ピクシブ百科事典

音ゲー

おとげー

ゲームジャンルのひとつ。音楽に合わせて「演奏」したり、ステップを踏んだり、パネルを押したりするもの。略さずに言うと音楽ゲームだが、pixivではこちらのタグが主流となっている。
目次[非表示]

大まかな流れ

  1. 音楽リズムに合わせてアクションを取る・・・ボタンを押す、ターンテーブルを回す、ドラムを叩く、画面をタッチする、など。
  2. そのタイミングが正確なほど良い評価と高いスコアを得る・・・良い評価を連続して得ると『コンボ』が計上され、高得点の鍵となることもある。
  3. 曲終了時にゲージ(もしくは評価、得点そのもの)を規定値以上に保てればクリア・・・作品によっては、このゲージを全て失うと演奏途中でゲームオーバーになるものもある。


有名な楽曲を演奏できたり、そのプロモーションビデオを鑑賞できたり(その余裕があるならば、の話だが)する。

収録楽曲に関しても、話題のJ-POP、動画サイトで人気のボカロ曲東方アレンジ、現在放送中のアニメ作品の主題歌等が収録されたりするのだが、アニソンに関しては作品自体のストーリーネタバレも関係ない為に収録もある程度は容易だったりする。
(場合によっては、歌詞自体がネタバレと言う曲もあるが……これはレアケース)

アプリで展開されている作品にはストーリーモードやアバターエディット等が実装されていたり、ゲーセンで稼働している機種では同じゲーム内でマッチングが可能になっている。

また別のゲームを基にしたマニアックな楽曲、プレイにシンクロする演出が特徴的なゲームもある。

簡単な歴史

古くはファミコンの時代にもオトッキーのような演奏ゲームは存在した。しかし、お世辞にもヒットしたとは言えず、PS時代にパラッパラッパーがリリースされるも、音ゲー要素を重視した物でブレイクしたのは、後に長期シリーズとなるbeatmaniaである。

後に音ゲーは1990年代末期に高難易度化等が進んだ格ゲーに変わってゲーセンの主力となっていくが、とある事情もあってゲーセンではコナミが市場独占に近い状態となっていた。

それを打破したのが太鼓の達人(ナムコ→バンナム)であり、それに続いたのがセガ及びタイトーであった。
(カプコンもリリースをしたのだが、2018年現在は格ゲーへシフトする様な形で撤退している様子となっている)

コナミの特許絡みで音ゲーと言えばコナミと言う状態だったのだが、それが破られる展開となったのはスクフェス(ブシロード)等に代表されるアプリ系リズムゲームである。

これらの解説はざっくりと説明した物に過ぎない為、詳細を知りたい方は各自検索をするのが良いだろう。

pixiv内での投稿作品

主に登場キャラクター、楽曲用のムービークリップ、および曲目を示すバナーなどが題材になる。
また、曲から連想されるイメージ(曲イメージ)やキャラクター(曲擬人化)が投稿されることもある。

イラスト以外にも音ゲーを題材にした小説が存在するが、二次創作が目立つ傾向になっている。一方で稀に一次創作作品も投稿されている。
一次創作の場合は架空機種である事が多いが、この辺りは大人の事情という事でご理解いただきたい)

作品投稿に関しての注意

曲擬人化については、擬人化自体が人に強い不快感を与えかねないジャンルであるため、
その機種本来のキャラクターなどのイラストの検索に不便とならないよう、「IIDX」「jubeat」などといった機種名タグは可能な限り付けないようにすることが望ましい。

収録曲

傾向としては、以下の3種類に分類される。

一部で外注も存在するが、基本的にはオリジナル曲のみで版権曲がない。
一例:beatmaniaIIDXDJMAXCytusDeemoSHOWBYROCK!!

  • オリジナルと版権曲の両方
半数以上の音ゲーがこちらに該当し、ゲームセンターで稼働している機種もこちらが半数を占めるだろう。版権曲とオリジナル曲の割合は機種により様々。アプリ版では滅多にないパターンだがバンドリが該当する。
一例:ポップンjubeat太鼓の達人グルーヴコースターmaimai

  • 版権曲オンリー
こちらは版権曲のみでオリジナル曲がないパターン。過去にポップンのアニメロ等が存在はしていたが、今ではアーケード機種としての版権曲オンリーは少ない。
一例:ミラクルガールズフェスティバル

  • (番外)1作品、もしくは1シリーズのみの楽曲オンリー
ラブライブ!の楽曲を使用したラブライブ!スクールアイドルフェスティバルのように特定の作品の楽曲のみを収録した物。
性質上、版権曲オンリー(例:けいおん!放課後ライブ!!など)とオリジナル楽曲オンリー(例:オトカドールなど)に別れるが、原作と同じ会社が音ゲーを作っている場合(例:アイドルマスターシャイニーフェスタなど)のようにどちらとも取れる作品もある。
アーケード機種ではデータカードダスなどの子供向け筐体を除きあまり稼働していないが、近年ではスクールアイドルフェスティバルやシアトリズムファイナルファンタジーといったアプリ・家庭用作品のアーケード版が制作されたりもしている。

『音ゲー』に属する代表的な作品

基本的に一番左にある表記が正式名称である。
記事のある物についてはここではゲーム内容については言及していない。
なお、コナミ製の音ゲー作品群の殆どはBEMANI」ブランドに属している(由来はコナミの元祖音ゲーであるbeatmania)。

BEMANIシリーズ


BEMANI以外のコナミ作品


その他の企業の商用作品

※説明が記載されていない作品は、基本的に解説募集中です。

バンダイナムコゲームス(ナムコ)


セガ


タイトー

  • ミュージックガンガン!
    • ガンシューティングゲームと音ゲーを足して2で割った作品。現在の音ゲーでは当たり前の「東方アレンジ楽曲の収録」を初めて行った。
  • グルーヴコースター
    • こちらはスマートフォン(iOS)からアーケードに進出した機種。一見シンプルだが練りこまれたローポリ的演出が魅力。それに伴い背景も譜面の軌道も曲固有であり、軌道外から飛んでくるノーツや不可視ノーツもあるので初見殺し率と覚えゲー性が比較的高い。
  • アイドルクロニクル アイクロ
  • テトテ×コネクト
    • 縦長の大型モニターに等身大の3Dキャラクターが投影され、キャラクターの動きに合わせてノーツをタッチする、という前代未聞のアーケード音ゲー。稼働を一度延期したところに新型コロナウイルスの影響をモロに食らってしまい、稼働の見通しは不明。


任天堂

  • リズム天国
    • ミニゲーム集の体裁を借りた音ゲー。個性的でかわいらしいキャラクターが目白押しだが、譜面に合わせてボタンを押すのではなく、バックに流れている規則的な音のリズムに乗ってボタンを押していくという、純粋なリズムに特化したゲーム性なので初見殺し率が比較的高い。
  • 大合奏!バンドブラザーズ
    • ゲーム商品ながら、曲データを自作(譜面データだけでなく作曲自体も)可能であり、自由度は随一。
  • 押忍!闘え!応援団
    • DS用のゲーム。人々の窮地に応援団がどこからともなく駆け付けて応援するという、面白おかしくも熱いストーリーが特徴。1、2どちらもラストステージは非常に燃える展開。音ゲー部分も曲に合わせてマーカーをタッチしたりスライドしたりと、DSのタッチパネルを最大限活用しており非常に良質。
  • ドンキーコンガ


カプコン


スクウェア・エニックス

  • バストアムーブ
    • 対戦式音ゲーの(おそらく)元祖。ダンスの正確さだけではなく相手への妨害や駆け引きが重要となる。
  • シアトリズム
    • 主に『シアトリズム ファイナルファンタジー』シリーズとして展開。楽曲はFFシリーズのBGMを中心に、低頭身にデフォルメされたFFキャラ達が登場する。元々は3DSのゲームだったが、後にスマホ版やアーケード版も登場した。
    • 派生作品として『シアトリズム ドラゴンクエスト』もある。こちらはドラクエ版。


ソニー・コンピュータエンターテイメント


タカラトミー(タカラトミーアーツ)

女児向けのアーケードリズムゲームシリーズ。

Rayark

台湾の会社、主にスマートデバイス向けのゲームを扱う。音楽ゲームだけではなく、独特な世界観を持ったストーリーも高評価を受けている。

  • Cytus/Cytus2
    • 上下する判定線が重なったノーツを叩いたり長押ししたりするというシステム。大半の楽曲が無料開放されている上、日本人コンポーザーも数多く参加している。
  • CytusΩ
    • Cytusのアーケード版で、カプコンとの共同開発……だったが、開発中止が決定。
  • Deemo
    • ピアノをモチーフにしたゲームで、降ってくるノーツを叩くかスライドするというシンプルなシステム。楽曲もピアノ中心。
  • VOEZ
    • 基本的には落ちてくる系の音ゲーだが、曲の展開に合わせてレーンが増えたり消えたり移動したりするという特徴がある。

ブシロード(ブシモ)


マーベラス

  • 幕末Rock
  • WACCA
    • マーベラスのアーケード音ゲー初進出。HARDCORE_TANO*Cとタッグを組んでおり、共同開発やオリジナル楽曲に携わっている。


DMMGAMES及びDMMGAMES.R18


その他メーカー

  • DJMAX(ペンタビジョン)
    • 韓国産の音ゲーだが、日本のコンポーザーも参戦している他、全体的な楽曲のクオリティが高い。元は日本でも登場したオンラインゲームであり、最近はDJMAX TECHNIKA・DJMAX PORTABLE 3を皮切りに再び知名度を上げて来ている。
  • パカパカパッション(D4エンタープライズ)
  • 三味線ブラザーズ
  • テクニクビート
  • 昇天ビート
  • EZ2DJEZ2AC(Amuse World/Square Pixels)
    • 韓国産の音ゲー、日本には数台しか筺体が存在していない。基本的にはbeatmaniaを模したものだが6,7鍵盤に当たるボタンがFXボタンと言う少し離れた位置にあるボタンになっていたり、フットペダルが付いているのが特徴。このゲームの初期開発メンバーが独立して製作したのがDJMAXである。
  • P4D(ATLUS)
    • ペルソナ4のキャラが登場する、ペルソナ4本編のその後のストーリー。小室哲哉浅倉大介など、有名どころの作曲家が使用曲のリミックスに関わっている。
  • SHOWBYROCK!!(サンリオ)
  • R2BEAT
  • エクスビート
  • Dynamix(C4Cat)
    • スマートフォン・タブレット向け。左右、下の三方向にノーツが流れてくるのが特徴。また左右につまみが用意されている場合もあり、それをノーツの位置に動かしてとる場合も。
  • OverRapid(Team ArcStar)
    • スマートフォン・タブレット向け。曲はハードコアやトランスなどが中心。また、譜面の難易度も6レーンな上に3つ以上の同時押しもしっかり含まれてたりとスマートデバイス向けにしてはかなり高め。
  • Pump It Up (Andamiro)
    • 韓国の音ゲー、DDRのパネルに中央を足して45度回転(右上、右下、左上、左下)させたようなゲーム。DDRを模したものではあるがロングノート仕様の違いや、配置の違いによる譜面傾向の差など同じに見えてプレイする際には違う感覚が必要となる。また、高難易度譜面に関してはDDR以上に凄まじい。
  • BeatSaber(Beat Games)
    • VRデバイス向け。両手のライトセーバーで次々と迫ってくるブロックを斬っていく。
  • 東方ダンマクカグラ (アンノウンX)
  • IA/VT
  • Tokyo7thシスターズ
  • DREAMBEAT!
  • アイ★チュウ
  • ガールフレンド(♪)(Ameba)
  • ボーイフレンド(仮)きらめき☆ノート(Ameba)
  • バンドやろうぜ!
  • MuseDash
    • 中国の「PeroPeroGames」が開発した音ゲー。スマートフォンアプリ、Steam、Nintendo Switchの3媒体で配信されている。
  • Arcaea
    • イギリスの「lowiro limited」が開発したスマホ音ゲー。日本のコンポーザーが当然のように参加し、日本のアーケード音ゲーと何度もコラボするなど、かなり特異なゲームである。
  • Lanota
    • 台湾の「Noxy Games」が開発した音ゲー。スマートフォンアプリとNintendo Switchで配信されている。
  • ToneSphere
    • BMS作家のSta氏が開発したスマホ音ゲー。


フリーウェア、同人等

  • ぱるメロ!
  • BMS
    • beatmaniaを模したフリーゲームの総称、譜面ファイルに「.bms」というファイルを用いる。楽曲公開イベントなどによって楽曲を自給自足する文化が特徴。
    StepMania
    • DDRを模したフリーゲーム
    DTXMania
    • ドラムマニア・ギターフリークスを模したフリーゲーム
    Youbeat
  • 太鼓さん次郎
    • 太鼓の達人を模したフリーゲーム
    Audiosurf
  • Osu
    • 押忍!闘え!応援団のシステムを模したフリーゲーム。beatmaniaっぽいモードや太鼓の達人っぽいモードもある。


関連イラスト

センシティブな作品



別名・表記ゆれ

音楽ゲーム リズムゲーム

関連タグ

ゲーム ジャンル 音楽
カラオケ
ドラッグオンドラグーンあるエンディングへ到達する為のバトルが音ゲーのシステムになっている)
和尚 音ゲーにおける不正行為のひとつ。詳細はリンク先を参照の事。

キラプリおじさんと幼女先輩 女児向けアーケードゲームを題材とした電撃文庫の小説。

外部リンク

Wikipedia 音楽ゲーム

他の記事言語

Music Game

関連記事

親記事

コンピュータゲームのジャンル一覧 こんぴゅーたげーむのじゃんるいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「音ゲー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15824809

コメント