ピクシブ百科事典

ボクっ娘

ぼくっこ

一人称に「ボク(ぼく、僕)」を用いる女性のこと。
目次[非表示]

概要

一人称に一般的な「私(わたし、あたし)」ではなく「ボク(ぼく、僕)」を用いる女性のことを指し、多くの場合創作のキャラクターについて使われる。

現実世界でも小学生くらいでは男兄弟の影響などでボクっ娘になっている女の子も割といるが、思春期になっても「ボク」という一人称を使い続ける女性は「創作にかぶれた痛い子」扱いされることが多く、中学生以降は激減する……が、稀に成人でも使い続けている女性がいる。

一部の地下アイドルなどがキャラ付けのためにあえてボクっ娘を演じている例があるが、これも賛否が分かれる。

起源

現代の娯楽作品におけるボクっ娘を確立したのは手塚治虫とされる。宝塚市出身の手塚は、日常生活のレベルで宝塚歌劇団に触れる機会が多かったことからおしとやかな女性よりも、鉄火肌な女性を好んだといい、その原体験から当時の漫画家としては珍しく男言葉を使う女性、男勝りの女傑を数多く描いていた。

さらにさかのぼると、昭和初期にはあの川島芳子が髪を短く切り、女を捨て自らを「僕」と呼んだ「男装の麗人」と持て囃された時期に女学生が彼女の言葉遣いや髪型を真似するといった現象が起きており、これは宝塚歌劇団で最初に髪を短く切った水の江瀧子よりも早い。

その魅力

同様に男性的な一人称として「オレっ娘」があるが、こちらは方言である場合を除けば男勝りな性格として描かれることがほとんどである。一方ボクっ娘の性格は、寡黙で落ち着いたもの、幼げで奔放なもの、神経質繊細なもの、豪快でおおらかなもの、オレっ娘ばりに男勝りなもの、むしろ非常に女性的なものと実に多彩。美しい女性に男性的一人称が加わることで、女性的魅力も男性的魅力もことさらに強調することができ、ツンデレクーデレ素直クールなど、様々な属性と相性がいい。「僕、ぼく、ボク」とちょっとした表記の違いでも印象はがらりと変わり、一人称以外の言葉遣いや振る舞いによっても自由なキャラ付けが可能な萌え要素である。

先述の通り、現実で「僕」という一人称を使う女性はとても珍しいので、その言葉遣いに至った具体的な理由付けが存在する場合も多い。「家の事情で男性として育てられた」「男性と張り合うため」など、一人称にそのキャラクターの根幹の設定がかかわっていることもあり、その辺の複雑な事情もまたボクっ娘の魅力。

特に一人称小説の場合など、読者に性別を誤認させる叙述トリックとして機能するケースもある。

キャラクター一覧

枚挙すればキリがないが、以下のキャラが該当する。

見た目は女の子だが一人称が「僕」「ボク」「ぼく」。











一見男の子に見える女の子

(★はデフォルトで男装しているキャラ)











関連タグ

僕っ娘 僕っ子 ボクっ子 ボク少女
(表記揺れ)

オレっ娘 だぜ子
(類似のケース)

ボーイッシュ 男装少女 男装の麗人 雄んなの子 漢女 男勝り オナベ ネナベ
モダンガール ジェンダー 性同一性障害 フェミニズム 中性
(重なりがちな属性)

男の娘
(ボクっ娘と思いきや実は……、というパターン)

リグル・ナイトバグ ナズーリン
(2次創作においてボクっ娘化されやすい東方キャラ)

浜崎あゆみ 堀江由衣 松井菜桜子 渡辺明乃 青木志貴 春名風花 最上もが 宝塚歌劇団
(現存する三次元のボクっ娘)

pixpediaの一覧の一覧 ボクっ娘艦娘

外部リンク

関連記事

親記事

女の子 おんなのこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボクっ娘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13990844

コメント