2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スーパークリークのトレーナーを務める才女。
指導するウマ娘として当時まだ芽が出ていなかったスーパークリークを指名した。
魔術師の異名を持つ優秀なトレーナーだった父を持ち、若くして既に実績を出していることから周囲から期待されている。

一人称は「」。身長150cmと小柄かつどちらかと言えばスレンダーな体格で、成長期のスーパークリークにあっという間に体格差をつけられてしまった。

クリークに対してかなり強い好意的な感情を抱いている模様。

趣味はレース観戦、好きな食べ物は寿司。苦手なものはにんじんと注射。

髪の毛の色は作者Twitterでピンクに近い紫と判明。
犬を飼っておりtwitterで名前が大トロであることが判明(他にも中トロ、マグロがいるらしい)。

作中での活躍

先述したように、スーパークリークの担当トレーナーを務めている。
脚を傷めたせいで長らく走れずにいたクリークの前に現れ、その運命を大きく動かすことになった。

スーパークリークの才能を開花させ、菊花賞勝利に導く。

ジャパンカップ編ではクリークと共にテレビでレースを観戦。オベイユアマスターの位置取りに注目していた。

そして、オグリキャップタマモクロスディクタストライカと対戦する有マ記念にスーパークリークを送り出すが…。

3章では前々から話題にされていた父である奈瀬英人と何らかの確執があることが判明。

モデル

モデルとなったのは競馬界のレジェンド武豊氏であると思われる。
理由としては

  • 五十音表の上で、「なせ」をタ行とカ行にずらすと「たけ」になる
  • 豊の一字で「ぶんの」と読める(ぶんの→文乃)
  • 業界の二世:武豊氏の父、武邦彦氏も元騎手・元調教師
  • 父の異名が「魔術師」
  • 一人称が「僕」
  • 注射が苦手
  • 人参が食べられない(本人曰く、幼い頃から馬が身近にいる環境で育つ中で人参=馬の餌と刷り込まれてしまい、どうしても人が食べるものとして捉えられないとのこと)
などの共通点があることが挙げられる(上述の「寿司好き」や「競馬観戦が趣味」も無論彼と同じである)。

また、走る西松屋の記事にもあるように、クリークの馬房の前で、彼が武の袖をくわえ、離さなかったという「逆指名」のエピソードがあり、武豊氏自身も
  • 「初めて僕が惚れ込んだ馬です。誰にも渡したくありません」
  • 「この馬に出会っていなかったら、僕はこんなに多くのGⅠに乗れる騎手になれていなかった」
と語っていたこともあり、スーパークリークの担当トレーナーのモデルとして、彼以上にふさわしい人物はいないだろう。

なお、実際の武豊氏には、調教師武幸四郎という弟がいるが、そのポジションの登場人物が登場するかは不明。
ちなみに、武幸四郎師はサイバーエージェント社長である藤田晋氏の持ち馬ドーブネなどを管理している。

また、武一族は本来騎手としては不利とされる長身の家系だが、文乃は上述の通り女性としても小柄な方である。 

ちなみに、馬の鞍上でレース展開を操作する騎手とは違い、トレーナーはあくまでレースになれば観戦することしか出来ないのだが、史実における菊花賞での武マジックは普通に(というか申し分ないぐらいの再現度で)描写されるので、史実以上に『武豊の想いが愛馬に伝わった!』と言う他ない状況となっている。

関連イラスト

前略、オフクロ様
おうまさんといっしょ ハヤヒデのえかきうた


ナセ娘シンデレラハーレム
スーパークリーク シンデレラグレイ 菊花賞制覇記念



関連タグ

スーパークリーク(ウマ娘)
ウマ娘シンデレラグレイ

関連記事

親記事

トレーナー(ウマ娘プリティーダービー) とれせんがくえんのとれーなー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「奈瀬文乃」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「奈瀬文乃」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137961

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました