ピクシブ百科事典

ヒシアマゾン(ウマ娘)

ひしあまぞん

『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日3月26日
身長160cm
体重微増(ノーコメント)
スリーサイズB92・W59・H89
CV巽悠衣子

”女傑”と呼ばれ、トップクラスの実力を持つウマ娘の一角。弱気を助け強きを挫く、古き良き時代のスケ番タイプの姉御肌。曲がったことが大嫌いで、己の信念を唯一のルールとして行動する、一本筋の通った性格。公式ポータルサイトumamusume.jpより)
トレーナーを「トレ公」と呼ぶ勝気なウマ娘。付いた愛称が「ヒシアマ姐さん」。トレセン学園に二つある寮のうち美浦寮の寮長を務めている。
セーラー服を大胆にアレンジした勝負服を纏っているが、最終稿以前のデザインには肩と腰に日焼け跡が覗いているものが存在しており、ウマ娘でただ一人の褐色肌も日焼け扱いだったことが窺える。
『STARTING GATE ! 』では強引かつ奔放な振る舞いが目立つ反面、フジキセキにどやされたり後輩たちに少々ナメられていたりと、愛嬌のあるコメディリリーフも演じる。情に厚く面倒見の良い側面も押し出されており、先輩組の中でも一際表情豊かに描かれている。

ソロ曲

自由に空を舞うわ きっと世界がアタシを待ってる
『 鳥かごのロンリーバード 』
作詞:S-KEY-A 作曲・編曲:石井健太郎

アニメ

チームリギルに所属するウマ娘。タイマン勝負にこだわるスケバンのような性格。
ナリタブライアンとはウマが合うようで、よく行動を共にしている。
トレセン学園では、美浦寮の寮長を務めている。

スペシャルウィークが初めて東京レース場を訪れた場面では、看板にヒシアマゾンの姿があったり、オグリキャップと共にぬいぐるみがグッズとして売り出されたりしていた。後半で描かれたチームリギルの入部テストでは、ゴールの役になったが、「何であたしが…」と不満げだった。

第4Rで、スペシャルウィークとタイキシャトルが模擬戦を行った時もゴール役だったが、ゴロ寝していたためエアグルーヴに追い掛け回された。

第6Rで描かれた学園祭では、ナリタブライアンと共に子供達を案内する「ちびっこ探検隊」の引率をしており、持ち前の面倒見のよさを垣間見せている。

第7Rでは天皇賞(秋)に出走。レース前の地下道でサイレンススズカに対して「タイマン、逃げるなよ」と挑発する。
レースでは圧倒的な大逃げを打ったサイレンススズカが骨折を発症。他のウマ娘たちと同様、ヒシアマゾンも追い抜き様に動揺した表情を浮かべている。劇中では共に出走していたエルコンドルパサーが一着だった様子が語られただけで、ヒシアマゾンの順位は不明だった。
このあたりから、登場するたびに「タイマン」と言うことが多くなる。

第11Rと第12Rではチーム総出でサイレンススズカの復帰戦とスペシャルウィークが出走するジャパンカップを観戦する。
ブロワイエについて「あたしもタイマンしたかったぜ」とボヤいていた。

EXTRA.RではWDTに出走し、2枠3番に入った。
レース前にはビワハヤヒデと会話していたナリタブライアンに「決着をつけるぞ」と突っかかっていた。

競走馬ヒシアマゾン

1991年アメリカはケンタッキー州生まれの外国産馬。
1993年阪神牝馬3歳ステークス(現阪神ジュベナイルフィリーズ)を優勝し早くもGⅠ馬となる。
1994年には、当時の牝馬三冠の一角だったエリザベス女王杯でも優勝している。
同年の有馬記念ではこの年に三冠を獲ったナリタブライアンと対決するも2着に敗れた。

96年の有馬記念(5着)を最後に引退後は繁殖牝馬になるも、苦戦した。
2018年6月現在も存命で、アメリカの故郷で余生を送っている。

余談

♪重馬場に聞け~


2016年の名前当てクイズでは、同名のヒーローに似たポーズから名前が判明したという逸話がある。
だが、口癖が「タイマン」であるために視聴者からは「違うヒーローだろ」とツッコまれている。

関連イラスト

ぼっくは~あさと~てをつ~なぎ~♪



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー チームリギル

ナリタブライアン(ウマ娘):同世代
フジキセキ(ウマ娘):栗東寮の寮長

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒシアマゾン(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138947

コメント