ピクシブ百科事典

87世代

はちななせだい

日本の競走馬で1984年生まれの世代、87年クラシック世代。
目次[非表示]

概要

1984年に生まれ、1987年に4歳(現3歳)を迎えた世代。

年度代表馬を受賞した馬が3頭もいる非常に珍しい世代で、その3頭が1度も同じレースで走ったことのない唯一の世代である。

1987年のクラシックは牡馬ではサクラスターオーが、牝馬ではマックスビューティがともに二冠を制したが、故障や不振のために古馬戦線では活躍できなかった。1988年は古馬になってから活躍という代名詞的な存在であるタマモクロスが古馬GⅠを3勝、そのタマモクロスも引退した1989年には地方からイナリワンが台頭し、同じく古馬GⅠを3勝した。

史上初の天皇賞春秋連覇タマモクロス、オグリキャップ同様地方出身・平成三強の1角イナリワン、1番人気で8連勝した究極の美女マックスビューティ、悲劇の二冠馬サクラスターオー、映画「優駿」の中で登場するオラシオンのモデル・ダービー6馬身差圧勝メリーナイスなどが有名。
昭和時代の重賞を勝った最後の馬マイネルダビテもこの世代。

クラシックで活躍した馬達が故障により早逝していったため、「悲劇の世代」とも呼ばれている。
しかし、この世代からは3年連続で年度代表馬を輩出しているのも事実である。
(1987年サクラスターオー、1988年タマモクロス、1989年イナリワン)
現在まで一つの世代から3頭の年度代表馬を輩出しているのは歴代でも3世代のみ、3年連続となると本世代と60世代(1960年コダマ、1961年ホマレボシ、1962年オンスロート)のみと十分過ぎるほどハイレベルな世代でもある。

海外では、ヨーロッパのマイル女王でキングマンボの母としても著名なミエスクが該当する。1988年ジャパンカップで優勝しタマモクロスの連勝を8でストップさせたアメリカのペイザバトラーもこの世代。

代表的な競走馬

国内馬
タマモクロス
イナリワン
サクラスターオー皐月賞菊花賞二冠馬。第32回有馬記念の事故で闘病の末安楽死の処置が取られた。
メリーナイス日本ダービー馬。
マックスビューティ
タレンティドガール
ゴールドシチー
ホクトヘリオス
マイネルダビテ
マティリアル
シンウインド
サニースワロー…この世代の日本ダービー2着馬。それから10年の時を経て甥のサニーブライアン皐月賞日本ダービーの2冠を制しサニースワローの無念を晴らした。
レインボーアカサカ…主な勝ち鞍は’89年の武蔵野S(当時OP特別)だけだが同年の札幌記念(ダート1700m、翌年から札幌競馬場に芝コースが誕生したのでダート重賞としては最後)で1番人気大出遅れをやらかす。(結果は最下位)ある意味ゴールドシップの大先輩。
ダイナレター…レインボーアカサカが大出遅れをやらかした’89年の札幌記念の他にも同年の根岸ステークス、’90年の武蔵野ステークスを斤量62kgで制した1989年度最優秀ダートホース。その血は種牡馬アスカクリチャンの牝系に根付いている。
レオテンザン武豊騎手が初めてGⅠで騎乗した(’87年菊花賞)馬。

外国馬
ミエスク…1980年代後半のヨーロッパにおけるマイル戦線でトップクラスの実力を誇った名牝。
ペイザバトラー…1988年ジャパンカップ優勝馬。フランスでは鳴かず飛ばずの成績だったが、祖国アメリカで力を付け、ついに日本でGⅠ初勝利を果たす。

関連タグ

86世代 ← 87世代 → 88世代

関連記事

親記事

競走馬の世代一覧 きょうそうばのせだいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「87世代」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「87世代」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました