

ゲーム


☆3【シューティンスタァ・ルヴュ】

2021年7月12日のガチャ更新にて☆3ピックアップとして育成ウマ娘として実装。
これにより、リギルメンバーが全員育成実装となった。

初期ステータス・成長率

スピードスタミナパワー根性賢さ
9688978287
0%0%20%0%10%


初期適性

ダート
バ場AF
短距離マイル中距離長距離
距離BABE
逃げ先行差し追込
脚質CACG


覚醒スキル

レベル名前効果必要SP
2ギアシフトレース中盤に前の方にいるとわずかに抜かしやすくなる[マイル]160
3姉御肌追い抜きが成功しやすくなる[マイル]120
4マイルコーナー○コーナーで速度がわずかに上がる[マイル]100
5レースプランナーレース中盤で疲れにくくなる[距離・先行]180


なんと長距離適性がE。継承による補強無しでは菊花賞などの長距離レースは厳しいだろう。
この事に関してはアグネスタキオン同様に史実の産駒の距離適性が反映されているものと考えられる。
故に三冠挑戦は、皐月賞後に発生する目標レースの分岐イベントの選択次第である
ダービー・菊花賞に出走する三冠路線の場合、是非とも継承で適性を上げて、「幻の三冠ウマ娘」が幻でない事を証明したい所である。
マイル路線の場合、2つのマイルGⅠが目標に設定される。マイラー仕様にしたい場合はこちらを選んだ方が無難か。
エイシンフラッシュの育成シナリオではなんと長距離B・追込Aの状態で出走してくる。これは史実のフジキセキの子、ダノンシャンティ役としての登場と思われる。

固有二つ名

麗しの三冠ウマ娘
メイクデビューで8バ身差以上で勝利し、1番人気で朝日杯FS皐月賞日本ダービー菊花賞を勝利する


4フジキセキのショータイム

2021年11月15日から26日までの期間限定ではあるが、「フジキセキのショータイム」と言う高難易度モードが実装された。
本モードは、育成シナリオの進捗に応じてSHOWTIMEゲージを得ることができ、ゲージが100%になるごとに様々な報酬がもらえる。
難易度は全部で五段階あり、低いものからクリアしていくことで高難易度が解放されていく。
レベルが高くなるほどライバル達のステータスが増加するうえ、レベル4からはライバルが常時絶好調になり、レベル5ではさらに目標未達成時にコンティニュー不可の一発勝負になるなどかなり歯応えのあるものになる。(※)
当然、高難易度でクリアするほどSHOWTIMEゲージの獲得倍率が上がるので、腕に自信のあるトレーナーは是非挑んでみるとよいだろう。

※参考として、アオハル杯を制した際、URAファイナルズ決勝で対戦するリトルココンビターグラッセのレベル5でのステータスは、複数項目S以上などという、メインストーリーのレースに時々現れる、勝利を前提にしていない相手レベル。育成における最後のレースとは言え、前述の通り、これを一発勝負で破らなければならないレベル5がいかに高難易度かを如実に物語っていよう。

競走馬フジキセキ

1992年生まれ。由来は『富士山の珍しい石』。
父は日本を代表するリーディングサイアーとして一時代を築いたサンデーサイレンス。フジキセキはその初年度産駒であった。
姉にマーメイドステークスを勝ったシャイニンレーサーがいる血統。
ちなみにそのシャイニンレーサーは1996年のエリザベス女王杯でヒシアマゾンに走行妨害されており(ヒシアマゾンは降着)、そういった意味でもヒシアマゾンとは因縁があったりする。

デビュー戦のみ蛯名正義が、それ以降は角田晃一が騎乗。

1994年、デビュー戦を出遅れながらノーステッキで8馬身圧勝すると、続くもみじステークスでは同じ父サンデーサイレンス産駒で、翌年日本ダービーを制することになるタヤスツヨシを完封し連勝。
3戦目の朝日杯3歳ステークスでは圧倒的な1番人気に推され、武豊騎乗のスキーキャプテンを抑えて勝利。フジキセキにとってのGⅠ初制覇とともにこれがサンデーサイレンス産駒初のGⅠ制覇となる。
(※理論上サンデーサイレンス産駒がG1に出られるほぼ最速のタイミングです)

クラシック制覇はおろか、クラシック三冠馬への期待も高まる中、翌1995年は弥生賞から始動。ホッカイルソーに一度並ばれながらも再度突き放す強い競馬で勝利。クラシックに向けて絶好のスタートを切ったかに見えた。

だが、屈腱炎(脚の腱が腫れ上がる怪我のこと)の発症により、クラシック出走は叶わず、無念の引退となった。通算成績は4戦4勝。

底を見せぬまま引退し、さらに3歳時に完封したタヤスツヨシが日本ダービーを制したこともあってか、フジキセキは一部より「幻の三冠馬」と呼ばれるようになった。
ただ、後から考えてみると産駒成績を見る限りではこの評価は過大評価であり、ダービーは勝てても菊花賞でマヤノトップガンに勝つことはまず無理だったろう。

アグネスタキオンとは、同じサンデーサイレンス産駒・怪我のために早期に引退・競走成績は4戦4勝という共通点がある。
またマルゼンスキーとは、3歳王者・無敗・(原因は異なるが)クラシックに出られず・怪我のために早期に引退という共通点がある。

引退後は種牡馬として活躍。
何しろ初年度から本馬のみならず、皐月賞馬ジュニュイン、オークス馬ダンスパートナー、ダービー馬タヤスツヨシを輩出したサンデーサイレンスは当然のように大人気種牡馬となった。
その中で、初年度産駒にして「幻の三冠馬」と呼ばれた本馬は、父の後継……と言うより、代用種牡馬として大きな存在感を示すことになるのである。
当初はG1戦線を賑わす産駒がなかなか出なかったものの、サイアーランキングはTOP10を12年間キープし続ける(2位3回)。
2000年代に入るとダートで活躍したカネヒキリ、スプリント~マイル戦でGⅠを3勝したストレイトガール、南半球の生まれでスプリント戦線で活躍したキンシャサノキセキ、そして父が出走することが出来なかったクラシック・皐月賞を制したイスラボニータなど、芝・ダートを問わず活躍馬を輩出した。
産駒の通算勝利数1527はJRA通算6位、通算重賞勝利数78はJRA通算9位。
競合相手が全盛期の親父殿だったことを考えれば、ディープインパクトやステイゴールドに勝るとも劣らない偉大な種牡馬だったと言えるだろう。

2013年に種牡馬を引退、2015年に死亡した。
キンシャサノキセキ、イスラボニータなどが現在後継種牡馬となっている。
また娘であるシュシュブリーズは、引退後、川上量生ドワンゴ会長)が購入、ニコニコ動画の企画「リアルダービースタリオン」で繁殖牝馬としてニコ生配信されながら後継者を生み出そうと頑張っている(1頭目はホッコータルマエを種づけし出産したが、腸炎ウイルスで死亡、2頭目はクロフネを種づけし、クールフォルテの馬名で大井競馬場にてデビュー。3頭目はモーリス、4頭目はサンダースノーをそれぞれつけている)。

ちなみに、ゲート試験において「ゲートには入るが、ゲートが開いても突っ立ったままスタートしない」ということをやらかし、5度も試験に落ちているというお茶目なエピソードがある。
調教師からも「こんな楽しい奴はいなかった」と言われるような、いたずら好きのヤンチャ坊主だったそうである。
(サンデーサイレンス産駒ということで身構える人も多いだろうが、いわゆる気性難と呼ばれるようなタイプではなかったようだ)
ウマ娘におけるいたずら好きな性格も、この辺がモチーフになっているのかもしれない。

余談

フジキセキは漫画みどりのマキバオーに登場する主人公の宿敵「黒い帝王」こと「カスケード」のモデルである。ただし黒鹿毛とサンデーサインス産駒という属性だけを継承したまでで、戦績に関してはシンボリルドルフがモチーフのようだ。なお、フジキセキ同様にカスケードも早期引退してしまうが前者が屈腱炎だったのに対してカスケードはマリー病という遺伝性の病である。
またCVの松井恵理子さんは、当初は気性難の三冠馬・オルフェーヴルと思われるウマ娘の声を担当する予定だった。

関連イラスト

フジキセキだよ、ポニーちゃん!
フジキセキ
センシティブな作品
フジキセキ


フジキセキ先輩
フジせんぱい
"キセキ"を見せてあげるよ!
フジ先輩実装おめでとう!!


センシティブな作品
フジキセキ
センシティブな作品
ろぐ2



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー
マルゼンスキー オグリキャップ ヒシアマゾン

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フジキセキ(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「フジキセキ(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10532134

コメント