ピクシブ百科事典

オンゲキ

おんげき

オンゲキとは、セガのmaimai・チュウニズムのチームが製作するアーケードの音楽ゲームである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • 仮面ライダー響鬼の格闘術→音撃へ。漢字表記は全く同じの為、セガのリズムゲームとしてはこちらのタグを使う事を推奨する


概要

セガの新作リズムゲームで、従来のノーツやパネルをタイミング良く演奏するシステムとは若干異なるシステムを持つ。ストーリーやキャラクターに重点をおいてプロモーションされている。

7月26日正式稼働。

ゲームシステム

ゲーム筐体は、主に縦長の画面と6つのボタン、1つのレバーと左右の壁にあるサイドボタンから構成されている。

クレジット

クレジットに関しては1クレジットにつき3曲~4曲のような仕様ではなく、ボーダーブレイクで使用されているGPのシステムが採用されている。
1クレジットを投入すると、90GPを購入でき、以後1クレジットごとに40GPをボーナスでもらうことが出来る。1曲に40GP利用し、設定にもよるが最大3クレジットまで同時に投入可能なため、一回のプレイで9曲(およそ30分)プレイすることが可能。

チャプター

初回プレイ時にはストーリーのプロローグとチュートリアルが行われ、その後通常プレイと同じようにチャプター選択画面に移動する。

チャプターごとにクリア条件が定められており、条件を達成すると次のチャプターに進むことができる。チャプターごとにプレイできる曲は決まっており、そのチャプターでクリアし、マイリストに登録することで他のチャプターでもプレイすることができるようになる。ただし、マイリストの曲ばかりプレイしていても次のチャプターに進めない。そのチャプターのまだプレイしていない曲を中心にプレイしていこう。
クリア条件は主に、各キャラクターの曲を指定数クリアすること。
チャプターを選択すると選曲画面に移動する。

選曲

選曲画面では、曲はジャンルで分かれておらず、対戦するキャラクター順に並んでいる。クリアした曲はマイリストに登録され、こちらはジャンルごとに選曲可能。
難易度はBASIC、ADVANCED、EXPERT、MASTER、一部楽曲にLUNATICの4~5段階用意されている。

バトル

いわゆる音ゲー
中央にある6つのボタンは左と右で同じならびになっており、どちらを叩いても反応する。
フィールドに、デフォルトでは赤、緑、青の3つのレーンがあり、そこに流れてくる長方形のノーツが下の判定エリアに重なった瞬間に色に対応したボタンを押すと得点を得ることができ、相手にダメージを与えられる。
壁にあるサイドボタンはフィールドの端にあるレーンで、右が赤紫、左が青紫になっており、こちらも判定エリアに重なった瞬間にボタンを押すと得点、ダメージを与えられる。
中央にあるレバーは、フィールドにいるキャラクターを左右に動かすことが出来る。矢印がついたノーツが判定エリアに重なった瞬間にレバーをその方向に倒すと得点、ダメージを与えられる。また、フィールドは狭まったり広がったりすることがあり、フィールド外に出てしまうとその間はボタンを押しても反応されなくなってしまう。
フィールド上に黄色い丸(BELL)が来ることがあり、それを取ると味方のライフが回復する。また、赤い丸(敵の攻撃)は触れるとダメージを受けてしまう。
相手のライフを0にし、完走するとクリア。自分のライフが0になるとそこで曲が中断。相手のライフが残っていると失敗になる。

リザルトとゲーム終了

バトルが終了すると、リザルトが表示され、スコアなどが表示される。その後、選曲画面に戻る。GPがなくても戻ってしまうため、ゲーム終了を選択しなければならない。余ったGPは、マニーと呼ばれる通貨に変換される。

ゲーム内通貨

GP

ゲームの最初に購入するポイント。
主に

  • バトルをする
  • 選曲時のタイムカウント延長
  • EXPERTをSランククリアしていない曲のMASTERを一時的に解放
  • 獲得できるジュエルを増加
に使う。

ジュエル

バトルに勝利する度にもらえる通貨。
基本的には入手したチャプターのみで使用可能だが、ガチャプリントなどで入手したジュエルはオールマイティジュエルと呼ばれ、どのチャプターでも使用可能。
主に

  • 未解放の楽曲の解禁
  • 選曲画面にあるカードの購入。
  • カードのレベルキャップの解放
に使う。

マニー

余ったGPはこれになる。
主に

  • キャラクターの親愛度上昇
に使う。

カード

バトル時に画面下にいるキャラクター達。
3人1セットでデッキを組む。同一キャラクターでも別のカードならデッキを組める。その場合、中央にセットされたキャラクターが優先され、同一キャラは1体しか表示されない。カードの効果は反映されている。
レア度はN,R,SR,SSR。

属性

ファイア、アクア、リーフの3属性あり、3すくみの関係になっている。チャプターを進めるとこの属性の補正も意味をもってくる。

スキル

各カードに1つずつある特集能力。ダメージを減らすものや攻撃力をあげるものなど多数。相手に与えるダメージには大きく影響するが、テクニカルスコア(いわゆる普通のスコア)には影響しない。

