ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ゴールドシチーとは

  1. 1984年生まれの競走馬。主にこの馬について記述する。
  2. 2014年生まれの競走馬。馬名にシチーと付いているが友駿ホースクラブの持ち馬ではなく、初代とは別馬主。
  3. 1をモチーフとしたウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘。→ゴールドシチー(ウマ娘)

概要

生年月日1984年4月16日
英字表記Gold City
性別
毛色栗毛(尾花栗毛)
ヴァイスリーガル
イタリアンシチー
母の父テスコボーイ
競走成績20戦3勝
近親クラウンシチー(半弟)

※馬齢は数え表記


1986年6月15日、札幌競馬場ダート1000m新馬戦でデビュー。

阪神3歳ステークス優勝。優駿賞最優秀3歳牡馬受賞。


1987年はスプリングステークスから始動。5番人気6着。

皐月賞は11番人気と評価を落とすがサクラスターオーの2着。

日本ダービーサクラスターオー離脱も、マティリアルが1番人気、ゴールドシチーは2番人気。メリーナイスの4着。

秋は神戸新聞杯から始動。二冠牝馬マックスビューティが1番人気1着。ゴールドシチーは4番人気3着。

京都新聞杯は2番人気。3位入線だったが失格。

菊花賞はメリーナイスに次ぐ2番人気。サクラスターオーと半馬身差の2着。

鳴尾記念では4歳馬ながら56.5kgを背負い1番人気。先行したが伸びず6着。勝ったのは3番人気のタマモクロス


1988年は大阪杯4着、天皇賞(春)5着、京都大賞典3着、ジャパンカップ12着。

1989年は大阪杯3着、天皇賞(春)11着、宝塚記念10着。


引退後は宮崎で過ごしていたが、1990年5月に牧場で骨折、安楽死処置。


余談

  • 栗東トレーニングセンター清水出美厩舎に入厩したゴールドシチーは美しい尾花栗毛から当初「もし走らなかったらディズニーランドで乗馬にしてもらおう」という話も出た。
  • 「馬なのに早く起こそうとすると暴れる」ぐらい寝起きが悪く、コースにやってくるのは既に他の馬が調教を終えた後の朝10時ごろ。そしてついたあだ名は午前10時の男気性難にして起床難である。
  • 引退後に繋養されていた宮崎の牧場で乗馬の訓練を受けていた。しかし気性が悪いために訓練は遅々として進まず、放牧中に重度の骨折を発症した。スタッフが異変に気付いて駆けつけた時、彼は目に涙を浮かべながら三本足で立ってじっと痛みに耐えていたという。故障した原因は現在でも不明。

外部リンク



2代目ゴールドシチー

生年月日2014年4月9日
英字表記Gold City
性別牡→セン
毛色黒鹿毛
ゴールドアリュール
トーアハナノマイ
母の父タップダンスシチー
競走成績26戦2勝

馬名は「父名の一部+母父名の一部」。

GⅠ勝ち馬の馬名が再利用されたことで注目される。

平成2年以前の3歳GⅠ優勝馬の馬名が保護対象でないことは、意外な事実と受け止められている。


関連記事

親記事

87世代 はちななせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5220919

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました