ピクシブ百科事典

タマモクロス(ウマ娘)

たまもくろす

タマモクロスは、「ウマ娘プリティーダービー」に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日5月23日
身長140cm
体重計測不能
スリーサイズB72・W51・H73
CV:大空直美

88年 天皇賞(秋)
『芦毛の馬は走らない』
この2頭が現れるまで、人はそう言っていた。
芦毛と芦毛の一騎打ち。宿敵が強さをくれる。
風か光か。そのウマ娘の名は…
―2012年JRA天皇賞(秋)CMより

けんかっ早く、底知れぬハングリー精神を持つウマ娘。
人よんで"白いイナズマ"。
小さい頃に苦労したので、レースで活躍し、
家族や世話になった人々に恩返しをしたいと願っている。
(Cygames キャラクターページより)

関西弁で喋るウマ娘。一人称は「ウチ」。
喧嘩っ早い性格なのは、実際のタマモクロス号の噛み付き癖に由来する。

ソロ曲

進んでいこう 白いイナズマのように!
『 My Against Fight 』
作詞:真崎エリカ 作曲:田中俊亮

アニメ

第6Rで、オグリキャップスーパークリークと共に、第33回大食いグランプリに出場。
優勝賞品の巨大大穴ドーナツぬいぐるみを手に入れるため、苦しみながらもドーナツを頬張っていくが、スーパークリークが飛ばした分までオグリキャップが多く食べていたため負けてしまった。
しかし、オグリキャップは「ただドーナツが食べたかっただけだ」と言って優勝賞品をタマモクロスに差し出した。
この行為にタマモクロスは「オグリン!」と泣きついたが、オグリキャップは「オグリンはやめてくれ。」と困惑していた。

EXTRA.Rでは、WDTに出走するオグリキャップを応援するため、スーパークリーク・イナリワンと共に登場したが、
3人は大盛り焼きそばを食べていたためボテ腹だった。

ちなみに、登場した2回ともボテ腹を披露していたが、実際のタマモクロス号は小食だった。

競走馬タマモクロス

1984年生まれ。

父のシービークロスは大レースを勝つことはなかったが、いつも後方から勢いよく追い込むスタイルの競馬で「白い稲妻」と呼ばれた。妹のミヤマポピーはエリザベス女王杯を勝利している。
クラシック三冠には出走しなかったが、4歳(現3歳)秋から覚醒し、1988年の古馬戦線の主役となる。
史上初の天皇賞春秋制覇と宝塚記念を勝利し、最下位条件から8連勝で日本競馬の頂点に立ち、1988年の年度代表馬に選ばれた。父親になぞらえ、「白い稲妻」「稲妻2世」と呼ばれた。
オグリキャップとの3度の対決は見応え抜群で、「昭和最後の名勝負」と呼ぶ声も多い。

2003年死去。享年19歳。種牡馬としてはGⅠ馬を輩出できず、父系は断絶している。

彼が生まれた錦野牧場は経営難で億単位の借金を抱えており、彼の大成を見ることなく倒産してしまう。そのため、タマモクロスが優勝しても生産者の表彰台はいつも空いていた。

関連イラスト

タマモクロス&マキバオー


ミドリマキバオーのモデルはタマモクロスである。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

ミドリマキバオー

pixivに投稿された作品 pixivで「タマモクロス(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33217

コメント