レベルと限界突破

マニーを消費するか、デッキにカードを入れた状態でバトルすることでレベルあげができる。
初期状態はレベル10が最大だが、カードの印刷を行ったり、ジュエルを指定数使用すると限界突破(レベルキャップの解放)し、レベルをさらに上げることができる。レアリティがNの場合は親密度を上げることで限界突破できる。

コミュニケーションと親密度

チャプター選択画面かリザルトからコミュニケーション画面にいくことができる。
マニーを支払うことでキャラクターにプレゼントを送ることができ、そのキャラクターの親密度が上げられる。
親密度を上げると、Nカードの限界突破や称号、プレート(プレイヤー情報の背景)などが受け取れる。


カードメイカー

ゲーム中で手に入れたカードを実際にカード化出来る。艦これアーケードと同じようなシステム。

なお、カードメイカーは筺体とは別扱いの為、ゲーセンによっては未設置と言う場合もあるのでご注意を。

カードメイカーに関してはオプション扱いだが、使用する事で得られる称号も存在する。それに加え、カードメイカーでカードを作成するとキャラクターのレベル上限を開放する事も可能。
(この仕様の関係上、コラボキャラもカードメイカーでリアルカードにする事が可能)

選曲画面でここで印刷したカードを読み込ませると、バトルで実際に使用可能。

カードプリント

ゲーム内で入手したキャラクターを印刷することができる。印刷すると開花(限界突破)することができる。

ガチャプリント

1,5,11連でガチャを行う。1連ごとに100円だが、11連は1000円で100円お得。
ガチャででたキャラの内、印刷したいキャラを選ぶと印刷できる。印刷には追加料金不要。

カスタマイズ

カードはカスタマイズできる。
初回はホログラムの追加以外は不可能だが、そのカードの2回目以降の印刷時には、二次元コードも含めてキャラと背景以外全て消すことができる。二次元コードを消すとオンゲキ筐体で使用不可になるため注意。
ホログラムのみ追加で100円必要だが、それ以外は追加料金不要。

収録楽曲傾向

maimai及びCHUNITHMと傾向は同じだが、稼働初期ではJ-POPの収録はアニメタイアップではシュガーソングとビターステップが該当するが、CMタイアップや一般的な楽曲は収録されていない。他社作品ではBeatStreamに近いだろうか。

それ以外では、BMSも収録されている。こちらに関しては公式Twitterも言及をした事があるのだが……。

曲尺はCHUNITHMに収録されていた物は、そちらに合わせた形となっている。他のリズムゲームで慣れている楽曲の場合は、注意が必要と言ってもいい。


コラボ

メインチャプターとは別に、イベントチャプターという名称で期間限定公開される。
チャプター内の楽曲をクリアする事で該当曲をマイリストに登録(常時開放)する事が可能で、それとは別に称号とキャラクターを購入する事も可能。

日付作品キャラ楽曲備考
7/26バンドリ!ガールズバンドパーティー!稼働前から告知。
8/30東方Project
9/20東方紅魔郷

なお、コラボキャラクターもカードメイカーで印刷が可能。

オンゲキNET

プレイデータの連動サイト。
無料、スタンダードコース、オンゲキプレミアムコースの3つから選ぶことができ、それぞれで値段も変わる。

無料コーススタンダードコースオンゲキプレミアムコース
値段無料324円/月(税込)216円/月(税込)(スタンダードへの加入前提)
基本データの閲覧、編集
連動アイテム、シリアルコード
チャプター、イベント確認
スコア、チャプター進行状況
オプション設定
カード確認、一覧
フレンド機能
ランキング確認
イベントの結果、報酬確認
レーティング対象スコアの表示
カードの育成
フレンド、デッキ枠追加

*9/20に追加される機能。

カードの育成について

3枚のカードをセットし、少しではあるが経験値がもらえる。最大で5日までためることができる。それ以降は加算されないため5日に1回は少なくともプレイしよう。


ストーリー

遠いようで近い未来――
音ゲーの進化系と呼ばれる次世代型競技
「オンゲキ」が身近になった世界のおはなし。
煌めくステージ、心震えるミュージック、
そして飛び交うエール――
いつか見た、あの憧れのステージのように!

キャラクター

※文章は公式サイトより引用。

星咲あかり

(cv赤尾ひかる)
奏坂高校に通う2年生。 いつも真っ直ぐな頑張り屋さんで、失敗しても諦めないポジティブな性格。その勢いがあり余って、ちょっとドジってしまうことがあるのはご愛嬌。 オンゲキを始めたきっかけは、大会で観たとあるシューターへの憧れから。持ち前の明るさでみんなを引っ張る、ユニット「ASTERISM」のセンター。

藤沢柚子

(cv久保田梨沙)
マイペース天真爛漫な女の子。 無邪気で子供っぽいところがあり、小学生に間違えらることもしばしば。よく斜め上の発言をしては、周囲から呆れられている。 無類のお菓子好きで、特に飴ちゃんは専用ポーチを持ち歩くほどのハマりよう。毎日、どこからか怪しげな味の新作を仕入れてきては、目をキラキラさせながら配り歩いている。

三角葵

(cv春野杏)
真面目で大人びた常識人。 普段はクールに澄ましているが、親しい友だちに対しては、切れ味の鋭いツッコミを返すノリの良い一面も。奔放な柚子にいつも振り回されている苦労人。 キャラグッズ集めが趣味で、部屋にはコツコツ集めた大量のカワイイ(※本人談)ぬいぐるみが溢れている。最近のお気に入りは、ゆるかわレモンのジョン。

高瀬梨緒

(cv久保ユリカ)
超絶最強を自称する負けず嫌い。 なかなか素直になれない性格で、ツンツン態度はその裏返し。ちょっと見栄っ張りなところがあり、おだてられるとすぐ調子に乗ってしまう。チョロい。 あかりを一方的にライバル視しており、何かにつけて張り合っている。捨て台詞とともに涙目で去っていくその様子は、もはや日常の一コマ。

結城莉玖

(cv朝日奈丸佳)
ノリと勢いで突っ走るギター娘。口癖は「がおー!」。 細かいことは気にしないボーイッシュな元気っ子。人を疑わない素直な性格が災いし、いつも椿にからかわれている。 言い間違いが多いなど、ちょっぴりおバカなところが玉にキズ。よく物事を「ロック」に例えているが、その言葉の意味をちゃんと理解できているのか、かなり怪しい。

藍原椿

(cv橋本ちなみ)
冷めた態度のひねくれ者。 どこか達観しているところがある物静かな1年生。感情を表に出すのが苦手で、素っ気ない態度をとってしまうことも多いが、胸の内では友だちを大切に想っている。 ちょっぴりSっ気があるようで、たびたび人をからかうような発言をしている。そのゾクっとくる視線に、隠れファンも多いらしい。

桜井春菜

(cv近藤玲奈)
穏やかで優しいふんわり女子。 家庭的で控えめな性格だが、しょぼくれたり拗ねたりと子供っぽいところも多い天然さん。理想の彼女ランキング(※ 生徒会調べ)では常に上位をキープ。 最近はお菓子作りにハマり中。ついつい味見が進んでしまい、気付いたときにはお皿が空になっていることも多いんだとか。体重計が天敵。

早乙女彩華

(cv中島唯)
からかい上手な純情ギャル。 ラフな見た目や言葉使いから誤解されがちだが、実は一途でしっかり者。気さくなお姉さんのような存在で、みんなの頼りになる良き相談役となっている。 初心なところがあり、恋バナが苦手。よく恋愛の相談を持ち込まれるが、妄想が勝手にヒートアップしてしまい、まともな会話にならないらしい。

九條楓

(cv佳村はるか)
冷静沈着なお堅い副会長。 最小の一手で最大の効率を引き出そうと策を講じる生徒会の参謀役。怒らせるとかなり怖いらしく、いくつもの伝説が脈々と語り継がれている。 生活に支障がでるレベルの機械音痴で、「いつ爆発するかわからない」という理由から、できるだけ機械を避けている。本人いわく、壊れたスマホは叩けば直る。

井之原小星

(cvもものはるな)
脱力系のぐーたらゲーマー。極度の面倒くさがりで、興味の有り無しが激しい。隙あらばすぐサボろうとするダメ人間で、普段からどこか眠たそうにしている。お布団が恋人。携帯ゲーム機を常に持ち歩くほどのゲーム好き。放課後は、占拠した空き教室にお菓子や漫画を持ち込んで、悠々自適な自堕落タイムを満喫している。

柏木咲姫

(cv石見舞菜香)
コスプレ趣味のしっかり優等生。品行方正・容姿端麗と、高嶺の花のような存在。綺麗な銀髪はドイツ人の祖母譲りで、本人はクオーターにあたる。愛称は「ヒメ」。実は、漫画やアニメが大好きな隠れコスプレイヤー。本人は隠し通しているつもりなのだが、みんなにはバレバレ。最近は深夜アニメのおかげで、寝不足気味なんだとか。

CHAPTER追加に伴い、キャラクターも追加される。

メインテーマ

STARTLINER
曲:kz(livetune)/歌:オンゲキシューターズ


関連タグ

セガ 音ゲー

CHUNITHM maimai

Fate/GrandOrderArcade:同日稼働

アイカツ!プリパラオトカドール:カード生成型リズムゲームで共通。ただし、こちらに関しては女児向けという違いがあるのと、オンゲキでは必ずしもカード生成をする必要性がない部分が違う。

R2BEATMuseDash:コースを走るリズムゲームで類似。

外部リンク

公式サイト
オンゲキ-NET

pixivに投稿された作品 pixivで「オンゲキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28687

コメント