ピクシブ百科事典

ゴールドシチー(ウマ娘)

ごーるどしちー

ゴールドシチーは、『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日4月16日
身長158cm
体重計測場に現れず
スリーサイズB85/W58/H82

CV:香坂さき
「遅刻は禁止?……言っとくけど、早起きとかマジ無理だから」

"尾花栗毛"と呼ばれるプラチナブロンドの髪色を持つウマ娘。
その美貌から「100年にひとりの美少女ウマ娘」として注目を浴びていた。
性格はかなり難あり。他人に心を開くことはほとんどないという。

(公式ホームページより)

アニメ・CD

アニメは「BNWの誓い」で初登場。

CDや「うまよん」ではユキノビジンとの絡みもよく見られる。

競走馬ゴールドシチー(初代)

1984年生まれ。英語名は「Gold City」

1986年12月の阪神3歳ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ1990年まで牡牝混合戦だった。)を優勝。
1987年のクラシックの最有力となるが、皐月賞サクラスターオーに敗れ2着。日本ダービーメリーナイスの独走を許し4着。菊花賞はまたもサクラスターオーに敗れて2着と、クラシックは惜敗続きだった。
1988年以降は1988年の京都大賞典(GⅡ)と1989年の大阪杯(当時GⅡ)で3着になったのが最高で、1989年の宝塚記念を最後に引退。

引退後は宮崎で過ごしていたが、1990年5月に牧場で骨折して予後不良と診断された。まだ6歳だった。
なお、皐月賞で1着だったサクラスターオーは1987年末の有馬記念での骨折が元で安楽死し、3着だったマティリアルは、1989年秋の京王杯で勝利した直後に骨折してしまい、直後に死亡した。
皐月賞の上位3頭が揃って悲劇的な末路を辿ったため、一部ではこの世代を「悲劇の世代」と呼んだ。

戦績だけで言えばG1ホースとは言えウマ娘のモデルとなった競走馬の中でもかなり見劣りする(もっと見劣りするのも居るが
しかし尾花栗毛と呼ばれる毛色はとても珍しく、珍しい毛色で強いと知名度は高く、ウマ娘ではタイキシャトル、他にもトウショウファルコエピファネイア等が有名。

ちなみに、見出しに「初代」とある通り2代目もいる。
こちらは2014年生まれで父ゴールドアリュール・母父タップダンスシチーから採られたもので、本馬とは無関係。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

同世代のウマ娘
タマモクロス(ウマ娘):1987年の鳴尾記念と1988年の天皇賞(春)とジャパンカップで対戦。すべてタマモクロスが先着。
イナリワン(ウマ娘):1989年の天皇賞(春)と宝塚記念で対戦。どちらもイナリワンが1着。

オグリキャップ(ウマ娘):1歳年下。1988年のジャパンカップで対戦。
タイキシャトル(ウマ娘):同じく尾花栗毛。

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー うまむすめぷりてぃーだーびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴールドシチー(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8163

コメント